彦根・近江八幡のおすすめの自然地形スポット

彦根・近江八幡のおすすめの自然地形スポットをご紹介します。八幡山、霊仙山、日本コバなど情報満載。

八幡山 (ハチマンヤマ) 山頂から商家の町並みを眺める

豊臣秀次が築いた八幡城の城跡が残る。標高271mの山頂へはロープウェイで向かう。山頂には瑞龍寺があり、展望台からは近江八幡の町並みや琵琶湖の景色が一望できる。

八幡山
八幡山
八幡山

八幡山の詳細情報

住所
滋賀県近江八幡市宮内町
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅から近江鉄道バス長命寺行きで6分、大杉町八幡山ロープウェイ口下車、八幡山ロープウェイに乗り換えて4分
営業期間
通年
営業時間
ロープウェイは9:00~16:30(最終入場、時期により異なる)
休業日
ロープウェイは無休
料金
ロープウェイ(往復)=大人880円、小人440円/見学料(瑞龍寺)=300円/

霊仙山 (リョウゼンザン) 360度の大パノラマが広がり、高山植物も見られる

鈴鹿山脈の北端、伊吹山と対峙する位置にある。霊仙山は四方に眺望がひらけ、東に位置する岐阜の山々から西に位置する琵琶湖まで大パノラマを展開。米原市からは3つの登山ルートがある。

霊仙山
霊仙山
霊仙山
霊仙山

霊仙山の詳細情報

住所
滋賀県米原市上丹生
交通
JR東海道本線醒ケ井駅から湖国バス醒ケ井養鱒場行きで15分、終点下車、徒歩3時間
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

日本コバ (ニホンコバ) 山麓の君ケ畑集落は惟喬親王を始祖とする木地師発祥の地

山麓の君ケ畑集落は惟喬親王を始祖とする木地師発祥の地。山名の由来は、日本一の木場(こば)が転じた説と休憩所(コバ)を2回(2本)経て山頂に至るとの説がある。

日本コバ

日本コバの詳細情報

住所
滋賀県東近江市
交通
名神高速道路八日市ICから八風街道を近江グリーンロード方面へ車で15km
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

河内の風穴 (カワチノフウケツ) 大自然の神秘を感じる空間

約55万年前にできたといわれる石灰岩の洞窟で、総延長は約10kmにおよぶ。見学は4層に分かれた入り口の1層のみだが、3階建ての建物がすっぽり入るほどの広い空間はまさに神秘的。

河内の風穴
河内の風穴
河内の風穴
河内の風穴

河内の風穴の詳細情報

住所
滋賀県多賀町河内宮前
交通
名神高速道路彦根ICから国道306号・県道17号を河内方面へ車で12km
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(最終入場、時期により異なる)
休業日
雨天時・積雪時
料金
大人500円、小人300円(30名以上大人400円、小人200円)

多景島 (タケシマ) 琵琶湖のパワースポット

彦根港の西、約6kmに浮かぶ周囲600mの小島。眺める方向で島の形がさまざまに変化することから、多景島と呼ばれている。彦根港から一日に2便の観光船が運航している。

多景島
多景島
多景島

多景島の詳細情報

住所
滋賀県彦根市八坂町
交通
JR琵琶湖線彦根駅から無料シャトルバスで15分、彦根港から多景島行き連絡船で20分、多景島港下船すぐ
営業期間
通年(観光船は3月1日~12月第1日曜)
営業時間
観光船は15:10発
休業日
観光船は期間中荒天時
料金
乗船料(往復)=大人2000円、小人1000円/(入島料含む)
  • 1
  • 2
×