トップ >  東海・北陸 > 静岡・浜松 > 静岡・奥大井 > 焼津 > 焼津市街 > 

漁港めし!【焼津港のまぐろ・かつお】遠洋漁業の基地で味わう!

くらしたび

更新日:2022年10月14日

この記事をシェアしよう!

漁港めし!【焼津港のまぐろ・かつお】遠洋漁業の基地で味わう!

古くからかつお漁が盛んな焼津港は、まぐろ遠洋漁業の基地としても有名です。
また、隣接する小川港は沿岸漁業中心で、さばは全国有数の水揚げ量を誇ります。
日本最大級の遠洋漁業の基地、焼津港周辺の絶品まぐろグルメが味わえる店をご紹介します!

あわせて、小川港で獲れる新鮮な魚が堪能できる店をさっそくチェックしてみましょう。

【焼津港×まぐろ】まぐろ茶屋

天然みなみまぐろのとろける味わいを堪能

半世紀以上の歴史を持つ、まぐろ専門の卸問屋直営のレストラン。扱うまぐろはすべて目利きの職人が選び抜いた天然物。中トロや大トロの丼で、そのうまみとコスパの高さを実感しよう。

【焼津港×まぐろ】まぐろ茶屋

限定大トロ丼 3650円

目からもおいしさが運ばれる、専門問屋ならではの一杯。本まぐろ以上ともいわれる、天然みなみまぐろの深い甘みがあとを引く

【焼津港×まぐろ】まぐろ茶屋

焼津丼 1800円

みなみまぐろとかつおのコラボ。かつおの水揚げがない場合は地魚に

まぐろ茶屋

住所
静岡県焼津市鰯ケ島136-26うみえーる焼津
交通
JR東海道本線焼津駅から焼津市自主運行バスゆりかもめで10分、アクアスやいづ下車すぐ
料金
茶屋定食=1620円/お刺身定食=1080円/駿河定食=1620円/海鮮丼=1728円/極み中トロ丼=1944円/茶屋丼=1080円/まぐろ松花堂=2160円/まぐろのホホカツ定食=1080円/

【焼津港×まぐろ】食事処 かどや

地元人が足繁く通う、創業七十余年の店

漁港の一角に位置するお店には、新鮮な魚料理を目指して地元の人たちが通う。定食、一品料理ともに充実。まぐろやかつおのへそ(心臓)などの珍味もそろう。

【焼津港×まぐろ】食事処 かどや

海鮮丼 1750円

朝仕入れた新鮮なネタは、味も彩りもバランスが絶品。一枚ずつに厚みがある刺身にも満足!

【焼津港×まぐろ】食事処 かどや

地元の人に愛され、休日には県外からわざわざ足を運ぶ人も多い人気店

食事処 かどや

住所
静岡県焼津市中港3丁目4-31
交通
JR東海道本線焼津駅から徒歩10分
料金
海鮮丼=1500円/とんぼハラモ焼定食=1200円/まぐろへそバター=550円/刺身定食=1100円/

【焼津港×まぐろ】まぐろ山水

トロと赤身の魅力がギュッ! まぐろファン納得の一杯

地魚をメインにした寿司と、まぐろやかつおをふんだんに盛り付けた丼が2枚看板。一口頬ばれば、目利きの確かさと食べごたえが広がる。焼津で獲れた新鮮なあじを使った「あじたたき丼」も評判。【焼津さかなセンター】

【焼津港×まぐろ】まぐろ山水

中トロ・うに・いくら丼 2200円

【焼津港×まぐろ】まぐろ山水

極み大とろ海鮮丼 2200円

赤身や大トロ、ウニ、いくらをはじめ、その日に獲れた地魚を盛り込んだこれぞ海鮮丼の極み!

焼津さかなセンター

焼津で魚を食べる&買うならまずはココ

仲卸業者、鮮魚店、食事処などが50店舗以上集結。プロが利用するような店で買い物ができるとあって、全国から年間約170万人が訪れる。店員の声掛けやパフォーマンスも港町ならではのもの。

焼津さかなセンター

焼津さかなセンター

住所
静岡県焼津市八楠4丁目13-7
交通
JR東海道本線焼津駅からタクシーで12分
料金
店舗により異なる

まぐろ山水

住所
静岡県焼津市八楠4丁目13-7焼津さかなセンター内 1階
交通
JR東海道本線焼津駅からタクシーで12分
料金
大トロ・赤身丼=1600円/まぐろ・かつお丼=1200円/かに・うに・いくら丼=1650円/中とろ丼=1600円/かつお丼=1200円/海鮮丼=1500円/イクラまぐろ丼=1200円/握り寿司=100円~/

さばの水揚げ量全国有数の「小川港」で魚介グルメを堪能するならココ!

【小川港×さば】小川港魚河岸食堂

味と鮮度は折り紙付き! 港で働く人も通う食堂

さば、あじをはじめ沿岸・沖合漁業による魚が揚がる小川港。仲買人たちが運営するこちらには、新鮮な魚介を使ったメニューがズラリ。コスパのよさで、遠方からのファンも多い。

【小川港×さば】小川港魚河岸食堂

さば照焼き丼 800円

甘めのこってりとした味付けで、ご飯がすすむ一杯。骨がないから小さなお子さんにもおすすめ

【小川港×さば】小川港魚河岸食堂

さば天丼 800円

ふわっとした仕上がりのさばに、衣に染みたタレが絶妙にマッチ

小川港魚河岸食堂

住所
静岡県焼津市小川3392-9
交通
JR東海道本線焼津駅からタクシーで10分
料金
駿河定食=1500円/ピリ辛かつお丼=750円/さば照焼丼=750円/中トロ刺身定食=1650円/海鮮丼=1000円/まぐろ中トロ丼=1650円/

焼津港に来たらコレも食べたい!「かつお」

焼津港は江戸時代からかつお漁が盛んで、現在はかつおの水揚げ全国一を誇ります。刺身やたたきはもちろん、特産のかつお節、なまり節も味わいましょう。

【焼津港×かつお】だし専門店 勝男屋

串勝のカツはお肉ではなく鰹を使うのが勝男屋流!

明治創業の鰹節製造元が手掛ける、だし専門店。看板商品である「勝男屋のだし」全7種を販売するとともに、製造元だからできるこだわり抜いた鰹節を使った食事メニューも絶品!【焼津さかなセンター】

【焼津港×かつお】だし専門店 勝男屋

必勝串勝 小串 250円 / 大串 350円

焼津産鰹節の風味を凝縮したかつおチップを衣にまとわせ、鰹のタタキや黒はんぺんのつみれをフライにした串勝。勝負前の1本に!

勝男屋

住所
静岡県焼津市八楠4丁目13-7焼津さかなセンター内
交通
JR東海道本線焼津駅からタクシーで12分
料金
勝男屋汁=194円/だしうどん=410円/勝男屋の佃煮=540円/勝男屋のだし醤油=432円/

東海・北陸の新着記事

地域の推しを全力応援 <中部>

まっぷるの地域応援プロジェクトは、キラリと光る「地域の推し」をまっぷるが勝手に全力応援する企画です。 まっぷる編集者と地域に精通したプロのライターが、推しエリアを見つけて取材し、まっぷるマガジン...

浜松のモーニングスポット7選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は浜松で人気のモーニングスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に...

愛知県知多市で自然と歴史にふれる旅をしよう!岡田・新舞子・佐布里の定番から穴場スポットまでをばっちりナビゲート

名古屋駅から電車で30分とアクセス抜群な知多市を満喫するなら、それぞれの特色豊かな3つのエリアがおすすめです。 知多木綿の歴史が根づく「岡田」の古い町並みで当時の風情を味わい、海辺のリゾートの「新舞...

バンテリンドームナゴヤ(ナゴヤドーム)へライブ遠征!コンサートに便利なおすすめホテル&グルメ11選!

野球の試合やコンサートなど、年間を通してさまざまな大型イベントが行われるナゴヤドーム! この記事ではバンテリンドームナゴヤ(ナゴヤドーム)に遠征するときにおすすめの便利なホテル、飲食店を厳選してご紹...

金沢のモーニングスポット13選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は金沢で人気のモーニングスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に...

岐阜のモーニングスポット21選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は岐阜で人気のモーニングスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に...

愛知のおすすめ秋デートスポット15選! 絶対に外さない 10・11月のおすすめ秋スポット

秋の愛知は、おすすめのデートスポットが盛りだくさん。 短い夏も終わり、気持ちの良い気候が続く秋はおでかけにぴったりの季節。 そこで今回は、愛知の秋デートスポットを15か所ピックアップしました。...

静岡のおすすめ秋デートスポット21選! 絶対に外さない 10・11月のおすすめ秋スポット

秋の静岡にはおすすめのデートスポットが盛りだくさん。 様々なジャンルの観光スポットがバランス良くそろった静岡には、どこまでも広がるススキ畑に、日本一遅い紅葉が楽しめるスポットなど見どころが目白押...

浜松市天竜区の最新観光ナビ 新しくて懐かしい話題のクローバー通り商店街を深堀り!

かつて林業で栄え、流通の要だった静岡県浜松市にある、天竜区二俣地区。 まっぷる編集部は、近ごろちょっと話題になっているこのエリアを「地域応援プロジェクト」の一環として取材し、訪れてみて発見した「クロ...

越前和紙の里で紙漉き体験にチャレンジ!「紙の神様」にもお詣りしましょう

「日本三大和紙」に数えられる和紙の里、福井県越前市「五箇(ごか)地区」。 越前和紙1500年の伝統を守る町として、手漉き和紙の出荷額において全国トップクラスのシェアを誇っています。 この古くか...
もっと見る

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。