「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  >  >  >  >  一度は見に行きたい!【東京&全国】2019年秋冬におすすめの美術館企画展・特別展20選

一度は見に行きたい!【東京&全国】2019年秋冬におすすめの美術館企画展・特別展20選

目次

  • ピカソ展―ゲルニカ(タピスリ)をめぐって(群馬県立館林美術館)
  • カルティエ、時の結晶(国立新美術館)
  • コートールド美術館展 魅惑の印象派(東京都美術館)
  • 日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史(国立西洋美術館 )
  • ゴッホ展(上野の森美術館)
  • 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展(Bunkamura ザ・ミュージアム)
  • 横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち(横浜美術館)
  • lab.4 Space Syntax(金沢21世紀美術館)
  • カラヴァッジョ展(名古屋市美術館)
  • ZENGA 白隠と仙厓展(佐川美術館)
  • 仏像 中国・日本(大阪市立美術館)
  • ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道(国立国際美術館)
  • ラファエル前派の軌跡展(あべのハルカス美術館)
  • インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史(広島市現代美術館)
  • 開館20周年記念展 アジア美術、100年の旅(福岡アジア美術館)
  • 奇蹟の芸術都市 バルセロナ展 ―ガウディからピカソ、ミロ、ダリまで―(札幌芸術の森美術館)
  • ストラスブール美術館展(宮城県美術館)
  • バスキア展 メイド・イン・ジャパン(森アーツセンターギャラリー)
  • PIXAR(ピクサー)のひみつ展 いのちを生みだすサイエンス(新潟県立近代美術館)
  • 乙女のデザイン 大正イマジュリィの世界(新潟県立万代島美術館)
  • 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア展(愛媛県美術館)

開館20周年記念展 アジア美術、100年の旅(福岡アジア美術館)

開館20周年記念展 アジア美術、100年の旅(福岡アジア美術館)

アジア美術の100年をたどる

1999年、福岡アジア美術館は、アジアの近現代美術を専門的に紹介する世界に唯一の美術館として開館しました。その開館20周年を記念しアジア美術の100年間をたどります。
第一部では「東アジア」「東南アジア」「南アジア」の重要な近現代美術にくわえ、ローカルな文脈で生まれた民俗芸術、路上で花咲いた大衆芸術など、当館以外ではまとめて見ることのできない幅広い作品、約350点を一挙公開。
第二部「アジアのなかの福岡」では、当館の滞在制作事業によって福岡で生み出されたアジアの作家たちによる選りすぐりの作品を紹介します。

【会場】福岡アジア美術館
【会期】2019年10月5日(土)~11月26日(火)
【休館日】水曜(祝日の場合は翌平日休)
【観覧料】一般 1,000円、高大生 800円、中学生以下 無料
【企画展HP】開館20周年記念展 アジア美術、100年の旅

【住所】福岡県福岡市博多区下川端町3-1 7・8F
【アクセス】地下鉄中洲川端駅からすぐ

福岡アジア美術館

住所
福岡県福岡市博多区下川端町3-1
交通
地下鉄中洲川端駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~19:30(閉館20:00)
休業日
水曜、祝日の場合は翌平日休企画により開館の場合あり、12月26日~翌1月1日休

奇蹟の芸術都市 バルセロナ展 ―ガウディからピカソ、ミロ、ダリまで―(札幌芸術の森美術館)

奇蹟の芸術都市 バルセロナ展 ―ガウディからピカソ、ミロ、ダリまで―(札幌芸術の森美術館)
フランセスク・マスリエラ《1882年の冬》 1882年 油彩/カンヴァス カタルーニャ美術館蔵
© Museu Nacional d’Art de Catalunya, Barcelona (2019)

カタルーニャに咲いた芸術の精華

スペイン、カタルーニャ自治州の州都バルセロナは、古代に遡る豊かな歴史と、19世紀に産業革命を経験したことによる経済的・文化的な先進性をあわせ持つ世界有数の国際都市。芸術、グルメ、スポーツなど、今もなお、あらゆる面で世界中の人々を魅了してやみません。
その景観をかたちづくった偉大な建築家ガウディ、ムンタネー、カダファルクをはじめ、ルシニョル、カザス、ピカソ、ミロ、ダリらによる絵画、彫刻、家具、宝飾品、図面、映像資料、写真など約150点を展示。当時のカタルーニャに花開き、咲き誇った芸術の精華を紹介します。

【会場】札幌芸術の森
【会期】2019年9月14日(土)~11月4日(月)
【休館日】会期中無休
【観覧料】一般 1,300円、高校・大学生 800円、小・中学生 500円
【企画展HP】奇蹟の芸術都市 バルセロナ展
【同時期開催の企画展・特別展】
・2019年11月9日(土)~12月25日(水)
「芸術の森クリスマスアート展2019 わたしのクリスマス」札幌芸術の森工芸館
・2019年11月19日(火)~2020年1月13日(月・祝)
「タグチ・アートコレクション 球体のパレット」札幌芸術の森美術館

【住所】札幌市南区芸術の森2丁目75番地
【アクセス】地下鉄真駒内駅から北海道中央バス芸術の森センター行きで15分、終点下車すぐ

札幌芸術の森

住所
北海道札幌市南区芸術の森2丁目75
交通
地下鉄真駒内駅から北海道中央バス芸術の森センター行きで15分、終点下車すぐ
営業期間
通年(野外美術館は4月29日~11月3日)
営業時間
9:45~17:00(6~8月は~17:30)
休業日
無休、11月4日~翌4月28日は月曜、祝日の場合は翌日休年末年始休

ストラスブール美術館展(宮城県美術館)

ストラスブール美術館展(宮城県美術館)
クロード・モネ《ひなげしの咲く麦畑》1890年頃
©Musée d’Art Moderne et Contemporain de Strasbourg. Photo Musées de Strasbourg

ヨーロッパの十字路、ストラスブールに集った名品をめぐる

ドイツ国境に近いフランス北東部アルザス地方の中心地ストラスブールは、10館にも及ぶ美術館、博物館を擁し、多岐にわたる優れたコレクションを所蔵しています。
モネ、シスレーなどの印象派の画家たちが描いた風景。ゴーギャンやシニャックといった印象派以降の画家たちの色彩とタッチの変化。ロダン、カリエール、そしてローランサン、ピカソといった画家たちの個性豊かな表現。そして、キュビスム、抽象、シュルレアリスムなど、印象派からモダンアートへの展開をさまざまな視点で紹介しています。

【会場】宮城県美術館
【会期】2019年9月13日(金)~11月4日(月・振休)
【休館日】月曜(祝日の場合は翌日休)
【観覧料】一般 1,500円、学生 1,300円、小中高生 750円
【企画展HP】ストラスブール美術館展
※この展覧会は11月12日(火)~2020年1月26日(日)姫路市立美術館に巡回します。

【住所】宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
【アクセス】地下鉄国際センター駅から徒歩7分

宮城県美術館

住所
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
交通
地下鉄国際センター駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
9:30~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休12~翌1月は臨時休あり、年末年始休

バスキア展 メイド・イン・ジャパン(森アーツセンターギャラリー)

バスキア展 メイド・イン・ジャパン(森アーツセンターギャラリー)
Artwork © Estate of Jean-Michel Basquiat. Licensed by Artestar, New York

20世紀美術最大の巨匠、バスキア

1980年代のアートシーンに、彗星のごとく現れたジャン=ミシェル・バスキア。
わずか10年の活動期間に、新たな具象表現的な要素を採り入れた3,000点を超すドローイングと1,000点以上の絵画作品を残しました。その作品は、非常に強烈なエネルギーであふれているだけでなく、20世紀のモダニズム美術の流れを踏まえ、ジャズやヒップホップ、アフリカの民俗や人種問題などの主題を扱っています。
本展は、世界各地から集めた約130点の絵画やオブジェ、ドローイングなどで構成された、日本オリジナルで、日本初となる本格的な展覧会です。

【会場】森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
【会期】2019年9月21日(土)~11月17日(日)
【休館日】会期中無休
【観覧料】一般 2,100円、高校・大学生 1,600円、小・中学生 1,100円
【企画展HP】www/basquiat.tokyo

【住所】東京都港区六本木6丁目10-1
【アクセス】東京メトロ 日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩3分(コンコースにて直結)

森アーツセンターギャラリー

住所
東京都港区六本木6丁目10-1
交通
地下鉄六本木駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
企画展により異なる
休業日
不定休

PIXAR(ピクサー)のひみつ展 いのちを生みだすサイエンス(新潟県立近代美術館)

PIXAR(ピクサー)のひみつ展 いのちを生みだすサイエンス(新潟県立近代美術館)
「PIXAR のひみつ展」はボストンサイエンスミュージアムがPIXAR との協力により開発したものです。
© Disney / Pixar. All Rights Reserved. Used Under Authorization.

のぞいてごらん。PIXARのひみつ

PIXARのキャラクターたちの動きや表情は、どのように作られているのでしょうか? 「PIXARのひみつ展」では、『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』などの人気キャラクターを使って、アニメーションの制作過程を実際に体験しながら、その魅力を解き明かしていきます。
そしてピクサーアニメーションを支えるのは科学。実際のアニメーション制作のカギとなる8つの工程を、実際に手を動かして体験できます。
2015年にボストンサイエンスミュージアムで初めて開催されて以来、北米で150万人以上を動員した画期的な展覧会です。

【会場】新潟県立近代美術館
【会期】開催中~11月24日(日)
【休館日】11月5日(火)、11月11日(月)、11月18日(月)
【観覧料】大人 1,500円、大・高生 1,300円、中学生以下 無料
【企画展HP】PIXAR(ピクサー)のひみつ展

【住所】新潟県長岡市千秋3丁目278-14
【アクセス】JR上越新幹線長岡駅から越後交通環状線「くるりん」内回りで15分、県立近代美術館下車すぐ

新潟県立近代美術館

住所
新潟県長岡市千秋3丁目278-14
交通
JR上越新幹線長岡駅から越後交通中央循環バス内回りで15分、県立近代美術館下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休点検期間休、展示替え期間休、臨時休あり、12月29日~翌1月3日休

乙女のデザイン 大正イマジュリィの世界(新潟県立万代島美術館)

乙女のデザイン 大正イマジュリィの世界(新潟県立万代島美術館)

大正、昭和初期の美しい出版文化に触れる

大衆文化が盛んになり、印刷技術が進歩した大正時代。美しい装幀の書籍や、街で目にする華やかなポスターなど、人々は様々な図像を身近に楽しむようになりました。「夢二式」と呼ばれる女性像で人気を集めた竹久夢二や、日本の商業デザイナーの草分けともいえる杉浦非水が登場したのもこの時期です。この時代の書籍、挿絵、ポスター、絵はがき等の印刷物や版画を「大正イマジュリィ」と総称し、モダンでかわいいデザインの数々により、日本のグラフィックデザイン史の出発点をふり返ります。

【会場】新潟県立万代島美術館
【開催期間】2019年10月5日(土) ~11月24日(日)
【休館日】11月11日(月)
【観覧料】一般 1,100円、大学・高校生 900円、中学生以下 無料
【企画展HP】乙女のデザイン 大正イマジュリィの世界

【住所】新潟市中央区万代島5-1 朱鷺メッセ内 万代島ビル5階
【アクセス】JR新潟駅から新潟交通バス佐渡汽船線で15分、朱鷺メッセ下車すぐ

新潟県立万代島美術館

住所
新潟県新潟市中央区万代島5-1
交通
JR新潟駅から新潟交通観光循環バス朱鷺メッセ先回りで15分、朱鷺メッセ下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00、観覧券販売は~17:30
休業日
展覧会による臨時休あり、展示替え期間休、年末年始休

国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア展(愛媛県美術館)

国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア展(愛媛県美術館)
イワン・イワーノヴィチ・シーシキン《雨の樫林》1891年 ⒸThe State Tretyakov Gallery

ロシア的ロマンに思いを馳せる

長い厳しい冬、雪解けの春、美しくも短い夏、そして黄金色の秋。広大なロシア固有の自然は画家たちのインスピレーションの源であり続けてきました。
本展では、ロシア美術の殿堂・国立トレチャコフ美術館のコレクションより、帝政が破綻に向かい革命を迎える激動のロシアで19世紀後半から20世紀初頭に活躍した、クラムスコイやシーシキン、レヴィタン、レーピンなどの作品72点を4章の構成で紹介します。
ロシア的なロマンに思いを馳せながら、近くて遠い彼の国の自然、風土、文化、人物の感動的な美しさに触れられる稀有な展覧会です。

【会場】愛媛県美術館
【会期】2019年9月7日(土)~11月4日(月・祝)
【休館日】月曜(祝日・第1月曜の場合は翌平日休)
【観覧料】一般 1,400円、高大生 900円、小中生600円、65歳以上 1,300円
【企画展HP】国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア展
【同時期開催の企画展】
2019年9月14日~11月10日「長くつ下のピッピの世界展」
2019年11月16日~2020年1月19日「高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展」

【住所】愛媛県松山市堀之内
【アクセス】JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで7分、南堀端下車、徒歩3分

愛媛県美術館

住所
愛媛県松山市堀之内
交通
JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで7分、南堀端下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:40~17:30(閉館18:00)
休業日
月曜、祝日・第1月曜の場合は翌平日休12月29日~翌1月3日休
筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×