トップ >  北海道 > 知床・阿寒・釧路・稚内 > 網走・オホーツク > 

【網走】絶品ジェラートの秘密を見た!? 世界大会優勝・高田シェフのお店「ジェラテリアRimo」へ

まっぷるマガジン編集部_MR2

更新日: 2022年9月28日

この記事をシェアしよう!

【網走】絶品ジェラートの秘密を見た!? 世界大会優勝・高田シェフのお店「ジェラテリアRimo」へ

網走監獄や流氷の町として知られる北海道の網走。そこに行列ができる人気ジェラート店があることをご存知でしょうか?

行列の先にあるのは「ジェラテリアRimo」、世界大会で二度も優勝しているシェフ・高田聡(たかださとし)さんのお店です。素材の味が際立つミルクや、芳ばしいピスタチオなど、濃厚で滑らかなジェラートはどれも絶品と地元でも評判となっています。また、昨今はふるさと納税でも人気上位にランクインするほど全国的知名度もあがっているそうです。

人気フレーバーも気になるところですが、何やら「イバラ」という聞きなれないジェラートがあるという情報も。これはどんなお味なのか、気になってしまいますよね。

そこで、まっぷるマガジン北海道の編集者が現場を突撃取材して、その正体とおいしさのヒミツを教えていただきました。

世界大会二度優勝の高田シェフ

「ジェラテリアRimo(りも)」のシェフ・高田聡(たかださとし)さんは、ジェラートの本場イタリアの世界大会で2度も優勝された経歴の持ち主です。

趣味がサーフィンという気さくなお人柄。サーファーの矜持として、波にまつわるジェラートの名前を付けて世界に挑んだところ、「凪(なぎ)」というジェラートで2017年のシャーベットフェスティバルに優勝し、「UNERI(うねり)」というジェラートで2019年のMIG国際ガストロノミーコンテストでも優勝されました。

独学でジェラート作りの研究をはじめ、イタリアで修行したのち、現在は網走の「ジェラテリアRimo」のエグゼクティブシェフを務めておられます。

世界大会二度優勝の高田シェフ

本場イタリアの世界大会で2度も優勝された高田聡さん。

高田さんのお店「ジェラテリアRimo」に行ってみた!

ジェラテリアRimoへは、女満別空港からレンタカーで網走市街方面に15分ほどのドライブで到着します。

前身のお店は祖父の高田篤夫(たかだあつお)さんが1998年に創業した「リスの森」というお店で、こちらのお店をご存知という方も多いかと思います。現在の店名の「りも」は、「りすのもり」の頭文字をとっているのだそうです。

取材した日は、晴天で暑かったこともあり、平日にも関わらず、たくさんの人がジェラートを買われて行きます。お客様がなかなか途切れなくて驚くとともに、さすが人気店と納得です。

高田さんのお店「ジェラテリアRimo」に行ってみた!

網走の最寄空港は女満別空港。知床の玄関口としても利用されています。

高田さんのお店「ジェラテリアRimo」に行ってみた!

女満別空港から「ジェラテリアRimo」までは網走市街方面に向かって15分ほどのドライブ。天都山の入口の交差点にあります。

高田さんのお店「ジェラテリアRimo」に行ってみた!

お店に入ると大きなショーケースがお出迎え。お客さんでいつも賑わっています。

高田さんのお店「ジェラテリアRimo」に行ってみた!

あまりに回転が良いので、同じ種類を2列ずつ並べてようやく注文に追い付くほどなのだそうです。

高田さんのお店「ジェラテリアRimo」に行ってみた!

店内のボードのおいしそうなラインナップの中に「イバラ」という見慣れない文字を発見!

噂のジェラート「イバラ」とは?

お目当ての「イバラ」は、イバラガニという網走で獲れる希少なカニの香りを付けた、ピスタチオのジェラートでした。

カニ?…蟹?そう、カニ🦀です!

カニのジェラートなんておいしいのだろうかと疑問に思うところですが、気になるお味の方は、ピスタチオの芳ばしさと濃厚なミルクが圧倒的なおいしさで攻め込んでくる印象です。最後の方にカニの芳ばしさを遠くでふんわり感じるという、香りの変化が楽しいもので、おかわりしたいくらいのおいしさでした。

北海道のジェラートは牧歌的でどこのお店もおいしい印象をもっていましたが、「ジェラテリアRimo」さんのジェラートは、他では感じたことがないほどのなめらかな舌触りが特徴で、香り高く濃厚な味わいで、どんどん食べられてしまいます。

バックヤードで高田さんから「イバラ」の制作工程を見せていただきましたが、素材となっているピスタチオもイバラカニも、加工直前に焙煎して芳ばしい香りをジェラートにしていく手間と技術がたっぷり詰まっていることが分かります。

噂のジェラート「イバラ」とは?

こちらがイバラガニのジェラート「イバラ」。シングルで税込400円。ダブルやトリプルで楽しむこともできます。
※通常はカニの殻はついていません。

噂のジェラート「イバラ」とは?

「イバラ」の素材に使われるイバラガニはタラバガニの一種。あまり出まわらない希少なカニで、地元・網走の牛渡水産から特別に仕入れているそうです。

噂のジェラート「イバラ」とは?

焙煎したイバラガニの殻をまる2日かけてジェラートの原液に漬け、芳ばしい香りを、ゆっくりしっかり移していきます。

噂のジェラート「イバラ」とは?

ピスタチオは高田さんが探して見つけたイタリアブロンテ産の質の良いもの。それを毎朝焙煎し、最高の状態でジェラートに。手間を惜しまないのがおいしさの秘訣です。

噂のジェラート「イバラ」とは?

イバラガニの香りがついた原液に、焙煎したての芳ばしい香りのピスタチオを混ぜた状態。この段階ですでに濃厚なのが分かります。

噂のジェラート「イバラ」とは?

素材を混ぜ合わせていく高田さん。研究熱心で、常にジェラートにしたら面白そうな素材や香りの組み合わせを考えているそうです。

噂のジェラート「イバラ」とは?

「イバラ」のジェラートには、カニの香りと相性の良いトマトジュースとウォッカを隠し味に。お酒を使うと味が締まるので高田さんのジェラートにはほんの微量使われているそうです。

噂のジェラート「イバラ」とは?

口の中でジェラートが溶けていく時の温度変化までを意識して、7種類の砂糖を使い分けることもこだわりポイントのひとつ。

噂のジェラート「イバラ」とは?

「ジェラテリアRimo」ではカップジェラートも販売。店頭で食べるジェラートと自宅に持ち帰るカップジェラートは食べる温度が異なるので、配合を変えて、冷凍庫で保存してもおいしく食べられるように計算されています。

網走流氷館の「流氷ソフトクリーム」も高田シェフ監修

ところで、網走の「網走流氷館」のソフトクリームもおいしくて人気なのをご存知でしょうか?その名も「流氷ソフトクリーム」!実はこちらも高田さんが監修されています。

流氷をイメージした青い色のオホーツク海の塩が散らせてあるのですが、ソフトクリームの方は濃厚なキャラメル味で、甘しょっぱくてヤミツキになるおいしさです。

「網走流氷館」は天都山の山頂にある観光名所のひとつで、屋上の展望スペースからは360度の絶景が楽しめます。1階にある「カフェ・ド・クリオネ」でソフトクリームを販売していて、いずれも施設の有料ゾーンに入らずにも利用できるので、ぜひ合わせて訪れてみてください。

網走流氷館の「流氷ソフトクリーム」も高田シェフ監修

「流氷ソフトクリーム」カップ(税込350円)。

網走流氷館の「流氷ソフトクリーム」も高田シェフ監修

「流氷ソフトクリーム」コーンも人気。(税込350円)

網走流氷館の「流氷ソフトクリーム」も高田シェフ監修

網走流氷館の1階で流氷ソフトを食べた人のコメントも発見!ゴールデンカムイのキャラがソフトクリームを食べているイラストがたくさん貼られていて、ゴールデンカムイファンとしてもとっても盛り上がります。

網走流氷館の「流氷ソフトクリーム」も高田シェフ監修

網走流氷館1階の「カフェ・ド・クリオネ」。施設見学をしない人でもショップや展望台の利用が可能となっています。

網走流氷館の「流氷ソフトクリーム」も高田シェフ監修

網走流氷館の屋上の展望スペース。こちらも無料。オホーツク海から網走湖や能取湖のダイナミックな景色が楽しめます。この景色の中でおいしいジェラートの素材が育まれているのですね。

おいしさのヒミツは岩本牧場の牛乳

高田さんのおいしいジェラートやソフトクリームを支えてる最も重要な素材は牛乳です。

「ジェラテリアRimo」から30分程の距離にある岩本牧場さんでは、良い草で健康な牛を育てることを心掛けています。大事に育てられた牛から搾乳されたこだわりの牛乳、おいしい素材の現場も見せていただくことができました。

おいしさのヒミツは岩本牧場の牛乳

牧場は能取湖の湖畔、オホーツク海からの海風が吹き抜ける場所にあります。
※一般の方は見学不可

おいしさのヒミツは岩本牧場の牛乳

岩本牧場の明るく清潔な牛舎。牛模様のタンクもかわいいです。

おいしさのヒミツは岩本牧場の牛乳

牧場に足を運ぶ高田シェフ。牛舎が清潔で管理がしっかりされているところが岩本牧場さんとお付き合いする決め手となったそうです。

おいしさのヒミツは岩本牧場の牛乳

岩本牧場には300頭の牛がいるそうです。「ドルチェ」という名前のかわいい牛もいました。

おいしさのヒミツは岩本牧場の牛乳

生後間もない仔牛もいました!まだ体が弱いので専用の小部屋で特に気にかけて大切に育てているそうです。

おいしさのヒミツは岩本牧場の牛乳

岩本牧場の岩本さん。牛のお食事タイムにお邪魔してしまいましたが、牛乳へのこだわりをお話を聞かせてくださいました。

おいしさのヒミツは岩本牧場の牛乳

牛の健康で一番こだわっているのはこの牧草。雑草が混ざるとおいしくないので、種まきから刈るまでのタイミングにも気を使っているそうです。

おいしさのヒミツは岩本牧場の牛乳

黒い桶に入っているのは糖蜜。かりんとうの味がするそうで、牛もお気に入りらしく、奪い合って舐めていました。

おいしさのヒミツは岩本牧場の牛乳

高田さんの作るジェラートを全点制覇していると話す岩本さん。素晴らしいジェラートなので牛乳にも気が抜けないそう。

おいしさのヒミツは岩本牧場の牛乳

「ジェラテリアRimo」のスタッフさんが、毎日牛乳を取りに来てミルク缶に移す作業をしているそうです。

おいしさのヒミツは岩本牧場の牛乳

「ジェラテリアRimo」さんのおいしさのもととなっている岩本牧場さんの牛乳。やっぱり素材が大事なのですね。

「ジェラテリアRimo」の新作もお楽しみに

「ジェラテリアRimo」でいただけるジェラートはとてもおいしいのですが、高田さんによると「おいしい」という感覚は時代によって変わるので、2~3年でレシピを変えているのだそうです。

そのため、日々研究を重ねて、地元の人が食べたいものと、観光客の方が食べたいものは何かを考えて多くの試作をしておられます。
特にポイントとしているのは、味がしっかりわかるものや香りのマリアージュが楽しめるもの。

取材時には、アーモンドジェラートに生ウニをのせた試作品を出してくださいました。口に運んだ時に、スプーンにつけたスズランの香りも合わさるという驚きの組みあわせ。スプーンから香りがするジェラートは世界初なのでは、と楽しそうにお話されていました。

最近は網走でワイン用のブドウも作られているので、そんな素材も使ってみたり、日本ではまだ浸透していない松の実や生アーモンドといった素材もジェラートにしていきたいとのこと。高田シェフの新作、これからも楽しみです。

「ジェラテリアRimo」の新作もお楽しみに

試作中のジェラート。ローストアーモンドのジェラートに生ウニがのる。コース料理に出てきそうなおいしさで、アーモンドジェラートのファンになりました。

北海道の新着記事

【ニセコ駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット3選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、ニセコ駅周辺(徒歩20分...

【札幌・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しいランチスポット8選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、平日の札幌でランチが出来るお店をご紹介します。 和食、各国料理、麺類などさまざま...

【大人編】旭川の遊ぶところ2024 絶品ラーメンに温泉、定番スポットも!とっておきスポット9選!

北海道のほぼ中心に位置しており、言わずと知れた人気観光スポット旭山動物園はもちろん、日帰り温泉や絶品ラーメンを味わえるお店など、大人向けのスポットが目白押しの旭川。 今回はそんな旭川のおすすめス...

【すすきの・飲み屋】ここに行けば間違いなし!すすきのでお酒を楽しむのにぴったりの飲み屋8選をご紹介

今回は人気のバーや老舗の居酒屋など、札幌すすきのでお酒が楽しめる飲み屋をご紹介します。 カクテルと充実した創作メニューが楽しめる「エレクトリック・シープ・バー ススキノ店」、新鮮な魚介類を使った...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる4月号:特集は「今こそ北陸へ!」「春の開運旅」「GWにおすすめの道の駅」、連載企画「聖地巡礼」「アンテナショップでご当地グルメ!」「月イチご褒美ラーメン」「日本の吊り橋」「ご当地名物食べ比べ」「いぎなり東北産の推しみやげ」「12星座占い」

2023年3月の創刊からお陰様で『月刊まっぷる』は1周年を迎えました! そして2024年4月号にて大幅リニューアルします!! ‟今”行きたい旅とおでかけ情報をお届け!というコンセプトはそのままに、...

『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』先取り聖地巡礼!今年も『コナン』のゴールデンウィークがやってくる!

劇場版『名探偵コナン』シリーズ第27作目となる最新作『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)』が、2024年4月12日(金)に公開されました。 日本全国津々浦々、さらにはロンドンやシン...

【北海道 旭川・夜ごはん】旭川で夜を楽しめるとっておきのお店17選!旭川で夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに旭川で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、旭川でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 海と陸の幸を...

【札幌・夜ごはん】札幌で夜を楽しめるとっておきのお店18選!札幌で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに札幌で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、札幌でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 焼いたマトン...

【北海道 函館・夜ごはん】函館で夜を楽しめるとっておきのお店10選!函館で夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに北海道の函館で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、函館でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 鳥ガ...

【北海道】冬のおすすめ観光スポット30選 冬の北海道を遊びつくそう!12月・1月・2月【2024年版】

今回は冬でも楽しめる北海道のおすすめ観光スポットをご紹介。 冬の北海道でも楽しめる観光スポットをチェックして、旅行やおでかけを満喫しましょう。 澄み切った空気の中、定番の観光スポットも他の季節...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

まっぷるマガジン北海道を担当しています。プリン本もやってます。

エリア

トップ >  北海道 > 知床・阿寒・釧路・稚内 > 網走・オホーツク > 

この記事に関連するタグ