トップ >  東北 > 北東北 > 八戸・下北半島 > 

【青森】穴場のおでかけスポット30選!混雑を避けて楽しもう!

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日: 2023年8月6日

この記事をシェアしよう!

【青森】穴場のおでかけスポット30選!混雑を避けて楽しもう!

今回は青森の穴場おでかけスポットをご紹介!

人で混みあわない場所で、ゆったりと休日は過ごしたいですよね。

公園でのんびりしたり、絶景を堪能したり、かわいい動物たちに癒されたり……さまざまな穴場スポット情報を厳選してお届けいたします。

次の週末は穴場スポットへおでかけして、青森の新しい魅力を見つけに行きましょう♪

この記事の目次

【青森のおでかけ穴場スポット×公園】芦野公園<五所川原市>

【青森のおでかけ穴場スポット×公園】芦野公園<五所川原市>

津軽鉄道が走る桜が有名な公園

園内を津軽鉄道が走る自然豊かな公園で、「日本さくら名所100選」に選ばれています。
小説家・太宰治ゆかりの地でもあり、園内には文学碑や銅像なども立っています。

芦野公園

住所
青森県五所川原市金木町芦野
交通
津軽鉄道線芦野公園駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
入園自由
休業日
無休
料金
情報なし

【青森のおでかけ穴場スポット×公園】海峡いさりび公園<下北郡風間浦村>

【青森のおでかけ穴場スポット×公園】海峡いさりび公園<下北郡風間浦村>

温泉街の散策がてら立ち寄れる公園

公園内にある内海は、潮の干満を利用して海水を引き込むようにつくられたもの。
園内には、対岸の北海道を望める展望台、下風呂温泉とゆかりの深い作家・井上靖の文学碑、同志社大学創始者・新島襄の寄港記念碑などがあります。

海峡いさりび公園

住所
青森県下北郡風間浦村下風呂127
交通
JR大湊線下北駅から下北交通佐井車庫行きバスで1時間10分、下風呂下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
入園自由
休業日
無休
料金
情報なし

【青森のおでかけ穴場スポット×公園】水源池公園<むつ市>

【青森のおでかけ穴場スポット×公園】水源池公園<むつ市>

全国的にも珍しいアーチ型の石造堰堤

園内にあるモダンなアーチ式堰堤は、明治42(1909)年に建設したもの。国の重要文化財に指定されています。
昭和51(1976)年までは現役でしたが、現在は市民の憩いの場として親しまれています。

水源池公園

住所
青森県むつ市宇田町368
交通
JR大湊線大湊駅からJRバス川内・脇野沢行きで7分、海上自衛隊前下車、徒歩4分
営業期間
通年
営業時間
入園自由
休業日
無休
料金
情報なし

【青森のおでかけ穴場スポット×公園】十和田市馬事公苑(駒っこランド)<十和田市>

【青森のおでかけ穴場スポット×公園】十和田市馬事公苑(駒っこランド)<十和田市>

馬とふれあう出会いの森

称徳館、交流館、駒っこ牧場、約217mのローラーすべり台など、遊具施設が備わった馬事公苑です。
称徳館は全国でも珍しい馬の文化資料館。駒っこ牧場では、エサやりや乗馬の体験ができます。

十和田市馬事公苑(駒っこランド)

住所
青森県十和田市深持梅山1-1
交通
JR東北新幹線七戸十和田駅からタクシーで25分
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:00(閉苑、時期により異なる)、称徳館は9:00~16:00(閉館16:30)、交流館は9:00~17:30(閉館、時期により異なる)、駒っこ牧場体験は10:00~15:00(最終受付)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(12月29日~翌1月3日休)
料金
入苑料=無料/称徳館入館料=大人300円、高・大学生100円、中学生以下無料/体験乗馬=中学生以上600円、小学生以下400円/エサやり(にんじん)=100円(1カップ)/(20名以上の団体は、称徳館入館料は大人240円、高・大学生82円、体験乗馬・馬車は中学生以上550円、小学生以下300円)

【青森のおでかけ穴場スポット×公園】青森市スポーツ公園 わくわく広場<青森市>

【青森のおでかけ穴場スポット×公園】青森市スポーツ公園 わくわく広場<青森市>

ユニークな大型遊具が子どもたちに大人気

青森市南部に位置し、野球場、サッカー場、テニスコートなどを併設する総合公園です。
青森ベイブリッジや八甲田山、ねぶたなど、青森市の名所や祭りをイメージして作られた遊具が子どもたちに大人気!

青森市スポーツ公園 わくわく広場

住所
青森県青森市大矢沢野田27-3
交通
青い森鉄道東青森駅からタクシーで15分
営業期間
4~11月
営業時間
入園自由
休業日
期間中無休
料金
情報なし

【青森のおでかけ穴場スポット×動物園】むつ市脇野沢野猿公苑<むつ市>

【青森のおでかけ穴場スポット×動物園】むつ市脇野沢野猿公苑<むつ市>

北限に棲む猿を見学しよう

下北半島は野猿の生息域の北限で、ここに棲んでいる猿たちは天然記念物に指定されています。
野猿公苑内には野生に近い姿で70頭ほどの猿が生活していて、その生態を観察することができます。

むつ市脇野沢野猿公苑

住所
青森県むつ市脇野沢七引201-111
交通
JR大湊線下北駅からタクシーで1時間
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉苑)
休業日
無休
料金
大人200円、小・中・高校生100円、幼児無料

【青森のおでかけ穴場スポット×水族館】青森県営浅虫水族館<青森市>

【青森のおでかけ穴場スポット×水族館】青森県営浅虫水族館<青森市>

青森タウン近郊の人気スポット

世界の珍しい水生動物、約300種1万点が飼育されている水族館です。
圧巻は長さ15m、奥行10m、水深3.5mの大型水槽に造られたトンネル。頭上を泳ぐ、さまざまな魚たちの姿を楽しめます。ゴマフアザラシやペンギンのいる海獣館も人気。

青森県営浅虫水族館

住所
青森県青森市浅虫馬場山1-25
交通
青い森鉄道浅虫温泉駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00、時期により異なる)
休業日
無休
料金
入館料=大人1030円、小・中学生510円、幼児無料/年間パスポート=大人2610円、小・中学生1300円/(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名入館料無料)
1 2 3 4 5

八戸・下北半島の新着記事

【八戸・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しい平日ランチスポット6選

青森県にある八戸。八戸には新鮮な海の幸を使った郷土料理や、海鮮丼など絶品ランチを味わえるお店が多数あるのをご存じですか? 今回は八戸で平日ランチを楽しめるスポットを6選ご紹介します。八戸ならでは...

【本八戸駅】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店8選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...

【本八戸駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット3選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、本八戸駅周辺(徒歩20分...

【青森 八戸・ディナー】八戸で夜を楽しめるとっておきのお店10選!八戸でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに青森の八戸で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、八戸でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 八戸の...

【全国】日本全国・津々浦々!旅先で見つけたご当地手ぬぐいをご紹介

汗を拭う・日よけにかぶる・お酒を包む・身に着ける・部屋に飾る… 使える用途が幅広い、日本の昔ながらの古き良きアイテム『手ぬぐい』。 この夏の時期は特に、花火大会、お祭り、温泉にと多くの場面で使える旅...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ >  東北 > 北東北 > 八戸・下北半島 > 
トップ >  東北 > 北東北 > 弘前・津軽半島 > 
トップ >  東北 > 北東北 > 白神山地・五能線 > 白神山地(青森) > 
トップ >  東北 > 北東北 > 青森・十和田・八甲田 > 

この記事に関連するタグ