トップ > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 

福岡観光はこれでOK!おすすめの観光・グルメスポット30選

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年8月31日

この記事をシェアしよう!

福岡観光はこれでOK!おすすめの観光・グルメスポット30選

九州最大の都市で博多湾に面する福岡。

大都市としては珍しく美しい自然が残る一方で、多彩な表情を見せてくれる街でもあります。
天神や博多駅周辺のデパートやファッションビルが立ち並ぶ繁華街、中洲・川端のネオンが瞬く歓楽街、そして屋台がひしめく那珂川沿いなど、エリアごとに違った風情を楽しむことができます。

また、グルメの街としても有名で、博多ラーメンや鶏の水炊き、もつ鍋、ぎょうざ、辛子明太子などのご当地名物は全国的な人気です。

福岡県全域に目を向けると、世界遺産に認定された宗像大社、学業の神様として信仰を集める太宰府天満宮、レトロな建物が残る門司、風光明媚な糸島など、魅力的な観光スポットに溢れています。

そんな福岡のおすすめ観光・グルメスポットを、まっぷる読者限定アプリ「まっぷるリンク」のお気に入り登録数ランキングなどからピックアップしてご紹介します。

福岡旅行に出かける前に、福岡観光で押さえておきたい定番スポットをさくっと予習。
各エリアの位置関係を把握して楽しい観光プランを立てましょう!

※このエリアの記事一覧はこちら

まずは福岡の見どころを40秒でチェック!

さっそく福岡のみどころを動画でチェックしていきましょう!

多彩な魅力のある福岡は、九州一の大都市でもあります。そのため、美味しいグルメも種類が豊富で満喫するためには出発前の予習がカギとなりそうです。

ガイドブック編集者が本気で選んだ!福岡のおすすめ観光スポットランキング10

ガイドブック編集者が本気で選んだ!福岡のおすすめ観光スポットランキング10
写真:123RF

全国的な人気を誇るもつ鍋をはじめ、辛子明太子、博多ラーメン、鉄鍋ぎょうざなど名物グルメがめじろ押しの福岡。太宰府天満宮など見ごたえのあるスポットも数多く、食べてよし、遊んでよしのエリアです。

今回は、福岡を愛してやまない旅行ガイドブックの編集者がイチオシスポットTOP10を紹介します。

旅行ガイドブック編集者プロフィール

福岡編集担当F(女性)

編集歴19年。家族構成は2人の小学生男児と、アウトドア好きの夫であるため、旅行といえばもっぱら野外(キャンプ)。旅行先のお気に入りナンバーワンは福岡で、市内のアクセスが便利で、陽気でサービス精神旺盛な県民性も素晴らしく、何を食べても一級品においしいところがオススメのポイント。

 

福岡を知り尽くしたプロの目によるおすすめスポットを、熱意のこもったコメントを添えて10位から順に紹介します。

【10位】柳川

【10位】柳川

詩人の北原白秋の生誕地であり、古くは立花氏11万石の城下町として栄えました。城の掘割をどんこ舟でめぐる「お堀めぐり」で有名。乗船場は4か所あり、約4km弱をおよそ1時間かけて舟に揺られながらのんびり巡ります。

3月に開催される春の風物詩『柳川雛祭り「さげもんめぐり」』の一つで、水上パレードがお披露目される「おひな様水上パレード」は必見のイベントです。

白秋祭 水上パレード

住所
福岡県柳川市城堀川柳川橋河畔~沖端
交通
西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅から徒歩7分(柳川古文書館前・スタート付近)
料金
乗合船乗船料=大人7150円、小人3575円(要予約、貸切舟あり)/

柳川雛祭り・さげもんめぐり

住所
福岡県柳川市市内各所
交通
西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅から西鉄バス早津江行きで10分、御花前下車すぐ(水上パレード出発地)
料金
一部有料

お堀めぐり

住所
福岡県柳川市城隅町、三橋町、新外町、新町
交通
西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅から徒歩8分
料金
大人1500~1650円、小学生800~820円(お堀めぐりをしている全4社とも障がい者割引あり、要問合せ。)

【9位】糸島

【9位】糸島
写真:123RF

美しい海を眺めながら、シーサイドドライブが楽しめる人気のエリアです。半島を車で1周すると約3時間半で、海沿いにはおしゃれなカフェが点在しています。クラフト作家やアーティストによる工房やギャラリーを訪ねるのも楽しいですよ。

「日本の渚・夕日百選」の景色が美しい、夫婦岩と白い鳥居がシンボルの桜井二見ヶ浦は福岡県の名勝。冬期の牡蠣小屋も人気です。

桜井二見ヶ浦

住所
福岡県糸島市志摩桜井4433-1~3
交通
JR筑肥線筑前前原駅からタクシーで30分
料金
情報なし

【8位】キャナルシティ博多

【8位】キャナルシティ博多

全長180mのキャナル(運河)を中心に、カラフルでポップな建物が建ち並ぶエンターテインメントシティ。アパレル、雑貨、インテリアなどのショップのほかに、レストラン、シネマコンプレックス、劇場、2つのホテルが集合しています。

運河中央のサンプラザでは、毎夜、3Dプロジェクションマッピングと噴水のショーが開催されます。

【8位】キャナルシティ博多
写真:123RF

キャナルシティ博多

住所
福岡県福岡市博多区住吉1丁目2
交通
JR博多駅から徒歩10分
料金
店舗により異なる

【7位】小倉

【7位】小倉

かつて40万石の城下町として栄えた街です。シンボルの小倉城を中心とした歴史散策、焼うどんやラーメンなどのB級グルメの食べ歩きも楽しめます。昭和の風情をそのまま残したノスタルジックな通りに120の商店が並ぶ旦過市場もおすすめ。

松本零士氏が名誉館長を務める漫画の殿堂、北九州市漫画ミュージアムをはじめ、ポップカルチャーの聖地でもあります。

【7位】小倉

北九州市漫画ミュージアム

住所
福岡県北九州市小倉北区浅野2丁目14-5あるあるCity 5~6階
交通
JR山陽新幹線小倉駅からすぐ
料金
常設展=大人480円、中・高校生240円、小学生120円、企画展は別料金/

小倉城(勝山城)

住所
福岡県北九州市小倉北区城内2-1
交通
JR鹿児島本線西小倉駅から徒歩10分
料金
入場料=大人350円、中・高校生200円、小学生100円/(30名以上の団体は2割引)

旦過市場

住所
福岡県北九州市小倉北区魚町4丁目
交通
JR山陽新幹線小倉駅から徒歩15分
料金
店舗により異なる

【6位】門司港

【6位】門司港
写真:123RF

かつては国際貿易港として栄え、明治から大正期に建てられた赤レンガ造りのモダンな洋館が点在するエリアです。

大正3年に建造された門司港駅には、鉄道駅としては初の国の重要文化財に指定された駅舎があります。2012年から解体調査、保存・復原工事のために姿を隠していましたが、2019年についにリニューアルオープンし、105年前の創建時の面影を見せています。

【6位】門司港

門司港駅

住所
福岡県北九州市門司区西海岸1丁目5-31
交通
JR鹿児島本線門司港駅からすぐ
料金
情報なし

門司港レトロ地区

住所
福岡県北九州市門司区港町
交通
JR鹿児島本線門司港駅からすぐ
料金
情報なし

【5位】福岡タワー

【5位】福岡タワー

高さ234mを誇る、海浜タワーとしては日本でもっとも高いタワーです。

8000枚のハーフミラーに覆われたボディは、クールでシャープなイメージ。地上123mの展望室からは、福岡市街や博多湾、大濠公園などを一望することができます。

地上120mの展望2階SKY café&diningルフージュでは、全方向360度のパノラマを眺めならランチやディナーが楽しめますよ。

【5位】福岡タワー
写真:123RF

福岡タワー

住所
福岡県福岡市早良区百道浜2丁目3-26
交通
JR博多駅から西鉄バス福岡タワー行きで25分、福岡タワー南口下車すぐ
料金
入場料=大人800円、小・中学生500円、4歳以上200円/博多ロングバーム=514円/福岡ダグワーズ=670円/愛鍵(展望室1階恋人の聖地)=1000円/(65歳以上は720円、障がい者手帳持参で大人500円、小・中学生300円、4歳以上100円)

【4位】マリンワールド海の中道

【4位】マリンワールド海の中道

博多湾と玄界灘を二分する半島に建ち、福岡市の中心部から運航されている高速船でアクセスできる人気の水族館です。「九州の海」をテーマに、350種3万点超の海洋生物が展示されています。

外洋大水槽では、魚の群れがスピードのある動きをする点に注目。全天候型で1400人収容可能なショープールで繰り広げられる、博多湾を背景にした30分のイルカショーは必見です。

マリンワールド海の中道

住所
福岡県福岡市東区西戸崎18-28
交通
JR香椎線海ノ中道駅から徒歩5分
料金
入館料=高校生以上2350円、小・中学生1100円、幼児(3歳~)600円/(65歳以上は入場料1880円、障がい者手帳持参で本人と介護者1名半額、20名以上で団体割引あり)

【3位】櫛田神社

【3位】櫛田神社

愛称は「お櫛田さん」。地元でも愛される博多の総鎮守は、博多祇園山笠のクライマックス、7月15日の追い山笠の出発地点でもあります。

一年中展示されている博多祇園山笠も見ごたえじゅうぶん。ほど近くに建つ「博多町家」ふるさと館では、伝統工芸の実演見学や博多モチーフのみやげが購入できます。

櫛田神社

住所
福岡県福岡市博多区上川端町1-41
交通
地下鉄中洲川端駅から徒歩5分
料金
入館料(博多歴史館)=大人300円、大学・高校生200円、小・中学生150円/

【2位】JR博多シティ

【2位】JR博多シティ

JR博多駅直結の大型商業施設です。ここには話題のみやげや小腹を満たしてくれるスイーツが勢揃い。

アミュプラザ博多の「シティダイニングくうてん」は2019年に大型リニューアルされ、話題の店が集結しました。

中でもうどんが看板の居酒屋「博多うどん酒場 和八」、博多の名物鍋を1人前から楽しめる「博多水たき 濱田屋」は駅チカスポットで博多グルメが味わえると話題です。

【2位】JR博多シティ
写真:123RF

JR博多シティ

住所
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
交通
JR博多駅からすぐ
料金
要問合せ

【1位】太宰府天満宮

【1位】太宰府天満宮

学問の神様、菅原道真公を祀る全国的に有名な太宰府天満宮。境内には6000本の梅が植栽されており3月に見ごろを迎えます。梅モチーフの意匠もあちこちに見られ、本殿の屋根や灯籠にも梅の彫り物があり、探してみるのも面白いですよ。

近隣の坂本八幡宮を含め、令和ゆかりのスポットとしてますます人気が集まっています。参道の名物グルメも要チェック。

【1位】太宰府天満宮

太宰府天満宮

住所
福岡県太宰府市宰府4丁目7-1
交通
西鉄太宰府線太宰府駅から徒歩5分
料金
見学料(宝物殿)=大人500円、高・大学生200円、小・中学生100円/

福岡の旅はここから!定番スポット

人気の観光地や話題のエリア、そしてインスタ映えする最新スポットなど……。効率よく旅をするためには行きたい場所を予め決めておくのが旅の鉄則。まっぷる推薦の定番スポットを参考に旅のプランを練ってみてはいかがでしょう。

宗像大社

世界遺産 交通安全の神様として信仰を集める

玄界灘に浮かぶ沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、九州本土の総社辺津宮の三宮を総称して宗像大社という。記紀神話にその名が登場し、古来は航海安全、今は交通安全の神として崇敬を集める。

宗像大社
宗像大社
宗像大社

宗像大社

住所
福岡県宗像市田島2331
交通
JR鹿児島本線東郷駅から西鉄バス神湊行きで15分、宗像大社前下車すぐ(辺津宮)
料金
神宝館(辺津宮)=大人800円、高・大学生500円、小・中学生400円/

太宰府天満宮

学問の神様をお参りに!

平安時代に学者、政治家、詩人と多方面で活躍した菅原道真を祀る。左大臣の藤原時平の陰謀により、大宰府に左遷された道真は、延喜3(903)年に59歳で死去。その亡骸を運ぶ牛車の牛が、この場所に伏して動かなくなり、祠を建てたのが起源といわれる。学業祈願に加え、厄除けや家内安全祈願にご利益がある。境内では道真ゆかりの飛梅のほかに、6000本の梅、大樟、花菖蒲など四季を通して美しい景観を楽しむことができる。

太宰府天満宮
太宰府天満宮
太宰府天満宮
太宰府天満宮

太宰府天満宮

住所
福岡県太宰府市宰府4丁目7-1
交通
西鉄太宰府線太宰府駅から徒歩5分
料金
見学料(宝物殿)=大人500円、高・大学生200円、小・中学生100円/

福岡タワー

ようこそ海辺の頂上へ

高さ234mは、海浜タワーとしては日本でもっとも高いタワー。8000枚のハーフミラーに覆われたボディは、クールでシャープなイメージ。地上123mの展望室からは、福岡市街や博多湾、大濠公園などを一望することができる。

福岡タワー
福岡タワー
福岡タワー
福岡タワー

福岡タワー

住所
福岡県福岡市早良区百道浜2丁目3-26
交通
JR博多駅から西鉄バス福岡タワー行きで25分、福岡タワー南口下車すぐ
料金
入場料=大人800円、小・中学生500円、4歳以上200円/博多ロングバーム=514円/福岡ダグワーズ=670円/愛鍵(展望室1階恋人の聖地)=1000円/(65歳以上は720円、障がい者手帳持参で大人500円、小・中学生300円、4歳以上100円)

門司港レトロ地区

モダンとレトロが融合した町並み

明治・大正時代に海外交易の要衝として賑わった門司港の面影を残す洋館を集め、レトロ地区として整備。JR門司港駅や旧門司三井倶楽部などの見どころがある。

門司港レトロ地区
門司港レトロ地区
門司港レトロ地区
門司港レトロ地区

門司港レトロ地区

住所
福岡県北九州市門司区港町
交通
JR鹿児島本線門司港駅からすぐ
料金
情報なし
1 2 3 4 5 6

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください