>  >  >  >  >  > 

【京都】日本茶vs珈琲!ティターイムはどちらにする?

まっぷるマガジン

更新日:2018年8月1日

この記事をシェアしよう!

【京都】日本茶vs珈琲!ティターイムはどちらにする?

茶道の息づく京都は茶房もカフェも「道」を究める名店ぞろい。特別な一杯と出会ったら、人生まで変わるかも!? さて、今日の気分はどちら?

だから私は日本茶派!

*和洋のスイーツにも、食事にも何にでも合う
*煎茶、ほうじ茶、お抹茶などバラエティも豊か
*京都なら日本茶カフェがいたるところにある!

一保堂茶舗喫茶室嘉木

おいしい淹れ方で日本茶の魅力を再発見
創業300年の日本茶専門店併設の喫茶。スタッフに教えてもらいながら、ていねいに淹れたお茶のおいしさは別格。和菓子が日替わりなのもうれしい。

一保堂茶舗喫茶室嘉木

寺町通にたたずむ店舗は間口の広い町家

一保堂茶舗喫茶室嘉木

2~3杯まで楽しめる煎茶セット(和菓子付き)756円〜。おいしさが凝縮した最後の一滴までそそいで

一保堂茶舗 喫茶室嘉木

住所
京都府京都市中京区寺町通二条上ル
交通
地下鉄京都市役所前駅から徒歩5分
料金
極上ほうじ茶=648円/玉露「麟鳳(りんぽう)」=972円/煎茶「嘉木(かぼく)」=918円/京極の昔(きょうごくのむかし)=756円/(お菓子付)

辻利 宇治本店

茶匠が厳選した3種のお茶が楽しめる
1860(万延元)年創業の茶の老舗。お茶を主役にした茶房メニューの中でも、おすすめは「冷茶飲みくらべセット」。玉露、煎茶、焙じ茶の順で口に含むと、香りや旨みの豊かさに驚かされる。

辻利 宇治本店

伝統工芸の「組子」など匠の技を散りばめた店内

辻利 宇治本店

銘茶の違いがわかる冷茶飲みくらべセット手作り最中付き1080円

丸久小山園 西洞院店茶房元庵

点てたてのお抹茶はとてもまろやか
元禄年間から茶製造を手がける宇治茶の名門。茶室もある落ち着いた茶房でいただくお抹茶は至福の味わい。厳選抹茶がふんわり香るロールケーキのおともは8種の飲み物から選んで。

丸久小山園 西洞院店茶房元庵

格子や坪庭など京町家の風情が残る店構え

丸久小山園 西洞院店茶房元庵

さっぱり香ばしいほうじ茶アイスクリーム650円

丸久小山園 西洞院店茶房元庵

濃厚な味わいの抹茶のロールケーキセット1200円

丸久 小山園 西洞院店

住所
京都府京都市中京区西洞院通御池下ル西側
交通
地下鉄烏丸御池駅から徒歩6分
料金
抹茶のロールケーキ=700円/抹茶のロールケーキセット(お茶セット)=1200円/薄茶と和菓子=1100円~/

だから私は珈琲派!

*豊かなアロマとコクでリッチな気分に
*ラテ、エスプレッソ、オレなど楽しみ方がいっぱい
*名喫茶が多い京都でカフェめぐりははずせない

LIGHT UPCOFFEE KYOTO

フルーティな豆を産地ごとに飲み比べ
20代の男性バリスタ2人が立ち上げた自家焙煎珈琲店。こだわりある豆の個性を生かす浅煎りコーヒーは、果実のような風味と甘さで人気。月ごとに豆が替わるのも楽しみ。

LIGHT UPCOFFEE KYOTO

ヒノキをふんだんに使った店内、小上がりもある

LIGHT UPCOFFEE KYOTO

カードには豆の説明もある。テイスティングセット680円

LIGHT UP COFFEE KYOTO

住所
京都府京都市上京区青竜町252idea spot 1階
交通
京阪鴨東線出町柳駅からすぐ
料金
ドリップコーヒー=500円(ホット)・550円(アイス)/カフェラテ=500円(ホット)・550円(アイス)/飲み比べセット=680円/

%ARABICA KyotoArashiyama

京都発信ブランドアラビカ京都2号店
世界展開を目指す日本発のブランド「アラビカ」の嵐山店。ハワイの自社農園や世界の厳選豆を最新鋭マシンで抽出するクリーミーなラテやエスプレッソにいつも行列が。屋外にベンチもある。

%ARABICA KyotoArashiyama

嵐山の絶景が目の前に広がるスタイリッシュなスタンド

%ARABICA KyotoArashiyama

バリスタがていねいに淹れるカフェラテ450円

% Arabica Kyoto Higashiyama

住所
京都府京都市東山区星野町87-5
交通
京阪本線祇園四条駅から徒歩14分
料金
エスプレッソ=300円/カフェラテ(HOT)=450円/
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください