コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【富士山麓】気になる旅の醍醐味!ご当地グルメをチェック!

【富士山麓】気になる旅の醍醐味!ご当地グルメをチェック!

by mapple

更新日:2018年9月17日

全国的知名度を誇る富士宮やきそばや、富士吉田の郷土食・吉田のうどんなど、富士山のふもとにはおいしいグルメが盛りだくさん! ご当地ならではの食文化を体感しよう!

富士宮やきそば

地元系グルメの王者
蒸した麺の食感がくせになるおいしさ

富士宮やきそばの特徴は独特の食感の蒸し麺。そのほかにもラードを搾った肉かすやいわしの削り粉を使うなど、学会が定めた12か条のルールに基づいて焼きそばが作られている。

富士宮やきそば学会アンテナショップ

王道の味わいを楽しむ学会直営店
富士宮やきそば学会事務局に併設。モチモチとした独特のコシが特徴の、富士宮やきそばの麺をシンプルに味わえる。焼きそばパンをカップに詰めた限定商品「麺ブラン」も人気。

やきそば(並)450円
シンプルな具材が麺のおいしさをひき立てる

お宮横丁の中にあり気軽に立ち寄れる

やきそばブームの発信源!

学会ではショップでの販売のほか、富士宮やきそばを通じて街の活性化を図ろうと、マップの作成や情報発信なども行なっている。

お母さんたちが連携して手際よく焼き上げる

虹屋

ボリューム満点のトッピング
イカの姿焼きをまるごとのせた焼きそばや、あんかけ風、いかねぎ醤油味など多彩な焼きそばが堪能できる。テイクアウトするときは、事前に電話で注文しておくのがおすすめ。

ジャンボいかやきそば 580円
こんがり焼かれた肉厚のいかはインパクト大!

コチラもおすすめ!

鉄板焼 ちゃん 駅前店

富士宮の製麺所・叶屋の麺に、水ではなくかつおだしを加えて作る焼きそばはモチモチした食感と独特の風味が特徴。

ミックス焼そば 680円

大阪屋

常連客で賑わう庶民的な店。良質のラードや新鮮な削り粉など食材を厳選し、使い込んだ鉄板で焼き上げる。

ミックスそば 650円

ひまわり

L字形カウンターの鉄板で、客の目の前で焼き上げる。半熟目玉焼きがのるミックスそばが人気。座敷席もある。

ミックスそば 600円

カフェ ペイジ

オリーブオイルで炒めた特製の富士宮やきそばが味わえる。セットの自家製パンに挟んで食べてもおいしい。

ペイジ特製富士宮やきそば 1050円

吉田のうどん

コシの強さがたまらない
ハレの日に味わう富士吉田の伝統食

麺の太さとコシの強さがいちばんの特徴で、トッピングには茹でキャベツや甘辛く煮た馬肉が多く使用される。赤唐辛子にごまなどを合わせた薬味の「すりだね」も欠かせない。

ふじ山食堂。

富士山型かきあげでおなかも大満足
北口本宮冨士浅間神社から近い食事処。うどんはもちもちの平太ちぢれ麺で、かつお、さば、煮干しでだしをとった醤油味のつゆとマッチ。生姜焼きや唐揚げなどの定食メニューも充実。

富士登山うどん(並)600円
富士山型のかきあげや豚肉がトッピング

自家製味噌で味の変化を楽しもう

風味豊かな辛さが食欲をそそるすりだねにも注目

北口本宮冨士浅間神社の参拝帰りに立ち寄りたい

みうらうどん

味わいすっきりのスープが人気!
週末は地元客で行列ができる人気店。麺はコシのある中太麺。醤油と味噌を合わせ、さっぱり仕上げたつゆに山椒の効いたすりだねがマッチする。おすすめは肉うどん。

肉うどん 450円
甘く煮た馬肉や茹でたキャペツがのる

昭和通り沿いに建つ白いプレハブの店舗

吉田うどん ふじや

竹炭を練り込んだブラックうどん!
太くてコシが強いという吉田のうどんの伝統は守りつつ、新しい素材や製法にも積極的に挑戦するお店。竹炭などを使った個性的なうどんがメニューに並んでいる。

黒ふじやうどん 740円
竹炭黒麺にエビやちくわの天ぷらなどがのる

自家製のすりだねを入れておいしさUP!

夜間営業も行なっている貴重なお店

コチラもおすすめ!

てっちゃん

麺は富士の伏流水で毎日手打ちする。メニューが豊富で、おすすめは牛肉ときんぴらがのった肉きんうどん。

肉きんうどん 550円

麺'ズ冨士山 本店

自前の製麺所で作る麺はコシが強くモチモチ。煮干しやかつおでだしをとった、味噌と醤油のスープも人気。

冨士山うどん 670円〜

研考練

うどんはやわらかめだが、独特の弾力がある。オリジナルの揚げ出しうどんはサクッ、モチッの新食感。

揚げ出しうどん 520円

桜井うどん

茹でキャベツの元祖店で、メニューは「かけ」と「つけ」のみの潔さ。食べ比べできるハーフサイズもある。

かけうどん 400円

山梨ほうとう

信玄公の時代から続く伝統食
平打ち麺が特徴の甲州郷土料理

武田信玄公が陣中食として根付かせたという。平打ちの生麺を野菜とともに味噌仕立てのスープで煮込んだもの。野菜は甘みのあるかぼちゃを使うのがポピュラー。

名物ほうとう不動 東恋路店

煮込んだ野菜の旨みがスープに広がる
雲をモチーフにした純白の外観が印象的な「ほうとう不動」の4号店。おいしさをストレートに伝えるため、ほうとうメニューは1種類のみ。自信の一杯をじっくりと味わおう。

不動ほうとう 1080円
かぼちゃ、白菜、山菜など具だくさんがうれしい

雲のような形をしたアートなお店

ほうとうの店 春風

自家製の味噌がおいしさの決め手!
自家製の味噌をベースにしたスープと、地元で採れた旬の野菜を使用したほうとうが自慢。豚キムチ味やカレー味、山菜入りなどのほうとうを、掘りごたつのある座敷で堪能できる。

豚キムチほうとう 1500円
豚肉とキムチで現代風にアレンジしたほうとう

ほうとう蔵 歩成 河口湖店

コシの強い太麺にうまみがたっぷり
2017年8月にオープン。地元産の野菜、きのこなどの厳選素材とコシの強い太麺を特製の味噌で煮込んだ、黄金ほうとうが名物。蔵をイメージした店の奥には、富士山ビューの客席もある。

コチラもおすすめ!

いろいろ料理 ことぶき

精進湖畔のレストランで、漢方入りの薬膳ほうとうや冷やし青竹ほうとうなど個性的なメニューが味わえる。

薬膳ほうとう 1680円

庄屋乃家

テーブルのコンロで、目の前でほうとう鍋を煮ながら食べられる。2年ものの自家製味噌が味の決め手。

庄屋鴨ほうとう鍋 1580円

甲州ほうとう小作 河口湖店

民芸風の落ち着いた店。定番のかぼちゃほうとうやあずきほうとうなど、およそ10種類のメニューがそろう。

あずきほうとう 1150円

ル・リバージュ

トマトベースの珍しい洋風スープのほうとうが評判。麺はモチモチとした食感で、パスタのような感覚で味わえる。

王妃の愛した西洋ほうとうセット 1500円

富士山型グルメ

まだまだ進化中!
ユニークで新しいご当地グルメに挑戦!

富士山のある山梨県や静岡県では、見た目も楽しい富士山モチーフの名物グルメが続々誕生。おいしい富士山をおなかいっぱい食べて、旅の思い出にしよう!

すしぎん

味も盛りも富士山級の海鮮丼!
駿河湾の鮮魚をはじめ、旬の新鮮な海の幸が味わえる。富士山型の海苔が付く海鮮丼は大きな切り身でボリューム満点。経験豊富なご主人が作るさまざまな和食メニューも人気だ。

まぐろのづけ丼富士盛り 1520円(税別)
御殿場からの夕日に染まる赤富士を表現

田子の浦港漁協食堂

朝どりしらすを富士山盛りに
漁業組合の敷地内にあり、早朝に水揚げされたしらすがその場で味わえる。「一艘曳き」漁法により、生きた状態で氷じめするので鮮度は抜群。漁港の風景とともに味わおう。

ぷりぷり生しらす丼富士山盛り 950円
白い釜揚げしらすが富士山頂の雪のよう

赤富士丼 850円
特製醤油に漬けた大ぶりのしらすを使用している

潮風を感じる漁港からは富士山も見える

シルバンズ

ふわとろ玉子の富士山オムハヤシ
富士山の天然水で醸造する、富士桜高原麦酒が味わえるレストラン。ビールに合うメニューが豊富。とろとろの玉子がのった富士山オムハヤシは人気の一品だ。

大西肉店 竜ヶ丘本店

富士桜ポークの絶品コロッケ
昭和10(1935)年創業の老舗精肉店。甲州ワインビーフなどのブランド肉や、山梨伝統の馬刺し、惣菜などを販売する。手作りコロッケはおみやげにもおすすめ。

富士山コロッケ 1個120円
甲州富士桜ポークと国産じゃがいもを使用

新グルメもおすすめ!

和風レストラン みよし

すその水ギョーザ
特産のモロヘイヤを使ったヘルシー餃子
裾野市特産の野菜、モロヘイヤを皮に練り込んだ、栄養たっぷりであっさり味の水餃子。モチモチの皮の中には地元産の茶葉も入る。

すその水ギョーザ(しょうゆ)626円

喫茶 アドニス

富士つけナポリタン
トマトスープで味わう新感覚つけ麺
トマトソースをベースにしたWスープが特徴。トッピングは店舗ごとにアレンジされている。

ニューあかいけ

精進粥
精進湖地域の郷土料理をアレンジ
古くから精進湖周辺に伝わる、粥の中に豆餅が入った伝統食をもとに考案されたメニュー。ほっとする体にやさしい味わい。

長濱旅館Diningさくら

富士まぶし
天然水育ちのますを使った炊き込みご飯
富士の天然水で育ったますを米粉で揚げ、炊き込みご飯にしたご当地グルメ。薬味やだし茶漬けで味の変化を楽しめる。(要予約)

富士まぶしご膳 1400円

筆者:mapple

まっぷる河口湖・山中湖 富士山’19

発売日:2018年03月19日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる河口湖・山中湖’19」です。掲載した内容は、2018年1月~2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×