>  >  >  >  >  >  函館【元町】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

函館【元町】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

函館【元町】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【エキゾチックな街並みで散策&グルメを満喫】
函館を最も象徴する元町・西部地区。坂道から街並みを眺めたり、歴史ある建築物を見学したり、異国情緒を存分に満喫できる。歴史ある建築物を見てまわったあとは、函館を代表する老舗でおみやげを買ったり、ソフトクリームの食べ歩きを楽しもう。

市立函館博物館郷土資料館

函館のハイカラ文化を知る
明治13(1880)年築の旧金森洋物店の建物を利用し、明治期のハイカラ文化をテーマに展示。道内でレンガ造りの建物としては最も古い。北海道指定有形文化財。

市立函館博物館郷土資料館

函館の商業の発展もよくわかる

市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)

住所
北海道函館市末広町19-15
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館、11~翌3月は~16:00)
休業日
月曜、祝日、最終金曜(展示替え期間休、4月29日・5月3~5日・11月3日は開館、12月29日~翌1月3日休、7月18日・9月19日休)
料金
大人100円、小・中・高・大学生50円(団体10名以上は2割引、障がい者手帳持参で函館市内在住の障がい者は入館料無料、函館市内在住の65歳以上証明書持参で半額、函館市内在住の小学生と障がい者は無料)

山上大神宮

急坂の上で願い事を
伊勢神宮の御分霊を現在の函館市赤川町に祀ったのが始まり。明治初期までは箱館神明宮という名称で、今の社殿は昭和7(1932)年3月に竣工。

山上大神宮

菅原道真公をはじめ、12柱もの神様が祀られている

山上大神宮

絵馬は学問の神様・菅原道真公

山上大神宮

住所
北海道函館市船見町15-1
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで11分、終点下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

相馬株式会社

モスグリーンの壁色が印象的
基坂と電車通りの交差点に建つ。文久3(1863)年に弁天町で米穀商として開業した相馬商店が、大火後の大正5(1916)年に建てたもの。初代は旧函館区公会堂の建築にも貢献した豪商・相馬哲平だ。鉄板葺きの屋根とドーマー窓を持つルネサンス様式が特徴。現在も社屋として利用されている。函館市の伝統的建造物に指定されており、夜はやさしい光でライトアップされる。

相馬株式会社

ルネサンス様式と和の意匠
窓(ドーマー窓)など、ルネサンス様式をベースにしているが、玄関などの細かな意匠に和テイストが加えられている

相馬株式会社

窓枠など、随所におしゃれな装飾が施されている

相馬株式会社社屋

住所
北海道函館市大町9-1
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由(外観のみ)
休業日
無休
料金
情報なし

元町ガラス工房

オリジナルガラス雑貨作り
ガラス制作体験ができる工房。ショップも併設しており、ネックレスやピアスなどの各種アクセサリーも販売している。

元町ガラス工房

建物は明治42(1909)年築の和洋折衷住宅を利用

元町ガラス工房

ネックレス各2100円

元町ガラス工房

住所
北海道函館市大町1-33
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉店、体験コース受付は~15:15)
休業日
第3木曜
料金
ガラスのアクセサリー作り=3150円(バレッタ)、2100円(ネックレス)、1890円(ブローチ)/

函館中華会館

中国清朝の建築様式を今に伝える
日本で唯一現存する、中国清朝末期の伝統工法で建てられた建造物。内部は見学できないが、館内には『三国志』の英雄「関羽」が祀られている。

函館中華会館

明治43(1910)年築。建物に釘は一本も使われていない

函館中華会館

住所
北海道函館市大町1-12
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで9分、大町下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
見学自由(外観のみ)
休業日
無休
料金
情報なし

旧ロシア領事館

レンガ造りの美しい洋館
万延元(1860)年に函館ハリストス正教会の敷地内に建設。移転後の現在の建物は、明治41(1908)年に建築。内部は現在非公開になっている。

旧ロシア領事館

外壁と窓枠の紅白のコントラストが印象的

旧ロシア領事館

屋根正面の合掌部が丸い山形の唐破風玄関

旧ロシア領事館

住所
北海道函館市船見町17-3
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで11分、終点下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
見学自由(外観のみ)
休業日
無休
料金
情報なし

洋風居酒屋 南部坂

手作りのソースやていねいな調理に定評あり
ツタのからまる写真館を改装して営む洋風居酒屋。函館をはじめとした道産食材を良心的な価格で提供。チーズやグリル料理などに、お酒のメニューも豊富にそろう。

洋風居酒屋 南部坂

素材を重視した料理をゆっくり、リーズナブルな価格で味わえる

洋風居酒屋 南部坂

住所
北海道函館市末広町3-4
交通
JR函館本線函館駅から市電十字街方面行きで5分、十字街下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
18:00~21:30(閉店22:30)
休業日
不定休
料金
エスニック風生春巻き=540円/カスペ(エイ)のフリッター=756円/チェダークリームソースとホタテ&カニのピザ=1188円/牛肉のカルパッチョ=756円/北海道産とろ~りラクレットチーズ(ポテトまたはアスパラ)=972円/スペアリブのデミグラスソース煮込み=1026円/タコとツブ貝のアヒージョ=1026円/ 平均予算(夜):3000円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる函館 大沼・松前・江差'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×