トップ >  国内 > 

コツをつかめば簡単!セルフネイルの心得三か条

コツをつかめば簡単!セルフネイルの心得三か条
画像:photoAC

マニキュアを塗るコツ!といっても、ゴクゴク簡単なことですが、知らないよりはずいぶん上手に塗ることができるますよ。

一つ、おでかけの1 日前!時間に余裕のあるときに施術しましょう。

パーティや結婚式、デートなど、マニキュアをしていきたいときは、1日前を目安に施術してください。近頃のマニキュアは、ずいぶん速乾性がありますが、表面は乾いていても、強い衝撃を与えると簡単に傷が入ってしまいます。念のために1時間ほど、乾かす時間を確保しておきましょう。

一つ、マニキュアを始める前は、必ずトイレに行っておきましょう。

人間、自然現象には抗えません。マニキュアを塗布している最中、または乾かしているとき、トイレに行ったら、もうその段階で、丁寧に施術したマニキュアはパ~!一巻の終わりです。マニキュアをするときは、催していなくても、必ずトイレに行っておきましょう。

一つ、下準備となるネイルケアを念入りに!

マニキュアを塗る前の下準備は、面倒ですが、ここを怠ってはきれいな仕上がりは望めません。甘皮処理、ファイルによる爪の成形をお忘れなく。

①甘皮処理
爪の生え際にオイルを塗って、プッシャーや竹のスティックなどを使い、くるくる動かしながら、爪の上に貼り付いた薄皮を押し上げてください。

②爪のファイリング
爪の長さを整えるとき、爪切りを使うと二枚爪になる可能性があるため、ネイルファイル(爪やすり)で削ってください。180から240グリッドくらいのネイルファイルが適しています。

マニキュア、基本の塗り方

さて、いよいよマニキュアを塗りますよ。次の順番でセルフネイルを楽しんでください♪

①爪や手の油分を、エタノールやオイル不使用の除光液で拭き取りましょう

マニキュアには、油分やほこりが大敵です。それらを残したままだと、マニキュアのもちが悪くなり、ヨレる原因にもなります。スルーしてはならない工程のひとつです。

画像:photoAC

②ベースコートを丁寧に塗りましょう

ずぼらさんのなかには、いきなりカラーのマニキュアを塗る人もいるかも?ですが、ベースコートは、爪への色素沈着を防いでくれるとともに、表面をなめらかに整え、つるんときれいなマニキュアの下地としては欠かせないもの。

画像:photoAC

ベースコートは、透明のものが定番ですが、中には爪の色を整え、色ムラを補正するための肌色~ピンク色のベースコートもあります。マニキュアのカラーやデザインによって使い分けてくださいね。

③マニキュアの塗り方の基本は次の通りです

・1度目はハケを裏表ともにしごいて薄付きに
・いきなり根元を塗らずに、ハケを爪の途中において前後しながら動かし、根元まできたら爪先まですっとハケをすべらせる
・爪のセンター、左右の順に塗布する
・2度塗りは、片面だけ液をしごいたハケで塗り、乾いたらトップコートで総仕上げ
・両サイドを塗るときは、指を傾けて塗り残しがないよう、隅々まで塗布する
・マニキュアが乾いてからトップコートを塗る

 

番外編① 塗り方、回数などこだわりすぎずに!!

番外編① 塗り方、回数などこだわりすぎずに!!

こうしたマニキュアの指南については、すでに雑誌やブログや動画な多くの媒体で紹介されています。これが王道であり、基本です。

が、まっぷる編集部では、この基本をマスターしたうえで、「あまり厳守し過ぎずに」と伝えておきますね。実際、筆者もこの通りにやってみたものの、すべてうまくいくとは限りませんでした。

爪の大きさ、形は人それぞれで、マニキュア自体も個体差や特製があって、サラサラだったり、乾きにくかったり、色が浅かったり、古くなれば粘度も変わってきます。自分の爪とマニキュアの特性を見極めてベストを探すことが、美爪の早道のようです。

番外編② ショートネイルからスタートを

番外編② ショートネイルからスタートを

マニキュアを塗るのが苦手な人は、ショートネイルからはじめてみてください。塗る部分が多いロングネイルより、ショートネイルのほうが断然塗るのが簡単です。

トップコート4種類のホンネレビューで分かったベスト1はこれ

トップコート4種類のホンネレビューで分かったベスト1はこれ

マニキュアの仕上げは、トップコート。ダイソーで販売していたウィンマックスネイルケアシリーズだけでも4種類ありましたよ。そこで今回は、実際に使ってわかった感想をホンネレビューします!

トップコート4種類のホンネレビューで分かったベスト1はこれ

ぷっくり厚盛りネイルに!「ジェルルックトップコート」

その名のとおり、ジェルネイル風に見せるためのトップコートです。4種類のなかで一番とろ~んと粘りのあるテクスチャーでした。ぷっくり厚みのある仕上がりをうたっています……が、正直、厚盛り感よりも、ジェルネイル特有のつるんとなめらかで、艶やかな質感が際だっています。

キラキラ輝く爪先に!「グロッシートップコート」

ジェルルックトップコートほど、とろみがないぶん、つるつる~と塗るのが簡単。「クリスタルのような輝き」をキャッチフレーズにしているだけあって、4種類のなかで一番キラキラ輝いた仕上がりです。

少しでも時短したい人に!「クイックドライトップコート」

速乾タイプのトップコートです。サラサラのテクスチャーで、完全に乾くまでに10分弱かかりました。ほかのトップコートより1分程度乾くのが早かったです。粘度がないぶん、薄付きのため、ジェルルック、グロッシーと比べるとつや感は少し控えめです。

磨りガラスの仕上がりに!「マットトップコート」

磨りガラスのような独特な質感です。乳白色の液体のためか、本来の色にクリーム色を足したような仕上がりに。少々派手なカラーも、マットトップコートを使うことで印象がガラリと変わるところがおもしろいですね。

結論、発表します!
ベストワンは、グロッシー!!

ジェルルックは厚盛り感より、つやのある質感が秀逸でした。が、つや感ではグロッシーのほうがよりツヤツヤ、キラキラに仕上がります。人それぞれに好みがあると思いますが、独断で結論づけると一番の買いはグロッシーでした。

2点目買うとすれば、マットトップコート。ほかのトップコートとまったく違う仕上がりで、手持ちのマニキュアも、違うニュアンスが楽しめるところがいいですね。

マニキュアの速乾術、どの方法が有効か?

マニキュアの速乾術、どの方法が有効か?
画像:photoAC

マニキュアで一番じれったいのが、乾くまでの待ち時間。塗ったところが傷つかないよう、じ~っと待つのみ。行動に制限がかけられます。ベースを塗っては乾かして、カラーを塗っては乾かして、トップコートを塗っては乾かしてと、じ~っと辛抱の時間が続きます。

その忍耐の時間を1分でも解決するための速乾術を調べてみました。

マニキュアの速乾術①マニキュアを塗ったあと、氷水につける

マニキュアを塗布後3分ほど経過したのち、氷水につけてください。ただし、厚塗りの場合は表面のみ乾いて、中はふにゃっと半乾きになるのでご注意を。指がじんじんに冷えるので夏場でも30秒が限界かも。

マニキュアの速乾術②マニキュアを冷蔵庫で冷やしておく

30分ほど冷蔵庫で冷やしたマニキュアを塗る方法です。確かに若干早く乾くような気がしますが、劇的な効果はありません。液体が少し固くなってしまうため、正直塗りにくいです。冷たいうちに塗らなければ意味がないため、手早く塗るテクニックも必要。

マニキュアの速乾術③冷風で乾かす

ドライヤーを使う場合は冷風モードにして、15cmほど離れて風をあててください。近すぎたり、風の勢いが強すぎたりするとよれるのでご注意を。効果のほどは……1~2分早いくらいでしょうか。

写真はダイソーから発売されている電動ネイルドライヤー。330円商品ですが、開口部に指を入れ、下部を押すと風が出てくる仕組みのため、片手で使えるのが便利でした。

マニキュアの速乾術④オイルを塗る

マニキュアを塗布してから1~2分後、表面をキズつけないよう、慎重にオイルを塗ってください。オイルがマニキュアの揮発性を促進するといわれています。半信半疑でやったところ、表面がヌルヌルのため正確な時間は不明ですが、1分ほど早く乾いたようです。

画像:photoAC

マニキュアの速乾術… 結論、発表します!

残念ながら、確実に早く乾かす方法は難しいようでした。

ダイソー以外では、速乾スプレーなどの商品が発売されているため、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

のんびり、地道に待てる人は、ダイソーの「ネイルガード110円」はいかですか?指のサイズに合わせて、L1個、M3個、S1個の計5個入りです。

上手なマニキュアの塗り方は、急がば回れ!

上手なマニキュアの塗り方は、急がば回れ!
画像:photoAC

セルフネイル、マニキュア編はいかがでしたか?

「美は1日にしてならず」といいますが、美しくマニキュアを仕上げる方法も、急がば回れ。焦るあまりに、十分に乾ききらない状態で行動すると、爪をキズつけ、施術した時間がすべて台無しになることもあるのです。

マニキュアを塗ったあとは、映画鑑賞をするなど、のんびりリラックスした時間を過ごしてください!

↓ ↓ ↓ 関連記事 ↓ ↓ ↓
セルフネイルの七つ道具や、ジェルネイルのオフアイテムもダイソーにお任せ!今すぐ記事をチェック!

ダイソーのネイル商品がアツい♪試してみたい方は自分にピッタリの記事を探してみてね!

ネイルのテーマから記事を探す

1 2

国内の新着記事

記事の一覧を見る

関連するタグ

記事をシェア

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

福岡県を拠点にフリーランスでライター、エディターとして活動しています。

得意分野はグルメ(とくにスイーツと呑んだくれ系)、おみやげ、温泉、宿、鉄道、歴史ネタなどの観光情報。ゴールドカードは運転免許証のみという平民ですが、運転ができないぶん、公共交通機関を駆使した旅行プランはお任せあれ。

バスや電車の運行本数がまばらなエリアも、乗継ぎスムーズな最高のモデルプランを提案します♪

2022年秋には長崎新幹線が開通。ますます九州は鉄旅がおもしろくなりますよ。