>  >  >  >  > 

県名の由来とされる埼玉古墳群! さきたま古墳公園へ行こう

まっぷるマガジン

更新日:2020年6月18日

この記事をシェアしよう!

県名の由来とされる埼玉古墳群! さきたま古墳公園へ行こう

埼玉県行田市の市街地から南東1kmにある、全国に名をはせる古墳群。
現在は8基の前方後円墳と1基の大型円墳が残っています。
花の名所としても知られており、とくに桜の時期は見ごたえがあります。
公園内を散策して、古墳時代へのタイムスリップ気分を味わってみてはいかがでしょう。

さきたま古墳公園について

9つの大型古墳が集まる埼玉古墳群を見学でき、散策を楽しめるように整備された歴史公園。約37haある古墳公園内には、「稲荷山古墳」や「丸墓山古墳」などが点在している。敷地内にはさきたま史跡の博物館もあり、国宝展示室が併設されている。

さきたま古墳公園について

埼玉県名発祥の碑がある

おもな古墳はこれ

稲荷山古墳

「金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)」が出土したことにより、教科書にも登場する前方後円墳。墳丘まで行けるので登ってみよう。

稲荷山古墳

丸墓山古墳

直径105mの日本最大級の円墳。忍城攻めを指揮した豊臣方の総大将・石田三成が陣を張ったといわれている。墳丘まで登ることができ、春は桜の名所として賑わう。

丸墓山古墳

二子山古墳

長さ約132mあり、埼玉古墳群のなかでも最大の前方後円墳。墳丘は二重の堀に囲まれそれを含めた南北の長さは240mになる。墳丘には登れない。

二子山古墳

公園内にある博物館へ

埼玉県立 さきたま史跡の博物館

国宝や貴重な文化財は必見!

5世紀後半の前方後円墳稲荷山古墳から出土した国宝や貴重な文化財を保存し、公開している博物館。

埼玉県立 さきたま史跡の博物館

国宝金錯銘鉄剣が展示された国宝展示室

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください