>  >  >  >  >  > 

【白河ラーメン】食べ比べ!手打ち麺を使った正統派!

まっぷるマガジン

更新日:2018年9月8日

この記事をシェアしよう!

【白河ラーメン】食べ比べ!手打ち麺を使った正統派!

鶏ガラとんこつスープと、旨みいっぱいのチャーシューが特徴の白河ラーメン。市内には多くのラーメン店が点在し、腕を競い合う。各店自慢の味を食べに行こう。

白河ラーメンとは?

市内には約100軒のラーメン店がひしめき合う。幅の広い手揉み縮れ麺と鶏ガラとんこつスープ、炭で燻した縁の赤いチャーシューが特徴。

とら食堂

現在の“白河ラーメン”を確立した名店
手打ちの中太麺に、豚ガラと鶏ガラでとったスープを注ぐ。トッピングは、炭火で焼いてから煮るチャーシュー。シンプルながら温かくしみ入るような味わいは、発祥の店ならでは。

とら食堂

白河市郊外の店には全国から客が訪れる

とら食堂

手打中華 680円
食材はすべて天然ものにこだわり、スープは毎朝仕込む。職人による手打ち麺と相性抜群

✔麺
少し太めの縮れ平麺を使用。手で揉むことで縮れをつけ、スープとよくからむようにする

✔スープ
豚ガラと数種の地鶏でとったあっさりスープが基本

✔具材
白河ラーメンといえばやはり炭で燻した縁の赤いチャーシューだ

とら食堂

住所
福島県白河市双石滝ノ尻1
交通
JR東北本線白河駅からタクシーで15分
料金
手打ち中華=680円/ワンタンメン=840円/チャーシューメン=910円/つけめん=700円/

すずき食堂

手作りを重視する職人魂の賜物
麺はもちろん、ワンタンの皮も手作り。とんこつと鶏ガラでとったスープに、熟成したチャーシューのたれがコクを加える。そこに農家から直送されてきた野菜や卵をトッピング。

すずき食堂

国道289号沿いにあり好アクセス

すずき食堂

手打ワンタンメン 1200円
チャーシューの煮汁を加えることで、スープにコクを出す。醤油の香りも絶妙

すずき食堂

住所
福島県白河市瀬戸原4-9
交通
JR東北新幹線新白河駅からタクシーで7分
料金
手打中華=700円/手打ワンタンメン=1200円/手打チャーシューメン=1050円/手打冷し中華(7~9月のみ)=900円/

田中屋

ワンタンメンが名物の人気店
手打ちの麺はコシがあり、小麦の旨みを感じられる。スープはやや濃いめの醤油味で、しょうがが隠し味に。ワンタンには、透き通るように薄くやわらかい自家製の皮を使う。

田中屋

アットホームな雰囲気も人気

田中屋

ワンタンメン 750円
スープがしっかりからむ手打ちの縮れ麺がうれしい。チャーシューやメンマも自家製だ

田中屋

住所
福島県白河市番士小路7-1
交通
JR東北本線白河駅から徒歩7分
料金
ラーメン=600円/チャーシューメン=850円/ワンタンメン=750円/ワンタン=700円/

火風鼎

極上チャーシューは福島産豚もも肉
おすすめは、主人みずから「究極」と名付けたチャーシューメン。福島産の豚もも肉を炭火で炙ったチャーシューと、コシのある麺、スープのハーモニーを堪能したい。

火風鼎

南湖公園にほど近い国道沿いに建つ

火風鼎

究極のチャーシューメン 950円
余分な脂を取り除いたあっさりチャーシューが好評。煮汁はスープにも加えられている

火風鼎

住所
福島県白河市鬼越44-16
交通
JR東北新幹線新白河駅からJRバス関東棚倉行きで10分、南湖公園下車、徒歩3分
料金
究極のチャーシューメン=1026円/まぼろしの塩=702円/ねぎみそラーメン=810円/ワンタンメン=756円/冷やし中華(夏期のみ)=864円/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください