トップ > 見どころ・レジャー > スポーツ施設 > スタジアム・スポーツ施設 > スタジアム

スタジアム

日本のおすすめのスタジアムスポット

日本のおすすめのスタジアムスポットをご紹介します。Jリーグ「川崎フロンターレ」のホームグラウンド「等々力陸上競技場」、クラブの歴史を支えてきた聖地「パロマ瑞穂スタジアム」、秋田杉使用の木造ドームで様々なスポーツイベントに使用される「ニプロハチ公ドーム」など情報満載。

日本のおすすめのスタジアムスポット

  • スポット:47 件
  • 記事:7 件

21~40 件を表示 / 全 47 件

等々力陸上競技場

Jリーグ「川崎フロンターレ」のホームグラウンド

等々力緑地内にある、Jリーグチーム「川崎フロンターレ」のホームグラウンド。収容人数は2万8000人程度。等々力緑地内にはこのほかにも多数の運動施設がある。

等々力陸上競技場
等々力陸上競技場

等々力陸上競技場

住所
神奈川県川崎市中原区等々力1-1
交通
JR南武線武蔵小杉駅から東急バス溝ノ口駅行きで8分、市営等々力グランド入口下車、徒歩5分
料金
利用料(個人)=大人200円、13歳以上18歳未満(高校生含む)100円/

パロマ瑞穂スタジアム

クラブの歴史を支えてきた聖地

約2万人を収容。クラブの発足以来、数々の名勝負が行われてきた名古屋の聖地。「愛・地球博」で使用された大型スクリーンで迫力ある観戦を楽しめる。レトロな外観が印象的。

パロマ瑞穂スタジアム

パロマ瑞穂スタジアム

住所
愛知県名古屋市瑞穂区山下通5丁目1
交通
地下鉄瑞穂運動場東駅から徒歩5分
料金
イベントにより異なる

ニプロハチ公ドーム

秋田杉使用の木造ドームで様々なスポーツイベントに使用される

秋田杉を使った珍しい木造ドームで、林業が盛んな大館らしい施設。ドーム内は、野球をはじめ様々なスポーツイベント施設として利用されている。

ニプロハチ公ドーム
ニプロハチ公ドーム

ニプロハチ公ドーム

住所
秋田県大館市上代野稲荷台1-1
交通
JR奥羽本線大館駅から秋北バス小坂行きで20分、大館樹海ドーム前下車すぐ
料金
施設見学料=大人150円、高校生以下100円/アリーナ利用料(1団体、1時間)=大人3080円~、高校生以下1020円~/照明利用料(1時間)=4000円~/

サンガスタジアム by Kyocera

ヤマハスタジアム(磐田)

収容人数は約1万6000人

ジュビロ磐田のホームスタジアムであり、ラグビーのヤマハ発動機ジュビロの本拠地でもある。ピッチからスタンドが近く、選手の表情がわかりやすい。スタジアムグルメも充実している。

ヤマハスタジアム(磐田)

住所
静岡県磐田市新貝2500
交通
JR東海道本線磐田駅から遠鉄バス城之崎経由ヤマハ・スズキ行きで10分、ヤマハ発動機下車、徒歩5分
料金
イベントにより異なる

阪神甲子園球場

数々の名試合を生んだ球場

大正13(1924)年に完成。プロ野球阪神タイガースの本拠地で春・夏の高校野球や甲子園ボウル、ライブやコンサートなどの舞台ともなっている。

阪神甲子園球場
阪神甲子園球場

阪神甲子園球場

住所
兵庫県西宮市甲子園町1-82
交通
阪神本線甲子園駅からすぐ
料金
アイビーシート=4500~5300円/ブリーズシート=4500円~5300円/1塁3塁アルプス席=大人2400~3100円、小人(4歳~中学生)900~1300円/ライト外野席、レフト外野席=大人1600~2400円、小人(4歳~中学生)600~800円/ (試合毎に料金が異なる(4段階の料金カテゴリーあり))

茨城県立カシマサッカースタジアム

鹿島アントラーズのホームスタジアム

日本初の本格的サッカー専用スタジアムとして平成5(1993)年に完成した。Jリーグ・鹿島アントラーズのホームスタジアムとして知られる。カシマサッカーミュージアムも併設している。

茨城県立カシマサッカースタジアム
茨城県立カシマサッカースタジアム

茨城県立カシマサッカースタジアム

住所
茨城県鹿嶋市神向寺後山26-2
交通
JR鹿島線鹿島神宮駅からタクシーで10分(試合日はJR鹿島サッカースタジアム駅からすぐ)
料金
一般見学=無料/カシマサッカーミュージアム=大人300円、小・中学生100円/

エディオンスタジアム広島

広島広域公園内にある、サンフレッチェ広島のホームグラウンド

広島広域公園内にある地元のプロサッカーチーム、サンフレッチェ広島のホームグラウンド。収容人数は約5万人。園内にはテニスコートや球技場などもある。

エディオンスタジアム広島

エディオンスタジアム広島

住所
広島県広島市安佐南区大塚西5丁目1-1
交通
アストラムライン広域公園前駅から徒歩10分
料金
試合・施設により異なる (高齢者割引あり、障がい者無料)

エコパスタジアム

県下最大の多目的競技場

5万人あまりの収容力と充実した設備を誇る県下最大の多目的競技場。スポーツや音楽、文化などのさまざまなイベントの舞台として利用。可動席を除く観客席に屋根がある。

エコパスタジアム
エコパスタジアム

エコパスタジアム

住所
静岡県袋井市愛野2300-1小笠山総合運動公園内
交通
JR東海道本線愛野駅から徒歩15分
料金
イベントにより異なる (70歳以上はトレーニングルームおよび陸上個人利用料無料)

安芸市営球場(安芸タイガース球場)

50年以上阪神を支えてきたタイガースタウン

阪神タイガースが昭和40(1965)年から春期・秋期のキャンプ地として長年利用してきており、キャンプ期間中には県内外からたくさんのファンが訪れている。

安芸市営球場(安芸タイガース球場)

住所
高知県安芸市桜ヶ丘町
交通
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線球場前駅からすぐ
料金
イベント・施設により異なる

NDソフトスタジアム山形

サッカーと自然が一体化するスタジアム

モンテディオ山形のホームスタジアム。約2万人を収容する、通称“んだスタ”。周囲を山に囲まれた自然を感じられるスタジアムで、席からの眺望が評判。

NDソフトスタジアム山形

住所
山形県天童市山王1-1
交通
JR奥羽本線天童南駅から徒歩20分
料金
イベントにより異なる

ニッパツ三ツ沢球技場

Jリーグや高校サッカーで利用される競技場

昭和30(1955)年に国民体育大会のラグビー会場として建設された競技場。その後、昭和39(1964)年の東京オリンピックのサッカー会場として使用されたほか、現在では、サッカーJリーグや全国高校サッカー選手権の会場として使用されている。

ニッパツ三ツ沢球技場

ニッパツ三ツ沢球技場

住所
神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1
交通
地下鉄三ツ沢上町駅から徒歩15分
料金
イベントにより異なる

FC東京小平グランド

FC東京の練習グランド。サポーター専用の見学エリアがある

連日たくさんのファンやサポーターが詰めかけるFC東京の練習グランド。ファン、サポーター専用の練習見学エリアがあり、臨場感たっぷりのプレーや選手たちとの触れ合いが楽しめる。

FC東京小平グランド

住所
東京都小平市大沼町3丁目14-1
交通
西武新宿線花小金井駅から西武バス21系統錦城高校・東久留米駅西口行きで5分、錦城高校前下車すぐ
料金
無料

デンカビッグスワンスタジアム

地元サッカーチームの本拠地

アルビレックス新潟のホームグラウンド。地上5階、建築面積36700(延床面積88420)平方メートル、約4万2300席の巨大スタジアムで、臨場感を高めるためスタンドは2層式。

デンカビッグスワンスタジアム
デンカビッグスワンスタジアム

デンカビッグスワンスタジアム

住所
新潟県新潟市中央区清五郎67-12
交通
JR新潟駅から新潟交通新潟市民病院行きバスで14分、ビッグスワン前下車すぐ(試合開催日はシャトルバス運行)
料金
見学料=無料/陸上トラック利用=一般200円、高校生以下100円/ (各種施設使用料別、要問合せ)

万博記念競技場

大阪空港から直通の古き良きスタジアム

400m×8コースのトラックを備えた、日本陸上競技連盟第1種公認陸上競技場。1人1回100円でトラックの利用ができ、本格的な練習が可能だ。

万博記念競技場

住所
大阪府吹田市千里万博公園5-2
交通
大阪モノレール彩都線公園東口駅からすぐ
料金
要問合せ

埼玉スタジアム2002

数々の国際試合を行った伝説のフィールド

観客席を6万3700席有する日本最大のサッカー専用スタジアム。平成14(2002)年の日韓W杯準決勝の地であり、浦和レッズのホームスタジアム。

埼玉スタジアム2002
埼玉スタジアム2002

埼玉スタジアム2002

住所
埼玉県さいたま市緑区美園2丁目1
交通
埼玉高速鉄道浦和美園駅から徒歩15分
料金
スタジアム見学ツアー=大人600円、小学生300円、未就学児無料/

松山中央公園野球場

坊っちゃんスタジアムの愛称で知られる野球場

JR市坪駅近くにある松山中央公園の中核施設となるメイン野球場。両翼99.1m、中堅122mで、ナイター設備と3万人を収容するスタンドをもつ。プロ野球の公式戦も行われる。

松山中央公園野球場
松山中央公園野球場

松山中央公園野球場

住所
愛媛県松山市市坪西町625-1
交通
JR予讃線市坪駅からすぐ
料金
イベントにより異なる

宜野座村野球場

阪神タイガースに球春を告げるスタジアム

平成15(2003)年から阪神タイガースの春季キャンプ場になっている。練習試合はもちろん、オープン戦も開催され、毎年多くの阪神ファンがつめかけ、賑わいを見せている。

宜野座村野球場
宜野座村野球場

宜野座村野球場

住所
沖縄県国頭郡宜野座村宜野座188
交通
沖縄自動車道宜野座ICから国道329号を宜野座方面へ車で1km
料金
入場料=イベント・施設により異なる/

札幌ドーム

北海道最大、日本最北のドーム

日本最北の全天候型ドーム。ドームの壁を開閉し、屋外のオープンアリーナから重さ8300トンの天然芝サッカーグラウンドを空気圧で浮かせながら移動する、世界初のサッカー場移動方式「ホヴァリングシステム」を導入。サッカーと野球、2つのプロチームの本拠地となっている世界で唯一のスタジアムでもある。地上53mの展望台から街並を一望でき、ドームツアーでは館内の裏側も見学できる。

札幌ドーム
札幌ドーム

札幌ドーム

住所
北海道札幌市豊平区羊ケ丘1
交通
地下鉄福住駅から徒歩10分
料金
イベント・施設により異なる

サンプロ アルウィン

アルプスの風がJ1昇格を後押し

長野県松本平広域公園内にある球技場。雄大な日本アルプスを望むことから“アルウィン(アルプス+ウィンド)”の愛称で親しまれている。掘込式で見やすいピッチが特徴。

サンプロ アルウィン

住所
長野県松本市神林5300
交通
JR篠ノ井線松本駅からすぐの松本バスターミナルからアルピコ交通信州まつもと空港方面行きバスで25分、上二子口下車、徒歩20分
料金
イベントにより異なる

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください