「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  旅のプロが選ぶ!【最新】全国の人気温泉地ランキング20 おすすめ宿もご紹介

旅のプロが選ぶ!【最新】全国の人気温泉地ランキング20 おすすめ宿もご紹介

目次

  • まずはここから! 20位~11位
  • 有名温泉地が続々ランクイン! 10位~4位
  • 栄えあるベスト3は? 3位~1位
  • 最後に 都道府県別のランクイン数は?

2位 別府八湯【大分県】

2位 別府八湯【大分県】

おんせん県を名乗る屈指の温泉地

源泉数世界一、湧出量日本一という、日本を代表する温泉地。一般に「別府温泉」と呼ばれますが、実は市内に浜脇、別府、亀川、鉄輪、観海寺、堀田、柴石、明礬と8つある温泉地の総称で、「別府八湯」とも呼ばれます。
見晴らしがよく白濁した明礬温泉は特に人気。鉄輪温泉では町全体からもうもうと湯けむりが上がり圧巻です。
温泉として日本で唯一ミシュランに掲載された「ひょうたん温泉」は、深夜1時まで1日何度でも出入り自由。お寺か旅館と見まごう共同浴場「竹瓦温泉」は歴史が古く、高天井の温泉は一見の価値があります。
ご当地の食は城下カレイ、関サバ、ふぐ、鳥天。温泉の蒸気でつくった地獄蒸しプリンも人気です。

★温泉地の詳細情報
【源泉数】2000
【源泉地の泉質データ】
・泉質名 単純温泉
・泉温 42度ほか
・PHの度合い
・湯の色 無色透明
・湯のにおい 源泉により異なる
(データは別府温泉郷)

★みどころ
・別府地獄めぐり
・別府タワー
・高崎山(猿山)
・うみたまご

【おすすめの温泉宿!】旅亭 松葉屋

【おすすめの温泉宿!】旅亭 松葉屋

多彩な風呂と眺望が自慢のおこもり宿

「丘ノ想」と「月ノ想」の二つの棟からなる趣のある宿で、月ノ想の客室には全てに展望風呂がついています。敷地内には全部で六つの浴場があり、宿泊者はどの浴場でも自由に入浴できます。

旅亭 松葉屋

住所
大分県別府市観海寺3
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バススギノイパレス行きで15分、観海寺橋下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト11:00
休業日
無休

1位 草津温泉【群馬県】

1位 草津温泉【群馬県】

「にっぽんの温泉100選」16年連続1位!

2018年「にっぽんの温泉100選」の雰囲気、見どころ、泉質部門で1位を占め、「総合1位」を獲得! 2002年から16年連続1位を守る草津は、「日本一の温泉」と言って間違いないでしょう。
自噴泉としては日本一の湧出量で毎分3万2300リットル。ドラム缶に換算すると、なんと1日で23万本分の温泉が湧き出していることになります。この豊富な湯のおかげで草津の温泉宿はどこでも「源泉かけ流し」というぜいたくが味わえるのです。
日本有数の酸性度がある泉質は強力な殺菌作用があるため、地元の人々は昔から草津の湯で傷を治してきたといいます。
湧き出た湯が滝のように流れ落ちる湯畑は、草津温泉のシンボル。揚げまんじゅうや鮎の塩焼きを食べながら木造の宿が連なる滝下通りへと散策し、夜にはライティングされた幻想的な雰囲気を楽しみましょう。宿では群馬の誇る上州牛が満喫できます。

★温泉地の詳細情報
【源泉数】100
【源泉地の泉質データ】
・泉質名 酸性-含硫黄・(ナトリウム)-硫酸塩泉(硫化水素型)
・泉温 45~95度
・PHの度合い 酸性
・湯の色 無色透明
・湯のにおい 硫黄臭

★みどころ
・湯釜
・逢の峰展望所
・熱乃湯

【おすすめの温泉宿!】お宿木の葉

【おすすめの温泉宿!】お宿木の葉

湯量豊富な草津の湯を堪能

2つ源泉を利用し、23種類の湯船と3種類の貸切風呂があるので、宿にいながら草津温泉の湯巡りを楽しめます。夕・朝食とも、季節の食材を使った料理が味わえ、湯上りにはマッサージや酒処などの設備も充実しています。

お宿木の葉

住所
群馬県草津町草津464-214
交通
JR吾妻線長野原草津口駅からJRバス草津温泉行きで25分、終点下車、徒歩20分(終点バス停から送迎あり、定時便)
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト11:00
休業日
不定休

最後に 都道府県別のランクイン数は?

2018年に選ばれた全国の温泉地ベスト20はいかがでしたか?
お気づきかもしれませんが、ランクインするだけでも名誉なトップ20に、複数の温泉地を送り込んだ県が5つあります。

  • 石川県(和倉温泉、山代温泉、山中温泉)
  • 群馬県(草津温泉、伊香保温泉)
  • 岐阜県(下呂温泉、飛騨高山温泉)
  • 兵庫県(有馬温泉、城崎温泉)
  • 大分県(別府八湯、湯布院)

この5県で、ベスト20の半分を占めているのです。

観光客誘致のために「おんせん県」を名乗った大分県と、草津を筆頭に多数の温泉地をもつ群馬県は、「おんせん」のキーワードを巡って競い合った東西の両雄です。
また温泉だけでなく町そのものに歴史的魅力のある下呂と飛騨高山や、関西の人口集中部に近い兵庫県の有馬と城崎も毎年上位に名を連ねる常連といえるでしょう。
前年1か所から3か所にランクインが増えた石川県は、北陸新幹線の開通で訪れやすくなりました。

ベスト20の温泉地なら、どこを選んでも満足すること間違いなし。日ごろ仕事や家事にがんばっている自分をいたわり、大切な人やお世話になった人への感謝に温泉旅を贈るのに最適です。あたたかな湯気と美味しい料理でリフレッシュしましょう。

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  > 
×