>  >  >  >  徳島観光はこれでOK!徳島観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

徳島観光はこれでOK!徳島観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

徳島観光はこれでOK!徳島観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

四国の中でも自然の豊かさは随一。絶景スポットや観光名所が盛りだくさんの徳島県。
約400年前の歴史を誇り、毎年130万人におよぶ観客が訪れる真夏の祭典・阿波おどりをはじめ、世界三大潮流に挙げられる鳴門海峡のうず潮、世界中の名画を陶板で再現した大塚国際美術館、断崖絶壁の渓谷美が続く祖谷渓など見どころが点在。潮流が育む海の幸や、徳島ラーメンなどのグルメなど見どころ満載。
何を目的にどこを訪れるか、おでかけ前に各エリアの特徴をチェックしておきましょう!

目次

  • 徳島ってこんなところ
  • 各エリアの特徴とおすすめスポット
  •  ①鳴門エリア
  •   渦の道
  •   エスカヒル・鳴門
  •   うずしお汽船
  •   大型観潮船わんだーなると
  •   大鳴門橋架橋記念館エディ
  •   大塚国際美術館
  •   漁協食堂うずしお
  •   びんび家
  •  ②徳島エリア
  •   霊山寺
  •   脇町うだつの町並み
  •   眉山ロープウェイ
  •   阿波おどり会館
  •   中華そばいのたに
  •   銀座一福
  •   焼鳥居酒屋とりとり
  •   骨付き阿波尾鶏 一鴻本店
  •   池添蒲鉾店
  •   あるでよ徳島
  •   矢野陶苑
  •  ③祖谷渓エリア
  •   祖谷渓
  •   祖谷のかずら橋
  •   奥祖谷二重かずら橋
  •   大歩危峡観光遊覧船
  •   新祖谷温泉 ホテルかずら橋
  •   祖谷美人渓谷店
  •   道の駅 大歩危
  •   吉野川ハイウェイオアシス
  •  ④阿南海岸エリア
  •   蒲生田岬
  •   太龍寺ロープウェイ
  •   日和佐うみがめ博物館カレッタ
  •   イザリCafe
  •   道の駅 日和佐

徳島ってこんなところ

徳島観光 プランニングのコツ

滞在日数は1泊2日みておこう

半日から1日でまわれる観光地がほとんど。徳島~鳴門間は約20㎞と比較的近く、2エリアを1日でめぐることもできる。

関西以東は鳴門からのアクセスも検討して

関西方面から徳島へ行く場合、神戸淡路鳴門自動車道を利用して鳴門経由でアプローチするのがスムーズ。高速バスは本数も多くリーズナブル。

初めての徳島なら鳴門はマスト!

うず潮で有名な鳴門は、徳島を代表する観光地。初めての徳島観光なら、鳴門を中心にプランニングするのがおすすめ。

徳島・鳴門以外は車の移動が便利

徳島~鳴門間は公共交通機関が運行し、駅やバス停から徒歩圏内に見どころが点在。山間部の祖谷、海沿いの阿南は車がダンゼン便利。

宿泊するなら徳島か鳴門がおすすめ

ビジネスホテルが建ち並ぶ徳島、リゾートホテルや旅館が多い鳴門は、立地もよく旅の基点に最適。温泉宿が希望なら祖谷へ。

ベストシーズンをチェックしよう

鳴門のうず潮は、春と秋の大潮時期に特に大きくなり迫力満点。また祖谷を訪れるなら、季節のよい春から秋がベスト。

各エリアの特徴とおすすめスポット

徳島の基本情報をチェックしたら、次はエリアの位置関係や特徴を押さえておきましょう。各エリアのおすすめ観光スポット、人気のグルメスポットもあわせて紹介するので、行き先に迷っている方は必見です!

①鳴門エリア

徳島屈指の観光スポット

鳴門海峡を挟んで淡路島を望む鳴門エリア。徳島観光を代表するうず潮は、観光船や展望台から楽しむことができる。とれたて海の幸や地元グルメなど、旅の楽しみがぎゅっと詰まった、徳島の一大観光エリア。

 

渦の道

驚きの海上散歩、うず潮を高さ45mから見下ろす

鳴門海峡のうず潮をまたぐようにして架かる大鳴門橋。その橋桁内(車道の下)に設けられた全長450mの海上遊歩道が「渦の道」だ。長く続く床の一部がガラス張りになっており、高さ45mから逆巻くうず潮を見下ろすことができる。

渦の道
渦の道
渦の道
渦の道

渦の道

住所
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65 鳴門公園内
交通
JR鳴門線鳴門駅から徳島バス鳴門公園行きで24分、鳴門公園下車、徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:30(閉館18:00)、GW・夏休み期間は8:00~18:30(閉館19:00)、10~翌2月は~16:30(閉館17:00)
休業日
無休、3・6・9・12月は第2月曜、祝日の場合は翌日休
料金
入場料=大人510円/音声ガイド貸出=無料/

エスカヒル・鳴門

エスカレーターで絶景ポイントへ

全長68m、高低差34mのシースルーエスカレーターから景観を楽しむことができる。屋上の鳴門山展望台からは、鳴門海峡はもちろん小豆島や和歌山まで見渡すことができる。

 

エスカヒル・鳴門
エスカヒル・鳴門
エスカヒル・鳴門
エスカヒル・鳴門

エスカヒル・鳴門

住所
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65 鳴門公園内
交通
JR鳴門線鳴門駅から徳島バス鳴門公園行きで24分、鳴門公園下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:45(閉館17:00、冬期は9:00~)
休業日
不定休(点検期間休)
料金
入場料=大人400円、小・中学生100円/鳴門金時芋ソフトクリーム=350円/(障がい者手帳持参で本人と介護者1名半額)

うずしお汽船

うず潮に最も近い亀浦漁港から出港

亀浦漁港から出航する「高速観潮船うずしお」に乗って、鳴門のうず潮を間近に見ることができる。うず潮のもっとも大きなものは直径20m以上に達するといわれ、迫力満点。いざ、うずしお最前線へ。

うずしお汽船
うずしお汽船
うずしお汽船

うずしお汽船

住所
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65-63 うずしお汽船ビル
交通
JR鳴門線鳴門駅から徳島バス鳴門公園行きで22分、亀浦口下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:00~16:30(最終便)、冬期は~16:00(最終便)
休業日
無休(冬期の船舶点検期間(約1週間)休)
料金
大人1550円、小学生780円、幼児無料(障がい者手帳持参者割引あり、等級により異なる)

大型観潮船わんだーなると

うず潮とのご対面時間がたっぷり

うずしお観潮船の大型観潮船わんだーなるとは旅客定員400名の大型の船。ゆったりとしたスペースでダイナミックな鳴門のうず潮を観察できる。亀浦観光港から出航する。

 

大型観潮船わんだーなると
大型観潮船わんだーなると
大型観潮船わんだーなると
大型観潮船わんだーなると

大型観潮船わんだーなると

住所
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦大毛264-1 鳴門公園亀浦観光港
交通
JR鳴門線鳴門駅から徳島バス鳴門公園行きで19分、鳴門観光港下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:20(40分ごとに運航)
休業日
無休
料金
大人1800円、小学生900円(身体障がい者手帳、療育手帳持参者割引あり)
筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  >  >  > 
 >  >  >  > 
 >  >  >  > 
×