コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【白河】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

【白河】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年9月8日

ACCESS

【鉄道】
東京駅
⇩ JR東北新幹線 1時間20分
新白河駅

【車】
白河IC
⇩ 4号線 37号線 12分
白河駅

問い合わせ
0248-22-1147(白河観光物産協会)

小峰城跡

木造で復元した白河のシンボル
南北朝時代に築かれ、寛永9(1632)年に完成。その後、7家21代の藩主の居城となった。戊辰戦争で焼失したが、現在は三重櫓や前御門が江戸時代の絵図に基づき、忠実に復元されている。

忠実に復元された三重櫓の中にも入ってみよう

南湖公園

白河市民が集う憩いの場
享和元(1801)年に藩主・松平定信が身分を超えて領民が憩える公園として築造、日本最古の公園とされる。湖畔には松平定信が設けた名勝・南湖十七景があり、四季折々の情景を見せる。

一周約2kmのほとりを散策しよう

武士と庶民が一緒に楽しめるように造られた茶室

湖畔の茶屋で販売している名物の南湖だんご(花月)400円

翠楽苑

四季折々の美しい庭園を散策
南湖公園に隣接する池泉回遊式日本庭園で、藩主・松平定信の庭園理念を引き継ぎ築造された。池に臨む「松楽亭」では、書院造りの間で淹れたての抹茶と月替わりの生菓子がいただける。

約2万4700㎡もの広大な園内を散策できる

白河ハリストス正教会

ビザンチン様式の美しい教会
司馬遼太郎著『街道をゆく 白河・会津のみち』で野バラの教会として紹介された。建物や聖像画は県指定重要文化財。教会内にある明治時代の聖像画家、山下りんの作品に心打たれる。

全国でも珍しいビザンチン様式のギリシャ正教会(ロシア正教系)

白河文化交流館「コミネス」

白河城のお膝元にある、白河の芸術文化の拠点。音楽主目的の大ホールや多目的の小ホールがあり、コンサートやショーなどの公演や、さまざまなイベントが行なわれる。

雪割橋

真っ赤に染まる渓谷はまるで日本画のよう
雪割橋は西の郷遊歩道(下記)の入口に架かるアーチ状の橋。谷底まで50mもあり、見下ろせば秋色の渓谷が一望できる。撮影スポットとしても人気。雪割橋と紅葉の競演を見るなら西の郷遊歩道の展望台へ。

by pixta

見ごろは10月下旬〜11月上旬。朝日を浴びた紅葉の雪割橋も格別

西の郷遊歩道

滝をめぐり歩く心地よい遊歩道
清流に沿って整備された遊歩道は全長3.2km。途中に「熊のすべり台」や「おろちが滝」など大小さまざまな滝や珍しい形の岩が現れ、豊かな自然を体いっぱいに感じることができる。

コースの中でいちばん大きな滝「熊のすべり台」

白河関の森公園

自然環境を生かした広大な公園
芭蕉が句を詠んだ白河の関に隣接する公園。白河地方の直家造りの茅葺き民家を移築した「ふるさとの家」やそば打ちができる水車小屋など、昔をしのぶ施設が見学できる。

散策するのにおすすめ

藤駒本店

白河一の老舗そば処の味を堪能
創業から200余年続くそば店。気候の厳しさや水の冷たさに加え、挽きたて、打ちたて、茹でたての「三たて」のそばが味わえる。おすすめは、そばと茶そばの合盛割子そば1450円。

生そば3枚、茶そば3枚に6種の薬味が付いた豪華版

えきかふぇ SHIRAKAWA

駅舎内にあるレトロなカフェ
駅舎の雰囲気に合わせた内装で落ち着いて過ごせる。ケーキや料理に使う食材はなるべく白河産のものにこだわり、店内で手作りしている。白河ブランドの商品を販売するコーナーもある。

安らげる空間で、地元の人たちも多く訪れる

JR白河駅舎

ステンドグラスを施したレトロな駅舎
大正10(1921)年に建てられた、木造平屋建て洋風建築の駅舎。赤瓦と木製の白壁を基調とする外観はひときわ目をひく。駅舎内には明かり窓としてステンドグラスが施されている。ホームもレトロで風情がある。

三角の屋根が印象的な外観

菓子舗 玉家

藩主御用達の味を受け継ぐ
文久3(1863)年創業、藩主御用達の菓子舗。店内にはおみやげにも最適な上品な和菓子が並ぶ。北海道産の小豆で甘さひかえめに作り上げた、自家製のあんを使用した和菓子が好評。

最中は、つぶしあんとごま入りこしあんの2種類

旅ネタ!

円谷監督の出身地・須賀川にウルトラヒーローが大集合
国籍や世代を超えた人気を誇るウルトラマン。その生みの親であり、特撮の神さまとも呼ばれる円谷英二監督は須賀川出身。2013年にウルトラマンの故郷「M78星雲 光の国」と姉妹都市になった須賀川では、街なかや駅の至るところでウルトラヒーローや怪獣に会うことができる。なかでも街のメインストリートである松明通りには、思わず写真を撮りたくなるモニュメントが続々と登場中。今にも動き出しそうな雄姿を、思い出の一枚に残してみよう。

0248-94-6550(須賀川観光協会) 
須賀川市駅前通、松明通り

筆者:mapple

まっぷる福島 会津・磐梯’19

発売日:2018年02月14日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる福島 会津・磐梯’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×