トップ > 日本 x 女子旅 > 東北 x 女子旅 > 南東北 x 女子旅 > 山形・蔵王 x 女子旅 > 山形 x 女子旅 > 山形市街 x 女子旅

山形市街

「山形市街×女子旅」のおすすめスポット

ガイドブック編集部が厳選した「山形市街×女子旅」のおすすめ観光・旅行スポットをご紹介します。山形県の情報発信基地「山形まるごと館 紅の蔵」、かつては擬洋風建築の病院。現在は医学資料・郷土資料などを展示「山形市郷土館(「旧済生館本館」)」、山形名物がひとつの器に「芋子煮 そば処 佐藤屋」など情報満載。

山形市街の魅力・見どころ

花笠まつりや冷やしラーメンで知られる最上家の城下町

東北四大祭りのひとつ「山形花笠まつり」で知られる山形は、最上家57万石の城下町。城跡の「霞城公園」周辺には明治・大正期の歴史情緒漂う建物が点在しているが、なかでも旧県庁舎および県会議事堂である「山形県郷土館文翔館」は大正期建築の傑作とされる。冷たいスープに氷を浮かべた冷やしラーメンはユニークなご当地名物となっている。

  • スポット:46 件
  • 記事:13 件

山形市街のおすすめスポット

1~20 件を表示 / 全 46 件

山形まるごと館 紅の蔵

山形県の情報発信基地

山形の魅力ある食の提供、地域特産品の販売、伝統野菜をはじめとする安心・安全・新鮮な農産物の直売、イベントの開催、観光情報の提供などを行なっている。

山形まるごと館 紅の蔵
山形まるごと館 紅の蔵

山形まるごと館 紅の蔵

住所
山形県山形市十日町2丁目1-8
交通
JR山形駅から徒歩10分
料金
山形の肉そば(乾めん)=220円(150g)/肉そばのたれ=420円(300ml)/「はながたベニちゃん」グッズ=324円~/缶バッジ=163円/そば屋のつゆ=450円(360ml)/山形地酒(試飲機)=100円/
営業期間
通年
営業時間
店舗により異なる

山形市郷土館(「旧済生館本館」)

かつては擬洋風建築の病院。現在は医学資料・郷土資料などを展示

国指定重要文化財「旧済生館本館」を活用し、医学資料・郷土資料等を展示している。山形県の初代県令三島通庸が明治11(1878)年に建設し、昭和44(1969)年に霞城公園へ移築復元した。

山形市郷土館(「旧済生館本館」)
山形市郷土館(「旧済生館本館」)

山形市郷土館(「旧済生館本館」)

住所
山形県山形市霞城町1-1霞城公園内
交通
JR山形駅から徒歩15分
料金
無料
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館)

芋子煮 そば処 佐藤屋

山形名物がひとつの器に

山形の郷土料理、芋煮をのせた芋煮ラーメンで知られる人気店。コクのあるスープと味がしみた芋煮、脂ののった牛肉、季節のきのこや山菜が渾然一体となり、見事な味わいだ。

芋子煮 そば処 佐藤屋
芋子煮 そば処 佐藤屋

芋子煮 そば処 佐藤屋

住所
山形県山形市桜町5-6
交通
JR山形駅から徒歩7分
料金
芋煮ラーメン=850円/芋煮そば=950円/芋煮そばセット=1150円/山菜芋煮そばセット=1200円/
営業期間
通年
営業時間
11:30~15:00(閉店)、17:00~18:00(閉店18:30)、月曜は~13:30(閉店14:00)

栄屋本店

冷しらーめん元祖の店で味わう牛肉だしのまろやかスープ

「冷しらーめん」を作り始めて60年以上。定番も含め10種類以上の冷やしメニューが並ぶ。「冷しらーめん」のスープには氷が浮かび、最後までひんやり。

栄屋本店
栄屋本店

栄屋本店

住所
山形県山形市本町2丁目3-21
交通
JR山形駅からタクシーで約5分
料金
冷しらーめん=880円/冷し栄らーめん=1155円/栄ラーメン=990円/山形ラーメン=1100円/薬膳ラーメン=935円/
営業期間
通年
営業時間
11:30~20:00(閉店)、冬期は~19:30(閉店)

霞城公園

史跡がいっぱいの地元民憩いの場

山形藩57万石城主・最上義光の居城跡。桜の名所としても知られ、夜には美しくライトアップされた桜を見物できる。かつてこの地にあった山形城の復元工事は、現在も進行中。

霞城公園
霞城公園

霞城公園

住所
山形県山形市霞城町1-7
交通
JR山形駅から徒歩10分
料金
情報なし
営業期間
通年
営業時間
入園自由(東大手門・北門は5:00~22:00、12~翌3月は5:30~)

乃し梅本舗佐藤屋

江戸時代から続く老舗。梅の菓子を中心とした和洋菓子を販売

江戸時代から続く老舗。190年の菓子づくりの伝統に現代的な感性を加えた和洋菓子を販売している。「乃し梅」など、ほどよい甘酸っぱさが特徴の梅の菓子を中心に取り扱う。

乃し梅本舗佐藤屋
乃し梅本舗佐藤屋

乃し梅本舗佐藤屋

住所
山形県山形市十日町3丁目10-36
交通
JR山形駅から徒歩15分
料金
乃し梅=540円(5枚入)、1080円(10枚入)/梅しぐれ=540円(140g入)/乃し梅のチョコ「たまゆら」=1080円(6個入)/
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:00

コウシロウ洋菓子店

芸術品のようなケーキ

厳選した食材を使い、味はもちろん見た目にも気を配り、美しい洋菓子を作る老舗洋菓子店。旬のフルーツを用いたケーキや、クッキーなどの焼き菓子はどれも深みのある甘さ。

コウシロウ洋菓子店

コウシロウ洋菓子店

住所
山形県山形市東原町1丁目11-14
交通
JR山形駅から山交バス県庁北口行きで10分、小白川至誠堂病院前下車すぐ
料金
チーズケーキ=240円/ムースショコラ=350円/アルハンブラ=150円/レーズンルージュ=120円(1個)/
営業期間
通年
営業時間
9:30~18:30

珈琲専科道(オリエンタルカフェダイニング 珈琲専科道)

ビッグなスイーツに驚き

船をモデルにしたインパクトのある外観と、東南アジア風のウッディなインテリアがユニーク。定番の水出しコーヒーのほか、豪快に盛られたパフェ、山盛りのフードメニューなど、量・味ともに満足できる。

珈琲専科道(オリエンタルカフェダイニング 珈琲専科道)
珈琲専科道(オリエンタルカフェダイニング 珈琲専科道)

珈琲専科道(オリエンタルカフェダイニング 珈琲専科道)

住所
山形県山形市鉄砲町3丁目1-63
交通
JR山形駅から徒歩15分
料金
オリエンタルスイーツ=777円(単品)、1188円(セット)/レアショコラ=777円(単品)、1188円(セット)/季節ごとのレアチーズケーキ=777円(単品)、1188円(セット)/ホットケーキ=1000円(単品)、1296円(セット)/カフェスノン=550円/
営業期間
通年
営業時間
9:00~21:00(閉店)、日曜、祝日は~19:00(閉店)

たけまるの傳々

町屋の古民家で味わう地酒と肉そば、山形の旬菜

町屋風情が感じられる一軒屋の店舗。山形芋煮をはじめとした郷土料理やブランド豚、山形牛の串焼きなど、旬の食材が味わえる。

たけまるの傳々
たけまるの傳々

たけまるの傳々

住所
山形県山形市七日町1丁目4-28
交通
JR山形駅からベニちゃんバス中心市街地行きで8分、七日町下車すぐ
料金
山形の肉そば=650円/串焼き=100円~/お刺身=600円~/なめろう=680円/山形芋煮=600円/白鷹馬刺し=840円/煮込み=500円/山形三昧セット=1690円/山形の季節の料理各種=600円~/
営業期間
通年
営業時間
17:00~23:30(閉店24:00)

榮玉堂

変わりダネの餡が人気のどら焼き

しっとりとした生地のどら焼きは、定番の餡以外に、カマンベールや生チョコなど種類が豊富。店内のカフェスペースでは、ぜんざいやあんみつなどの甘味も味わえる。

榮玉堂

榮玉堂

住所
山形県山形市旅篭町2丁目1-45
交通
JR山形駅からベニちゃんバス中心市街地行きで10分、市役所南口下車すぐ
料金
菓子セット=572円/どら焼き=194円/カマンベールどら=216円/田舎じるこ=682円/きんつば=151円~/白玉クリームあんみつ=706円/
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉店)

焼肉くろげ

米沢牛一頭買いでクオリティにこだわる黒毛和牛焼肉店

山形牛と米沢牛にこだわり、黒毛和牛一頭買いでA5、A4ランクの高いクオリティを確保している。炭火で焼くため余分な脂が落ち、肉本来の味が楽しめると地元客にも人気。

焼肉くろげ
焼肉くろげ

焼肉くろげ

住所
山形県山形市香澄町1丁目5-10
交通
JR山形駅から徒歩5分
料金
王道カルビ=1069円/特上タン=2700円/カルビ=1069円/ハラミ=1998円/
営業期間
通年
営業時間
17:00~23:00(L.O.)、日曜、祝日は~22:00(L.O.)

うなぎ・郷土料理 あげつま

四季折々の山形料理を食す

天明2(1782)年創業。炭火で焼き上げるうなぎは、秘伝のたれが味の決め手。芋煮などの郷土料理が二十四節気ごとに楽しめる。料理に合った県内外の純米酒も豊富に取り揃えている。

うなぎ・郷土料理 あげつま
うなぎ・郷土料理 あげつま

うなぎ・郷土料理 あげつま

住所
山形県山形市緑町3丁目7-48
交通
JR山形駅から山交バス関沢・宝沢・防原行きで11分、至誠堂病院前下車、徒歩3分
料金
四季の芋煮膳=3672円/四季の郷土料理膳=3672~5022円/おまかせ会席=6480円~/うな重=2376円~/うなぎ三昧=10800円~/ (離れ個室、大広間利用の場合プラス10%)
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(閉店15:00)、17:00~20:30(閉店22:00)

瑳蔵

蔵造りの隠れ家風喫茶

明治19(1886)年築の蔵を改装した和風モダンな喫茶店。ドリンクメニューのほか、和スイーツや日替わりランチが充実。夜は落ち着いた雰囲気の貸しホールとして人気。

瑳蔵

瑳蔵

住所
山形県山形市本町2丁目4-26
交通
JR山形駅からベニちゃんバス中心市街地行きで8分、七日町下車すぐ
料金
白玉ぜんざい(お茶・漬物付)=486円/日替りランチ=756円/ブレンドコーヒー=378円/
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:30(閉店17:00)

いのこ家 山形田

山形名物の芋煮が一年中楽しめる

山形の郷土料理としゃぶしゃぶが人気の居酒屋。四季折々の山形料理を地酒とともに堪能できる。芋煮は小さないろり鍋に入っているので、熱々のまま食べられるのも魅力。

いのこ家 山形田
いのこ家 山形田

いのこ家 山形田

住所
山形県山形市城南町1丁目1-1霞城セントラル 1階
交通
JR山形駅からすぐ
料金
芋煮=950円/だし豆腐=580円/玉こんにゃく=300円/納豆汁=580円/山形牛雪見ポン酢=800円/米沢牛串ステーキ=1800円/山形牛ステーキ=3000円/山形料理コース=3300円/山形牛御膳=6800円/米沢牛御膳=9000円/地酒=580円~/地焼酎=550円~/地ワイン=800円~/
営業期間
通年
営業時間
17:00~22:30(閉店23:00、材料がなくなり次第閉店)

黒沢温泉

正面に連なる蔵王連峰を望む、風光明媚な温泉地

昭和47(1972)年ボーリングによって開湯した比較的新しい温泉地。果樹園に囲まれ、蔵王から流れてくる須川のせせらぎがのどかな温泉街の風景を豊かにしている。

黒沢温泉

住所
山形県山形市黒沢
交通
JR山形駅から山交バス南山形経由高松葉山温泉行きで17分、黒沢温泉下車、徒歩7分、ほか
料金
情報なし
営業期間
通年
営業時間
情報なし

エスパル 山形店

JR山形駅に隣接のショッピングセンター。おみやげ品街も人気

JR山形駅に隣接し、ファッションやコスメなどの専門店が集うショッピングセンター。山形みやげが揃うおみやげ品街も人気。

エスパル 山形店

エスパル 山形店

住所
山形県山形市香澄町1丁目1-1
交通
JR山形駅からすぐ
料金
要問合せ
営業期間
通年
営業時間
10:00~20:00(おみやげフロアは9:00~)

プチノエル

大使館でシェフの経験をもつ店主による極上のフレンチを堪能

クウェートとスイスに3年ずつ、そして日本大使館のシェフとしての経験をもつ店主による、極上のフランス料理が楽しめる。コースはメニューを決めず、客の箸の進み具合をみて決める。

プチノエル

プチノエル

住所
山形県山形市七日町2丁目3-12協和ビル 1階
交通
JR山形駅からベニちゃんバス中心市街地行きで8分、七日町下車、徒歩5分
料金
山形牛の赤ワイン煮=2138円/おまかせコース(フルコース)=4104円、5400円、8640円/シーザーサラダ=1350円/ディナーセット(前菜・スープ・メインコーヒー、デザート、前菜とメインはチョイス可)=3024円/
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(L.O.)、18:00~21:30(L.O.)

あじまん サンデー前田店

山形の薄皮大判焼き「あじまん」

焼きたての皮の中に、十勝産あんこがぎっしりつまっていながら、甘さ控えめ。スーパーなどに設置されたプレハブで毎年10月から3月までの半年間販売される。

あじまん サンデー前田店

住所
山形県山形市前田町6-10
交通
JR山形駅から山交バス県庁行きで8分、あこや町下車、徒歩10分
料金
あじまん=105円/たこポン(6個)=250円/十勝あん(1袋)=385円/
営業期間
9月下旬~翌4月下旬
営業時間
10:00~18:00

最上義光歴史館

山形が誇る戦国武将を紹介

山形城11代城主・最上義光と最上家および山形の郷土史に関する資料館。弾痕が残る義光所有の三十八間総覆輪筋兜や鉄の指揮棒、長谷堂合戦を描いた屏風絵など貴重な資料が展示されている。

最上義光歴史館
最上義光歴史館

最上義光歴史館

住所
山形県山形市大手町1-53
交通
JR山形駅からベニちゃんバス中心市街地行きで12分、霞城公園前下車すぐ
料金
無料
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)