コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【山形】夜は自慢の地酒で乾杯!おすすめスポットをチェック!

【山形】夜は自慢の地酒で乾杯!おすすめスポットをチェック!

by mapple

更新日:2018年9月9日

大自然に恵まれ、米どころとして名高い山形にはうまい日本酒が勢ぞろい。さらにフルーツ大国でもあり、国内有数のワイン生産地として知られる。山形の個性豊かな酒を各店自慢の料理とともに味わいながら、旅の夜を心ゆくまで満喫しよう。

いのこ家 山形田

山形名物・芋煮を一年中食べられる

山形駅西口の「霞城セントラル」内にある店。郷土料理やしゃぶしゃぶを地酒とともに味わえる。芋煮をはじめ、山形牛やだだちゃ豆など山形ならではのグルメが堪能できる「山形料理コース」(3000円〜)も人気。

予算★昼 1500円/夜 3500円
ラストオーダー★22:30
座席数★66席

1人前ずつ小鍋で提供される芋煮(800円)。和牛のコクがたまらない大人の味

上喜元 大吟醸(酒田酒造)1合 1200円
フルーティな香りが特徴で、やや甘口のすっきりとした飲み口です。

山形駅直結でアクセス抜群。観光客のほかビジネスマンの利用も多い

ワイン&ダシ場 さんろくまる

スタイリッシュな空間で楽しむ山形ワイン

地産地消をモットーに、厳選した山形の素材で作る料理に定評がある。酒はオーナーがセレクトした国産ワインを中心に提供。料理とワインとの組み合わせや相性を楽しむペアリングがおすすめ。

予算★昼 2700円/夜 5400円〜
座席数★20席

料理はコースメニューのみで、ランチ2700円〜、ディナー5400円〜

サン・スフル(タケダワイナリー)グラス 700円
発酵中に瓶詰めし、瓶内で発酵を進めた発泡ワインです。

落ち着いた雰囲気の店内。2階にはワインやチーズを購入できるショップもある

そば処 庄司屋 御殿堰七日町店

伝統を守り続ける山形そばの名店

山形で5代続くそば屋の老舗の2号店。純国産のそば粉を石臼挽きした自慢の手打ちそばのほか、2号店オリジナルのおつまみメニューも充実している。酒は山形の地酒が常時10種類ほどそろう。

予算★昼 1000円〜/夜 2000円〜
ラストオーダー★20:30
座席数★77席

そばと天ぷら、おつまみと酒が付く晩酌セット(2000円)が人気

特別純米 五薫(男山酒造)1合 790円
山形の限られたそば屋でしか味わえない珍しい酒です!

江戸時代からの水路を生かした商業施設「水の町屋 七日町御殿堰」内にある

山形屋台村 ほっとなる横丁

ふらっと立ち寄れる店がそろう

約11軒の小さな店が、昭和の長屋風に軒を連ねて建ち並ぶ屋台村。地元食材を使った郷土料理や名物料理などが味わえる。屋台村内の店なら出前ができるのもおもしろい。

ひしめくように屋台が連なるレトロな雰囲気。多くの地元客や観光客が集う

鉄板居酒屋 夢はな

横丁のおすすめ店 「米沢牛」のモツを使った鍋が名物

山形B級グルメの王様「どんどん焼き」や、米沢牛入りのもつ鍋、ご当地グルメ「芋煮」など、多彩なメニューがそろう。

山形を代表する料理が豊富

筆者:mapple

まっぷる山形 鶴岡・酒田・蔵王・米沢’19

発売日:2018年04月06日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる山形’19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×