>  >  >  >  >  > 

【湯田中渋温泉郷】おすすめ特選宿をご紹介!

まっぷるマガジン

更新日:2018年6月25日

この記事をシェアしよう!

【湯田中渋温泉郷】おすすめ特選宿をご紹介!

よろづや

木造伽藍建築の風呂で趣あるひとときを
創業は江戸寛政年間にさかのぼる、歴史深い宿。純木造伽藍建築の桃山風呂と、1939(昭和14)年に建築された木造数寄屋造りの松籟荘が、国の有形文化財に登録されている。桃山風呂に続く大野天風呂には、日本庭園の池を思わせる風情と優雅さが漂う。

よろづや

庭園の景色が見事な大野天風呂

よろづや

クラシックな落ち着きと豪華さを漂わせる桃山風呂

よろづや

松籟荘には露天風呂付客室もある

よろづや

狩野派の屏風絵が飾られているロビーラウンジ

癒しの湯かどや

温かなおもてなしに心癒される湯宿
五岳亭・別館・湯けむり亭の3棟に分かれている、木造3階建ての宿。三波石を使った岩風呂や檜の浴槽の露天風呂など、3つの湯船でそれぞれ源泉が異なる掛け流しの天然温泉を楽しめる。露天風呂は貸切も可能。宿泊は素泊まりのみ。

癒しの湯かどや

岩で志賀の山並みを表した高原風呂

古久屋

6つの異なる源泉を6つの湯船で堪能
俳人・小林一茶をはじめ、数多くの文人墨客が訪れたという老舗宿。創業以来約400年の間、毎分400ℓの天然温泉がたえず湧出しており、その湯量は渋温泉随一を誇る。6つの湯船に、それぞれ異なる泉質や効能の源泉が注がれた「福六の湯」が宿の名物。

古久屋

6つの源泉を混ぜることなく、別々の湯船に注ぎ込んだ「福六の湯」

古久屋

建物は数寄屋風の木造建築

古久屋

通常の客室のほか露天風呂付客室もある

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください