コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【五稜郭】ぐるっとひとまわり!見どころをチェック!

【五稜郭】ぐるっとひとまわり!見どころをチェック!

by mapple

更新日:2018年6月3日

五稜郭公園

所要 3時間
箱館開港後の警備、蝦夷地防衛などを目的に元治元(1864)年に完成した1辺が255mある五角形の城郭。設計したのは蘭学者・武田斐三郎で、西洋の1冊の築城書を見ただけで完成させたという。現在は公園として一般開放され、観光名所のひとつとなっている。

楽しみ方

幕末期に土方歳三が活躍した舞台として有名な五稜郭公園。公園内を散策するだけでも箱館戦争の名残を見てまわることができるが、2010年に復元された箱館奉行所や五稜郭タワーといった施設を訪れると、より深く歴史に触れられる。

所要       3時間
雨の場合     雨具が必要
おすすめシーズン 5月上旬~12月下旬
ワンポイントアドバイス
五稜郭公園は朝5時から、五稜郭タワーは8~9時(時期により異なる)、箱館奉行所は9時からと、比較的早い時間から開放されているので、午前中の観光コースとしておすすめ。

土手に上るには?

園内には土手のように高くなっている部分があるが、何か所か階段が設置されているので、そこから上ることが可能。土手に上ると郭内の木々を目線と同じ高さから見ることができる。なお、土手伝いに郭内を一周することはできない。

箱館奉行所のななめ向かいにある階段。ここからも土手へ上ることができる

オススメ モデルコース

START 市電五稜郭公園前

⇩ 徒歩15分

五稜郭タワー

五稜郭公園入口手前にそびえ立つ。まずはここで五稜郭の星形を見渡そう。

⇩ 徒歩3分

一の橋

ここが五稜郭公園の表玄関。この橋を渡り、城郭から独立した土塁(半月堡)へ。近くには郭内の案内板がある。

⇩ 徒歩すぐ

武者返し

石垣の上を1列飛び出させることで敵兵が石垣を登るのを防ぐ、という特殊な構造の武者返しを見学。

⇩ 徒歩すぐ

二の橋

半月堡から二の橋を渡り郭内へ。郭内に入ってすぐには藤棚のトンネルがあり、春には藤の花が満開に。

⇩ 徒歩3分

武田斐三郎先生顕彰碑

五稜郭設計の功績を讃えた石碑。大変な秀才であったことから、なでれば頭がよくなるという都市伝説がある。

⇩ 徒歩すぐ

箱館奉行所

郭内いちばんの必見スポット。伝統の技が光る建物をゆっくり見学しよう。

⇩徒歩すぐ

お休み処いたくら柳野

気軽に寄れる休憩所。建物の前には、昭和36(1961)年に秩父宮殿下(当時)がお手植えされた桜の木がある。

⇩ 徒歩すぐ

兵糧庫

五稜郭築造の際に建てられた付属建物の1棟。夏季は建物内を公開し、パネルや出土品の展示を実施。

⇩ 徒歩すぐ

大砲

兵糧庫前には箱館戦争時に使われた大砲が置かれている。イギリス製とドイツ製の2つを展示。

⇩ 徒歩20分

GOAL 市電五稜郭公園前

箱館奉行所

所要 30分
幕末の箱館開港にともない設置された江戸幕府の役所を、当時の古写真や古図面・文献資料をもとに復元。建築当時の産地の材料や工法を使用し、2010年に完成した。館内では、伝統的な建築技法や五稜郭の歴史について知ることができる。

奉行所内部はこうなっている!

館内はテーマごとに4つのゾーンに分かれているので、ルートに沿って見学しよう。靴を脱いでゆっくり館内をめぐることができる。

歴史発見ゾーン
パネルなどを使って五稜郭や箱館戦争の歴史を詳しく解説している。また、ゆかりの人物の生涯についても学ぶことができる。

再現ゾーン
年中行事などが行なわれた4部屋で72畳の大広間は、奉行所内で最も格式が高い場所。江戸時代の出来事や景観を体感できる。

建築復元ゾーン
日本伝統の建築技術を駆使した復元工事の設計や施工の様子を紹介。木材の継ぎ手の仕組みを実際に触れて知ることができる。

映像シアター
4年間にわたる復元工事を17分間のハイビジョン映像で紹介。職人たちの復元へのこだわりの姿が伝わってくる。

向かいには休憩所もある

かつて奉行所正面にあった板庫を「お休み処いたくら柳野」として復元。ドリンクやソフトクリームが味わえるほか、オリジナルの奉行所みやげも販売。

9:00~18:00(11~3月は~17:00) 
無休

箱館奉行所珈琲 1080円。函館で飲まれていた豆を再現している

箱館奉行所コーヒー 310円

筆者:mapple

まっぷる函館 大沼・松前・江差’19

発売日:2018年02月14日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる函館 大沼・松前・江差'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×