トップ > 関東・甲信越 > 山梨・富士山 > 富士山・富士宮・御殿場 > 富士 > 

漁港めし!【田子の浦港のしらす】富士山の麓で味わう!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年1月5日

この記事をシェアしよう!

漁港めし!【田子の浦港のしらす】富士山の麓で味わう!

駿河湾の最奥に位置するしらす漁専門の田子の浦港。通常2艘のところ1艘で綱を曳いて獲るしらすは傷みが少なく鮮度抜群!獲れたてを味わうなら4月上旬〜12月下旬に。

田子の浦港漁協食堂

一艘曳きによるトレピチを競り場の食堂で味わう
しらすの競りが行われる場所に机と椅子が置かれて食堂に。港を眺めながら一艘曳きによる上質なしらすを楽しめる。生と釜揚げの両方を味わいたいなら、「ハーフ丼」750円を。

田子の浦港漁協食堂

赤富士丼 900円
特製ダレで漬けたしらすを赤富士に見立てた丼。朝日を表す黄身がまろやかさをプラス。大きめのしらすが揚がったときのみ提供される。

田子の浦港漁協食堂

ぷりぷり生しらす丼 富士山盛り 1000円
生と釜揚げで雪化粧をした富士山を表現

田子の浦港漁協食堂

競り場なので漁港ムード満点。直売所も併設する

田子の浦港 漁協食堂

住所
静岡県富士市前田866-6
交通
JR東海道新幹線新富士駅からタクシーで10分
料金
赤富士丼=900円/ぷりぷり生しらす丼富士山盛り=1000円/ぷりぷり生しらす丼=800円/釜揚げしらす丼=800円/ハーフ丼(生しらすと釜揚げしらすが半々)=800円/(全商品味噌汁付き)

和楽房 尚奄

しらすの質に自信あり!寿司割烹ならではの一杯
窓越しに富士山と港を眺めながら、新鮮な地魚を味わえる寿司割烹。吟味したしらすに加え、編み目の細かな「中網」に掛かる魚などを漁師から直接仕入れており、四季折々の田子の浦港の幸を楽しめる。

和楽房 尚奄

昼膳しらす丼 1100円
素材重視の中にも確かな仕事が感じられる一杯。お椀、デザート、コーヒーが付く昼だけのサービスメニュー。

和楽房 尚奄

握りをメインに揚げ物や小鉢が付く「小町ランチ」3080円。彩り華やかで女性に人気

和楽房 尚奄

住所
静岡県富士市前田861-30
交通
JR東海道新幹線新富士駅からタクシーで10分
料金
昼膳しらす丼=1000円/昼のお刺身ご膳=2800円/すしご膳=2800円・3900円/小町ランチ=1940円・3000円/カウンターおまかせ=5000円~/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください