エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 x 和菓子 > 東北 x 和菓子 > 南東北 x 和菓子 > 郡山 x 和菓子

郡山 x 和菓子

郡山のおすすめの和菓子スポット

郡山のおすすめの和菓子スポットをご紹介します。藩主御用達の味を受け継ぐ「菓子舗 玉家」、限定だんごは春だけの味「旅館 源平」、「かんのや 本店文助」など情報満載。

  • スポット:8 件
  • 記事:3 件

郡山のおすすめエリア

1~20 件を表示 / 全 8 件

郡山のおすすめの和菓子スポット

菓子舗 玉家

藩主御用達の味を受け継ぐ

文久3(1863)年創業、藩主御用達の菓子舗。店内にはみやげにも最適な上品な和菓子が並ぶ。北海道産の小豆で甘さひかえめに作りあげた、自家製の餡を使用した和菓子が好評。

菓子舗 玉家
菓子舗 玉家

菓子舗 玉家

住所
福島県白河市本町46
交通
JR東北本線白河駅から徒歩10分
料金
鳥羽玉=160円/最中=110円/栗蒸し羊羹=195円/竹皮羊羹=750円/

旅館 源平

限定だんごは春だけの味

桜の時期だけ限定販売されるお花見だんごはやわらかく素朴な味わい。こしあん、ずんだなど6つの味がある。

旅館 源平

旅館 源平

住所
福島県郡山市開成3丁目4-3
交通
JR東北新幹線郡山駅から福島交通市役所経由静団地行きバスで15分、開成山下車すぐ
料金
源平だんご=300円/

柏屋本店

1852年創業の老舗。銘菓「柏屋薄皮饅頭」はみやげに人気

創業は嘉永5(1852)年。たっぷりのあんが薄皮に包まれた「柏屋薄皮饅頭」は上品な味わいでみやげの定番。また、レモンの香りが上品な檸檬(れも)は女性に人気。

柏屋本店

住所
福島県郡山市中町11-8
交通
JR東北新幹線郡山駅から徒歩3分
料金
檸檬=1050円~(6個)/薄皮まんじゅう=94円(1個)、840円~(8個入り)/

郡山銘菓庵 大黒屋 本店

伝統が息づく銘菓「くるみゆべし」

良質のもち米と、健康にいいといわれているたっぷりのくるみに本醸造の醤油を加え、甘さを控えめにしながら、香ばしさをだした郡山銘菓のゆべし。黒ごまゆべしもある。

郡山銘菓庵 大黒屋 本店

郡山銘菓庵 大黒屋 本店

住所
福島県郡山市中町14-8
交通
JR東北新幹線郡山駅から徒歩5分
料金
くるみゆべし=540~2160円/くるみゆべしと黒ごまゆべしの詰合せ=540~2160円/

庄司菓子店

特大のどら焼きをみやげにいかが

職人がひとつひとつ手作りで焼きあげる、甘さひかえめの特大どら焼きが評判。北海道産の上質な小豆とマーガリンが入り、コクがありながらもさっぱりとしたおいしさ。15cmから36cmまで4種類。

庄司菓子店
庄司菓子店

庄司菓子店

住所
福島県須賀川市岩瀬森1
交通
JR東北本線須賀川駅からすぐ
料金
特大どら焼き=1200円(23cm)、2400円(32cm)、3600円(36cm)/大どら(15cm)=600円/どら焼き(あんマーガリン)=110円/どら焼き(あんこ)=100円/生どら=130円/抹茶どら=130円/チーズどら=180円/レーズンバターどら=180円/マスカルポーネどら=180円/いちごどら=150円/

開成柏屋

風味豊かな薄皮で餡を包んで

嘉永5(1852)年創業の老舗。郡山を代表する名物、薄皮饅頭は、風味豊かな薄皮の中に餡がぎっしりと詰まっていて素朴な味わい。地元の人にも人気だ。餡はこしあんとつぶあんの2種類。

開成柏屋
開成柏屋

開成柏屋

住所
福島県郡山市朝日1丁目13-5
交通
JR東北新幹線郡山駅から福島交通市役所方面行きバスで10分、郡山市役所下車すぐ
料金
柏屋薄皮饅頭こし・つぶ=864円(8個入)/柏屋薄皮小饅頭=648円(9個入)/檸檬=1080円(6個入)/

三万石 開成山店

やさしい味わいの定番みやげ

「ままどおる」は、バターを使ったソフトな口あたりの生地で、ミルク味の餡を包んだやさしい味わい。クルミ入りの餡をパイ生地で包んで焼いた「エキソンパイ」も人気。

三万石 開成山店

三万石 開成山店

住所
福島県郡山市開成1丁目3-8
交通
JR東北新幹線郡山駅からタクシーで15分
料金
ままどおる=432円(5個入袋)、1080円(12個入箱)/エキソンパイ=648円(5個入袋)、1080円(8個入箱)/三千里=432円(5個入袋)/塩まん=334円(5個入袋)/