トップ > 関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 東伊豆 > 伊東 > 伊東温泉 > 

伊東で観光するならおすすめのモデルコース~歴史ある温泉街からビーチまで一日コースをご紹介!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年11月22日

この記事をシェアしよう!

伊東で観光するならおすすめのモデルコース~歴史ある温泉街からビーチまで一日コースをご紹介!

伊東で観光するならやっぱり温泉街。伊東の温泉街は、湯治客で賑わった往時の香りがどことなく漂う、落ち着いた雰囲気も魅力です。
昭和初期の木造建築「東海館」、外観が特徴的な県最古の交番「伊東観光番」、青い海が目前に広がる彫刻公園「なぎさ公園」、海風が心地いい「伊東オレンジビーチ」など、温泉だけでない観光目線の伊東にふれてみませんが。
スタート・ゴールをJR伊東駅とし、温泉街をぶらぶらおさんぽするコース仕立てでご案内します。
1日中、たっぷり伊東を楽しめますよ!

【静岡・伊東×観光】<START>JR伊東駅

のんびりした空気の流れる伊東駅からスタート。海沿いの空気を吸って、心地良い一日を過ごそう。

【静岡・伊東×観光】<START>JR伊東駅

【静岡・伊東×観光】<こちらもチェック>祇園

名物のいなり寿司は創業以来変わらない味
2019年に、駅弁販売60周年を迎える。甘めに煮含めた油揚げに酸味のきいた酢飯を詰めたいなり寿司は、創業以来の味。街中散策や電車旅のお供にぴったり。

【静岡・伊東×観光】<こちらもチェック>祇園
【静岡・伊東×観光】<こちらもチェック>祇園

祇園

住所
静岡県伊東市湯川3丁目

↓ 徒歩7分

【静岡・伊東×観光】東海館

昭和の品格漂う貴重な和風建築
昭和初期の建築様式を今に伝える東海館。温泉旅館としての営業を終えた今は、貴重な木造建築や伊東の文化を後世に伝える観光施設として公開されている。喫茶室では人気のあんみつやオリジナルブレンドのコーヒーで一息つける。芸者姿を楽しめる体験企画(要予約)も人気。

【静岡・伊東×観光】東海館

東海館外観。細かい意匠が美しく、見事な和風建築

【静岡・伊東×観光】東海館

お座敷の喫茶室。松川に面した縁側のテーブル席はレトロな雰囲気が魅力

【静岡・伊東×観光】東海館

土・日曜、祝日のみ入浴可能。大小2つの風呂があり、男女入れ替え制のため注意しよう

【静岡・伊東×観光】東海館

「クリームあんみつ(お茶付き)」 600円

伊東温泉観光・文化施設 東海館

住所
静岡県伊東市静岡県伊東市東松原町12-10
交通
JR伊東線伊東駅から徒歩7分
料金
入館料=大人200円、小人100円/入浴料(入館料含)=大人500円、小人300円/(20名以上の団体は入館料大人150円、障がい者割引あり)

【静岡・伊東×観光】<こちらもチェック>浴衣レンタルスペース“ゆかたび”

東海館にて5月〜9月にオープン。個性的なブランド浴衣や、レトロな温泉地にぴったりなハット、番傘もオプションで取りそろえ、浴衣を着て1日たっぷり散策を楽しめる。レンタル利用者は東海館入館料が無料。予約可。

【静岡・伊東×観光】<こちらもチェック>浴衣レンタルスペース“ゆかたび”

↓ 徒歩2分

【静岡・伊東×観光】松川遊歩道

温泉情緒漂うのんびりスポット
松川沿いに1kmほど続く遊歩道。東海館など昔ながらの木造建築が向かいに建ち並び、その風情ある佇いを対面から眺めるのもいい。木下杢太郎のレリーフなども置かれ、伊東の文化・芸術を感じることができる。桜の名所としても知られるほか柳並木も有名。

【静岡・伊東×観光】松川遊歩道

石畳の風情ある小径。風にそよぐ柳が清々しい

松川遊歩道

住所
静岡県伊東市松川沿い
交通
JR伊東線伊東駅から徒歩10分
料金
情報なし
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください