>  >  >  >  > 

屋久島・奄美観光はこれでOK! 観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

この記事をシェアしよう!

屋久島・奄美観光はこれでOK! 観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

鹿児島県南部の大海原に点在する薩南諸島は、ダイナミックな自然を舞台に、島人たちの個性豊かな文化が息づくところ。
屋久杉で有名な屋久島をはじめ、鉄砲伝来の地である種子島、マリンレジャーが盛んな奄美大島など、都会ではなかなか味わうことのできない魅力にあふれています。
各島々へのアクセス拠点となる、鹿児島タウンと絡めてのショートトリップもおすすめです。
何を目的にどこを訪れるか、おでかけ前に各エリアの特徴をチェックして、効率よくめぐるプランを立てましょう!

屋久島・奄美ってこんなところ

まずは各島々の位置関係を把握しましょう。
※拡大できます。

位置関係を把握した後は、屋久島・奄美の魅力をギュッとつめ込んだ動画で屋久島・奄美観光のポイントを押さえましょう!

屋久島・奄美 プランニングのコツ

鹿児島から各島へのアクセス

屋久島

飛行機35分

高速船1時間50分

奄美大島

飛行機1時間

高速船・フェリー11時間

種子島

飛行機40分

高速船・フェリー1時間35分

各島内へアクセス

屋久島

【路線バス】島内の観光エリアをカバー。ただし、冬期運休の路線もある。

【レンタカー】2人以上ならレンタカーが便利。軽自動車なら1日約5000円~。

奄美大島

【路線バス】島内の観光エリアをカバー。ただし、名瀬から南へはバスの便数が少なくやや不便。

【レンタカー】2人以上ならレンタカーが便利。軽自動車なら1日3000円~。

種子島

【路線バス】主要な港や空港から路線バスが走っているが、バス停はメインとなる県道沿いが主となる。西之表港〜南種子営業所は1日6便。

【レンタカー】縦に長い島内は移動距離が長いので、レンタカーが便利。軽自動車なら1日4000円程度から。

各エリアの特徴とおすすめスポット

屋久島・奄美の基本情報をチェックしたら、次はエリアの特徴を押さえておきましょう。各エリアのおすすめ観光スポット、人気のグルメスポットもあわせて紹介するので、行き先に迷っている方は必見です!

①屋久島

壮大な自然絵巻が展開する世界遺産の島

1993年に世界遺産に登録された、標高1936mの宮之浦岳を主峰とする島。亜熱帯から冷温帯までの植物が垂直分布し、とくに標高500mを超える森には樹齢1000年以上の屋久杉をはじめとする特異な生態系が見られる。

大川の滝

屋久島を代表する豪快な名瀑

日本の滝百選に選ばれた滝。落差88mを誇り、粘板岩の崖を流れ落ちる滝は数ある屋久島の滝のなかでも最大級。晴れの日は、空の青と滝の白のコントラストが美しい。

大川の滝
大川の滝
大川の滝
大川の滝

千尋の滝

V字型の巨大な岩を滑り落ちる瀑布

島の南東を流れる鯉之川の上流にある滝。400m×200mという巨大な花崗岩の一枚岩のくぼみを流れ落ちる。滝の落差は60mの滝で、花崗岩のスケールの大きさがわかる。

千尋の滝
千尋の滝
千尋の滝

白谷雲水峡

潤いたっぷりの神秘の森で元気をチャージ

宮之浦川の支流、白谷川の上流に広がる森。標高600mから1050mに約6.5kmにわたって遊歩道が延びる。苔むした巨樹や天然水の流れなどが観察できる。見どころを巡るコースはいずれも山道があるため、足回りなど十分な装備をして行こう。

白谷雲水峡
白谷雲水峡
白谷雲水峡
白谷雲水峡

縄文杉

一番会いたい。屋久島の森の主

神々しいオーラをまとった姿は、トレッカーの間でもあこがれの存在だ。道中は巨樹や巨岩、潤いに満ちた沢など、感動と驚きの連続。さあ、勇気を出して縄文杉トレッキングにレッツチャレンジ。

縄文杉
縄文杉
縄文杉
縄文杉
1 2 3 4 5 6 7

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください