コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【北鎌倉】やすらぎの甘味処&レトロカフェでひと休み♪

【北鎌倉】やすらぎの甘味処&レトロカフェでひと休み♪

by mapple

更新日:2018年6月11日

格式のある寺社が建ち並ぶ北鎌倉には、本格的な和菓子を提供する甘味処も多い。寺めぐりの合間に足を運んで、情緒あふれる店内で安らぎの時間を過ごそう。

御菓子司 こまき

文人墨客も愛した季節の上生菓子
かつて作家の川端康成や高見順らも訪れたという、2018年で創業70年になるお菓子処。季節で内容が替わる上生菓子は、1日1種類のみ。静かな環境で、職人技が光る和菓子を堪能したい。

やすらぎの甘味!和菓子抹茶 983円
ていねいに作られた見た目も麗しい菓子を抹茶とともに。持ち帰りも6個から可能(2076円)

店の窓からは四季折々の風景が見渡せる

店は北鎌倉駅を出てすぐのところにある。店構えも趣深い

三日月堂 花仙

こだわりの食材で作る自家製和菓子を提供
こだわりの餡や良質な本葛を使った手作りの和菓子で知られる甘味処。一年を通して人気のあんみつや、夏季限定のくずきりが名物。生菓子やどら焼き、もなかはみやげにおすすめ。

やすらぎの甘味!あんみつ 950円
あんや寒天は自家製のもの。みつは沖縄・波照間産の黒糖を使用している

こし餡が入った「季節の生菓子」は抹茶とセットで950円

花が飾られ、洗練された雰囲気の店内に心なごむ

茶寮 風花

明月川のほど近くで名物をいただく
明月川の近くにある店。おすすめは、卯年に創業したことから作られた名物「うさぎまんじゅう」。せいろで蒸して出されるので、ほくほくの栗餡が入ったまんじゅうをアツアツで食べられる。

やすらぎの甘味!抹茶セット 800円
うさぎまんじゅうによもぎ団子が付いたセット。抹茶は宇治のものを使っている

落ち着いた雰囲気の店内から見える景観も美しい

店は緑豊かな木立の中で和の情緒を感じられる雰囲気

香下庵茶屋

茶室を改装した店で素朴な甘味に舌鼓
円覚寺入口の左手にたたずむ茶屋。茶室だった建物を改装しており、庭の美しさもあって風雅な雰囲気が漂う。甘味のほか、けんちん汁などのランチも食べられる。

やすらぎの甘味!みたらし団子 500円
職人がコシヒカリを練って作った団子を火で炙って提供しており、とても香ばしい

人気の「あべ川(きなこ餅)」は漬け物が付いて700円

店内はカウンター席のみ。屋外にテラス席もある

雰囲気も味も◎ レトロカフェ

北鎌倉でひと休みするなら、コーヒーや紅茶がおいしいカフェも見逃せない。味はもちろん、雰囲気も魅力の店をピックアップ。

石かわ珈琲

風景を楽しみながらコーヒーを
谷戸の高台にあるロースタリー&カフェ。店内から山の風景を眺めながら、スペシャルティコーヒーが味わえる。

「自家製チーズケーキ」400円。自家焙煎した香り豊かなコーヒーは500円

佗助

独特の雰囲気と景色に癒される
木をふんだんに使った店内がレトロな雰囲気を感じさせるカフェ。庭の風景も美しい。夜はお酒も楽しめる。

「ケーキセット」800円。香り豊かなコーヒーと手作りチーズケーキは相性抜群

鎌倉 歐林洞

高級感あふれるラウンジでお茶を
かわいいフォルムのサバランなどのケーキやフルーツティーが充実。店内にはアンティーク家具が飾られているラウンジがある。

「パウンドケーキ4種盛り合わせ」580円、「トロピカルローズティー」780円

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる鎌倉 江の島'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×