トップ > 東海・北陸 > 名古屋・愛知 > 名古屋・瀬戸・犬山 > 名古屋 > 大須 > 

名古屋 大須ってこんなところ!基本情報をチェック!

エディマート

更新日:2021年8月26日

この記事をシェアしよう!

名古屋 大須ってこんなところ!基本情報をチェック!

神社仏閣や歴史ある老舗から、最新のサブカルチャーやアイドルまで多彩な見どころが詰まったエリア。歴史深い老舗、古着屋、最新のセレクトトショップなど新旧の魅力にあふれている。

名古屋 大須ってどんなところ?

名古屋観光地図※拡大できます

名古屋は尾張徳川家のお膝元として長く栄え、東海地方の中心として発展してきた街です。
味噌カツや手羽先に代表される『名古屋メシ』といわれる独特の食文化を持っており、赤味噌を多く使った濃いめの味付けが特徴です。

そんな名古屋の中心部に位置する大須商店街は、東西約700メートル、南北約500メートルのエリアの中に、何本もの個性ある通りが交差しています。デパートやセレクトショップが建ち並ぶ栄に近く、アクセスも良好で、ランチや買い物だけでも気軽に立ち寄れるのがポイントです。

さらに商店街の大部分がアーケードになっているため、雨の日や猛暑の日でも快適に散策できるのが魅力。昼間は車両通行止めになるので、ゆったりとお店を見て回れます。道路に面した席を用意している飲食店も多く、古きよき商店街の雰囲気が色濃く残るエリアです。

【大須ってこんなところ】フォトジェニックスイーツ急増中!

目でも楽しめる可愛いスイーツがいっぱい!ロールアイスや、タピオカドリンクパフェなど、写真映えで話題の店が続々と誕生している。SNSで「いいね」をゲットできること間違いなし!

【大須ってこんなところ】フォトジェニックスイーツ急増中!

【大須ってこんなところ】老舗&新グルメを味わう

大須商店街には長きにわたり地元民に愛される「老舗」と、トレンドを押さえた「新グルメ」の店が点在している。老舗と新グルメ、あなたはどっち派?

【大須ってこんなところ】老舗&新グルメを味わう
【大須ってこんなところ】老舗&新グルメを味わう
【大須ってこんなところ】老舗&新グルメを味わう

【大須ってこんなところ】カオスワールドを楽しもう

感度が高く、クリエイティブな人たちが集まる大須には、独自のカルチャーを発信する個性派ショップが目白押し。異国カルチャーをはじめ、ファッションや雑貨など、カオスタウン大須ならではの個性が光る店が並ぶ。

【大須ってこんなところ】カオスワールドを楽しもう
【大須ってこんなところ】カオスワールドを楽しもう
【大須ってこんなところ】カオスワールドを楽しもう

【大須ってこんなところ】大須看板コレクション

【大須ってこんなところ】大須看板コレクション

商店街で一番のにぎわい「万松寺通り」

【大須ってこんなところ】大須看板コレクション

インパクト大の「だるまや」の名物看板

【大須ってこんなところ】大須看板コレクション

パソコンショップや電子パーツの店が集まる「赤門」

【大須ってこんなところ】大須看板コレクション

名古屋の人気ういろう店「大須ういろ本店」

【大須ってこんなところ】大須のシンボル的存在「大須観音」

【大須ってこんなところ】大須のシンボル的存在「大須観音」

大須観音

住所
愛知県名古屋市中区大須2丁目21-47
交通
地下鉄大須観音駅からすぐ
料金
情報なし

【大須のおすすめスポット】新雀本店

名物!手焼きみたらし団子
一つずつ丹精込めて手焼きする昔ながらの団子が名物。50年以上にわたり受け継がれた秘伝のタレをつけながら焼く香ばしい香りに誘われて、絶え間なく人が訪れる。

【大須のおすすめスポット】新雀本店

みたらし団子

新雀本店

住所
愛知県名古屋市中区愛知県名古屋市中区大須2丁目30-12
交通
地下鉄大須観音駅から徒歩5分
料金
みたらし=100円(1本)/きな粉=100円(1本)/手焼きせんべい=300円~/
1 2

名古屋発信で、愛知岐阜三重の情報を中心に広く、深く取り扱います。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください