西陣・北野天満宮のおすすめの観光スポット・体験スポット

西陣・北野天満宮のおすすめの観光スポット・体験スポットをご紹介します。北野天満宮、晴明神社、平野神社など情報満載。

北野天満宮 (キタノテンマングウ) 全国天満宮の総本社

学問の神様、菅原道真公を祀る。全国におよそ1万2000社鎮座する天満宮・天神社の総本社であり、古くより「北野の天神さま」と仰ぎ親しまれている。天暦元(947)年の創建以来、北野を発祥とする天神信仰は全国各地に広まり、学問の神、至誠、芸能、厄除の神として信仰されあがめられてきた。現在では、春には梅苑、秋にはもみじ苑を公開し、全国屈指の景勝地としても有名。

北野天満宮
北野天満宮
北野天満宮
北野天満宮

北野天満宮の詳細情報

住所
京都府京都市上京区馬喰町
交通
JR京都駅から市バス50系統立命館大学前行きで30分、北野天満宮前下車すぐ
営業期間
通年(宝物殿は毎月25日)
営業時間
5:00~18:00(閉門)、10~翌3月は5:30~17:30(閉門)、毎月25日は6:00~21:00(閉門)、宝物殿は9:00~16:00、受付は9:00~17:00
休業日
無休
料金
宝物殿=300円/梅苑=700円/もみじ苑=700円/学業守=1000円/勧学守=700円/学業鉛筆=800円/祈願絵馬(サインペン付)=600円/厄除守=700円/縁結守=700円/(障がい者手帳持参で宝物殿拝観料、梅苑、もみじ苑公開時の入苑料半額)

晴明神社 (セイメイジンジャ) 日本の陰陽道の祖、安倍晴明を祀る

平安時代に6代の天皇に仕えた天文陰陽博士、安倍晴明を祀る。もとは晴明の住居跡といわれ、近くの一条戻橋には、式神を隠していたという話や死者を甦らせたという話など、さまざまな不思議が伝えられている。

晴明神社
晴明神社
晴明神社
晴明神社

晴明神社の詳細情報

住所
京都府京都市上京区堀川通一条上ル晴明町806
交通
JR京都駅から市バス9系統西賀茂車庫前行きで20分、一条戻橋・晴明神社前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉門)
休業日
無休
料金
陰陽守=600円/厄除守=600円/向上守=600円/勝守=600円/

平野神社 (ヒラノジンジャ) 台所の神様、おくどさんを祀る

平安遷都の際に大和から移されたという古社。祭神の久度神は台所のかまどの神様で、京都でかまどを「おくどさん」と呼ぶのはこの名に由来。境内には約60種、約400本の桜があり、春は夜桜や桜祭で賑わう。

平野神社
平野神社
平野神社
平野神社

平野神社の詳細情報

住所
京都府京都市北区平野宮本町1
交通
JR京都駅から市バス205系統金閣寺・北大路バスターミナル行きで30分、衣笠校前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
6:00~17:00(閉門)
休業日
無休
料金
安産御守=1500円/りすのおつげ=500円/合櫻おまもり=500円/

千本釈迦堂(大報恩寺) (センボンシャカドウ ダイホウオンジ) 京都最古の仏像を安置

釈迦如来を本尊とする真言宗の寺で、正式名は大報恩寺。本堂東の宝篋印塔はおかめ塚といい、鎌倉時代に本堂を造営した棟梁の妻おかめの逸話が伝わり、大工の信仰を集めている。

千本釈迦堂(大報恩寺)
千本釈迦堂(大報恩寺)
千本釈迦堂(大報恩寺)
千本釈迦堂(大報恩寺)

千本釈迦堂(大報恩寺)の詳細情報

住所
京都府京都市上京区七本松通今出川上ル溝前町1034
交通
JR京都駅から市バス50系統立命館大学前行きで30分、上七軒下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
境内自由(本堂霊宝館は9:00~16:30、閉館17:00)
休業日
無休
料金
見学料(本堂・霊宝館共通)=大人600円、高・大学生500円、中学生以下400円/福守=500円/御守=500円~/(20名以上の団体は割引あり、障がい者手帳持参で本人100円引)

上七軒花街の町並み (カミシチケンカガイノマチナミ) 京都で最も古い花街

京都最古の花街。室町時代、北野天満宮の一部が焼失し、再建した際に余材で七軒の茶屋を建てたのが始まりという。今日でもお茶屋や雰囲気のある店が立ち並び、花街の風情をかもし出している。

上七軒花街の町並み
上七軒花街の町並み
上七軒花街の町並み
上七軒花街の町並み

上七軒花街の町並みの詳細情報

住所
京都府京都市上京区今出川通七本松西入ル真盛町内一円
交通
JR京都駅から市バス50系統立命館大学前行きで30分、上七軒下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし
×