東福寺・伏見稲荷のおすすめのその他和食スポット

東福寺・伏見稲荷のおすすめのその他和食スポットをご紹介します。道八、高澤、京料理 玉家など情報満載。

道八 (ドウハチ) いなりうどんと甘味が好評

伏見稲荷のキツネにちなんだいなりうどんが名物。ほかにも麺料理を種類豊富に揃えている。甘味目当ての客も多く、わらび餅やみつ豆の寒天や小豆も手作りで、やさしい味わい。

道八

道八の詳細情報

住所
京都府京都市伏見区深草祓川町15
交通
JR奈良線稲荷駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
10:30~19:00(閉店)
休業日
金曜、金曜が祝日、毎月1日の場合は前日休
料金
いなりうどん=620円/わらびもち=350円/ぜんざい(冬期のみ)=620円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円

高澤 (タカザワ) ていねいに盛られた美しい京料理

季節の素材を使った京料理を彩りよく盛った、昼の松花堂弁当が人気。お造りや炊き合わせなどが入った弁当に、蒸し物、吸い物が付く。昼、夜とも予約が必要。

高澤
高澤
高澤

高澤の詳細情報

住所
京都府京都市東山区泉涌寺東林町37
交通
JR奈良線東福寺駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
11:30~13:30(L.O.、要予約)、17:00~19:00(L.O.、要予約)
休業日
水曜、祝日の場合は営業(1月1~3日休)
料金
松花堂弁当(昼のみ)=3920円~/懐石料理=7560円~/ビール・日本酒=650円/松花堂懐石=5400円/ 平均予算(昼):4000円, 平均予算(夜):8000円

京料理 玉家 (キョウリョウリ タマヤ) 代々磨いた技で仕上げる繊細かつ洗練された一品を

豊臣秀吉の家老を務めた初代が拝領した伏見稲荷大社門前で2代目が茶店として創業し、現在15代目。江戸時代には、諸国大名が参勤交代や伏見稲荷参拝の際に立ち寄る宿となった。現在は食事処として、予約制の座敷の他、食堂も営業。大名達をもてなした際のお重を元に考案した大名弁当をはじめ、季節の京料理が味わえる。

京料理 玉家
京料理 玉家
京料理 玉家
京料理 玉家

京料理 玉家の詳細情報

住所
京都府京都市伏見区深草稲荷御前町73
交通
JR奈良線稲荷駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
12:00~18:30(最終入店、要予約)
休業日
月4日不定休
料金
贅沢な大名弁当=3600円~/季節の会席料理=8000円~/ 平均予算(昼):3600円, 平均予算(夜):8000円

にしむら亭 (ニシムラテイ) いなりの名物と市内の眺望が山めぐりの疲れた心身をリフレッシュ

幕末の動乱期に稲荷山に創業し、百五十余年の歴史がある茶店。山めぐり中盤の絶好休憩スポットとして参拝客を迎える。店内からは、山の緑を額縁に市内の眺望が美しい。

にしむら亭
にしむら亭

にしむら亭の詳細情報

住所
京都府京都市伏見区稲荷山官有地四ッ辻
交通
JR奈良線稲荷駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:00(L.O.)
休業日
不定休(12月23~31日休)
料金
きつねうどん=700円/いなり寿司=850円/きな粉のソフトクリーム=350円/ひやしあめ=450円/ 平均予算(昼):1200円
×