コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  函館【レトロカフェ&レストラン】雰囲気もメニューも素敵!

函館【レトロカフェ&レストラン】雰囲気もメニューも素敵!

by mapple

更新日:2018年4月19日

元町やベイエリアには味のある古民家を利用した飲食店が数多くある。港町ならではの雰囲気とおすすめメニューを堪能しよう。

花かんろ

大正時代の空気を感じる店内
大正10年築 元駄菓子屋

昭和10(1935)年頃に駄菓子屋として開業。現在の店主が店を受け継いだ1995年から甘味処として営業している。自慢の自家製つぶ餡は、七飯町の農家から仕入れた小豆を使い、甘さはひかえめ。

白玉クリームあんみつ648円と抹茶白玉648円
白玉クリームあんみつは生のフルーツをふんだんに使う。

昔ながらののれんが印象的

茶房ひし伊

和洋入り交じるモダンな雰囲気
大正10年築 元質店

もとは石川啄木の妻・節子も利用したことがあるという質店の蔵。現在は和洋が融合したカフェメニューが堪能できる喫茶店に。オリジナルブレンドのコーヒーは、コクがあって飲みやすいと評判だ。

白玉パフェ920円とワッフル920円
ワッフルにはコーヒーまたは紅茶が付く。

石造りの重みのある外観

バルレストランラ・コンチャ

和洋折衷の空間でスペイン料理を
大正10年築 元深谷米穀店

店舗は旧深谷米穀店を改装。テーブル席は洋風、奥の個室は和の雰囲気。オーナーシェフは本場スペインで料理を学んだ第一人者。大正時代の建物を改装した店内で地元素材を使ったスペイン料理がいただける。

タラのニンニクパセリソース煮込み1404円
自家製サングリア(1340円)と一緒に楽しみたい。

函館市の歴史的建造物に指定

TACHIKAWACAFÉ Restaurant Maison

明治の栄華を象徴する建物でのんびり
明治34年築 元住宅

店舗は回漕業や米穀商で財を築いた太刀川家の住宅を改装。函館周辺の食材を使ったフランス料理のほか、秋から冬にはジビエも楽しめる。18時以降は貸し切りも可。

サーモンクリームのベーグルサンド 800円
サンドイッチは全部で5種類あり、パンを選ぶことも可能。

国の重要文化財に指定されている

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×