コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  函館【元町】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

函館【元町】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年5月30日

【エキゾチックな街並みで散策&グルメを満喫】
函館を最も象徴する元町・西部地区。坂道から街並みを眺めたり、歴史ある建築物を見学したり、異国情緒を存分に満喫できる。歴史ある建築物を見てまわったあとは、函館を代表する老舗でおみやげを買ったり、ソフトクリームの食べ歩きを楽しもう。

市立函館博物館郷土資料館

函館のハイカラ文化を知る
明治13(1880)年築の旧金森洋物店の建物を利用し、明治期のハイカラ文化をテーマに展示。道内でレンガ造りの建物としては最も古い。北海道指定有形文化財。

函館の商業の発展もよくわかる

山上大神宮

急坂の上で願い事を
伊勢神宮の御分霊を現在の函館市赤川町に祀ったのが始まり。明治初期までは箱館神明宮という名称で、今の社殿は昭和7(1932)年3月に竣工。

菅原道真公をはじめ、12柱もの神様が祀られている

絵馬は学問の神様・菅原道真公

相馬株式会社

モスグリーンの壁色が印象的
基坂と電車通りの交差点に建つ。文久3(1863)年に弁天町で米穀商として開業した相馬商店が、大火後の大正5(1916)年に建てたもの。初代は旧函館区公会堂の建築にも貢献した豪商・相馬哲平だ。鉄板葺きの屋根とドーマー窓を持つルネサンス様式が特徴。現在も社屋として利用されている。函館市の伝統的建造物に指定されており、夜はやさしい光でライトアップされる。

ルネサンス様式と和の意匠
窓(ドーマー窓)など、ルネサンス様式をベースにしているが、玄関などの細かな意匠に和テイストが加えられている

窓枠など、随所におしゃれな装飾が施されている

元町ガラス工房

オリジナルガラス雑貨作り
ガラス制作体験ができる工房。ショップも併設しており、ネックレスやピアスなどの各種アクセサリーも販売している。

建物は明治42(1909)年築の和洋折衷住宅を利用

ネックレス各2100円

函館中華会館

中国清朝の建築様式を今に伝える
日本で唯一現存する、中国清朝末期の伝統工法で建てられた建造物。内部は見学できないが、館内には『三国志』の英雄「関羽」が祀られている。

明治43(1910)年築。建物に釘は一本も使われていない

旧ロシア領事館

レンガ造りの美しい洋館
万延元(1860)年に函館ハリストス正教会の敷地内に建設。移転後の現在の建物は、明治41(1908)年に建築。内部は現在非公開になっている。

外壁と窓枠の紅白のコントラストが印象的

屋根正面の合掌部が丸い山形の唐破風玄関

洋風居酒屋 南部坂

手作りのソースやていねいな調理に定評あり
ツタのからまる写真館を改装して営む洋風居酒屋。函館をはじめとした道産食材を良心的な価格で提供。チーズやグリル料理などに、お酒のメニューも豊富にそろう。

素材を重視した料理をゆっくり、リーズナブルな価格で味わえる

もみの木DINING

彩り豊かな手作りプレートランチ
栄養バランスを考え、野菜をたっぷり使った料理が味わえる。メニューは週替わりのもみの木プレートのみ。メインのほか、サラダやデザート、ドリンクも付いてボリューム満点。混み合っている場合も多いので、電話予約がベター。

もみの木プレート(デザート、ドリンク付き)950円

落ち着いた趣の店内でゆっくりできる

三角屋根がかわいらしいピンクの建物

Bistro Bons amis

気取らない雰囲気のビストロ
古典フレンチから創作料理にいたるまで、フランス料理の幅広い魅力に触れられる店。夜はコース料理のほか、アラカルトメニューも充実している。

本日のおすすめコース3780円の一例。魚か肉料理を選べる

民家を改装した和風な店内

カフェやまじょう

函館ロケ映画のロケ地話が聞けるかも
函館では多くの有名な映画が撮影されているが、それらのロケコーディネーターを務めたのが、この店のマスター。コーヒーを飲みながら、撮影秘話を聞こう。

カルボナーラ700円、+200円でコーヒーがセットに

窓際のテーブル席は故森田芳光監督のメモリアルスペースになっている

Studio Oval、天然酵母パン tombolo

香り高いパンと個性的な陶器
陶芸家・苧坂恒治氏が営むギャラリー「Studio Oval」に、パン工房「天然酵母パンtombolo」が併設された空間。ギャラリーでは陶芸品を中心に展示・販売。

カンパーニュ(1.1円/g)は和洋中どの料理にもよく合う

独特な模様のコーヒーカップ&ソーサー1客14000円

元町茶寮

和菓子と愉しむまろやかな珈琲
素材にこだわった甘味や、ベリー入りの桃のソーダなど店主自慢のドリンクも豊富にそろう。周囲にある教会の鐘の音を聞きながらのティータイムが楽しめる。

抹茶碗でいただく野点珈琲750円は季節の和菓子が付く

メニューと同様に和洋折衷の雰囲気が漂う店内

函館昭和のおもちゃ博物館&cafeフラフープ

懐かしいおもちゃに出会えるカフェ
2階の「おもちゃ博物館」では、店主が30年かけて集めた昭和のおもちゃを500点ほど展示。1階のカフェでは、コーヒーやシフォンケーキが味わえる。

ブリキのおもちゃやレコードなどを展示

1960年代のブリキのおもちゃ「スモーキージョー」

カフェテリア・モーリエ

函館湾を見下ろす絶景カフェ
窓から函館湾を一望できるカフェ。竹内結子出演の映画『星に願いを』に登場したことでも有名だ。ピロシキドリンクセットや、壺焼ききのこパイなどが人気。

ピロシキドリンクセット850円のドリンクはロシアンティーがおすすめ

夕暮れどきには夕日スポットに

パン工房 元町ぼん・ぱん

地元産の素材を使った個性豊かなパン
地元の特産品を使ったあんぱんが人気。元町地区にあり、観光客も購入できるよう賞味期限が3~4日持つように作られている。散策途中に立ち寄ってみよう。

昆布の風味と塩気がクセになる昆布あんぱん135円

市電十字街からベイエリアに向かう途中にある

元町のソフトクリーム通り

旧函館区公会堂から函館山へ向かう通りに3軒のソフトクリーム店が並び、通称「ソフトクリーム通り」と呼ばれている。それぞれ種類や味に特徴があるので、食べ比べをしてみては。

ハコダテソフトハウス元町

八幡坂の近くにある店。函館牛乳と道東産の牛乳を使用した「特農牛乳ソフト」330円がおすすめ。「イカすみソフト」などのオリジナル商品も人気だ。

イカすみソフト400円

箱館元町 宇須岸の館

ソフトクリーム通りの中でいちばん古い店。大沼・山川牧場の新鮮な生乳で作られた「牛乳ソフト」が人気である。ソフトクリームの手巻き体験330円もできる。

牛乳ソフト(生ミルク)330円

手作りソフト 大三坂

森町の駒ヶ岳牛乳にオリジナルレシピで発注したソフトクリームの素を使用。無添加のためクリームが溶けやすいので、その場ですぐに食べきるのがポイント。

牛乳ソフト280円

お散歩途中に見つけたアートなオブジェ

元町界隈には街を彩るパブリックアートが点在。かわいいものからちょっとカッコいいものまで、お散歩途中に見つけてみよう。

坂道の標識の上には函館市の鳥・ヤマガラがちょこんと乗る

元町公園へ向かう途中、空を見上げる男性が…。『旅を続ける男』という名前がついている

函館市旧イギリス領事館近くにあるブロンズ像『異国への夢』は、函館港方面を見つめている

筆者:mapple

まっぷる函館 大沼・松前・江差’19

発売日:2018年02月14日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる函館 大沼・松前・江差'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×