>  >  >  >  >  名古屋観光完全ガイド!1泊2日モデルプランやおすすめ観光スポット、名古屋グルメなど

名古屋観光完全ガイド!1泊2日モデルプランやおすすめ観光スポット、名古屋グルメなど

名古屋観光完全ガイド!1泊2日モデルプランやおすすめ観光スポット、名古屋グルメなど

尾張徳川家のお膝元として長く栄え、東海地方の中心として発展してきた街・名古屋。

金のシャチホコで名高い名古屋城や、古くから皇室や朝廷、武家から信仰を集めた熱田神宮などの定番名所はもちろん、レゴランド・ジャパンや東山動植物園、名古屋港水族館、名古屋市科学館などのおでかけスポットが名古屋駅から電車で行ける距離に点在しており、遊びには事欠きません。

きしめんや味噌煮込みうどん、手羽先、味噌カツなど、通称「なごやめし」とよばれる独自の食文化が楽しめるのも魅力です。

今回は名古屋ビギナーさんのために、名古屋への行き方、モデルプラン、定番の名所など基本情報から、名古屋グルメのおすすめ、名古屋駅・栄・大須それぞれの魅力や穴場スポットまで、名古屋観光に必要な情報をまとめてご紹介します!

まずが名古屋のみどころを40秒でチェック!

まずは名古屋のみどころをみていきましょう!

名古屋城はじめ、世代を問わず楽しめるレジャースポットやショッピングタウン、また「名古屋メシ」目当てに訪れる人が多いほどグルメに富んでいます。
モデルプランを参考にして名古屋を満喫してくださいね!

1.名古屋ってどんなところ?

尾張徳川家のお膝元で独特の食文化をもつ大都市

名古屋は尾張徳川家のお膝元として長く栄え、東海地方の中心として発展してきた街です。

味噌カツや手羽先に代表される『名古屋メシ』といわれる独特の食文化を
持っており、赤味噌を多く使った濃いめの味付けが特徴です。

名古屋駅周辺と栄は東海を代表する繁華街で、デパートやファッションビルが立ち並び、飲食店が軒を連ねています。
名古屋港周辺には「リニア・鉄道館」、「名古屋港水族館」などの人気の施設があります。

2.名古屋にはどんなエリアがあるの?

定番の観光エリアは名古屋駅周辺・栄・大須の3エリア

名古屋の主な観光エリアは名古屋駅周辺、栄、大須の3つです。
それぞれのエリアの特徴を掴んで、旅のプランニングに役立てましょう。

位置関係を地図でチェック!

各エリアの位置関係や、名古屋城、熱田神宮などの主要スポットの場所と行き方を、下記の名古屋観光地図からだいたい把握しておきましょう。

名古屋観光地図※拡大できます

エリア① 名古屋駅周辺

進化を続ける観光の中心地
JR、私鉄、地下鉄、市バスが行き交う総合駅で、通称“名駅”。駅前には商業エリアのある高層ビルが建ち並び、ショッピングやグルメスポットが豊富にそろう。

エリア① 名古屋駅周辺

エリア② 栄

豊富な飲食店にファッションビルが並ぶ
大通りには百貨店や複合ビルをはじめとするショッピングスポットが多く、飲食店も広範囲に渡って点在。緑豊かな公園も多く、街歩きの楽しさを味わえる。

エリア② 栄

エリア③ 大須

“ごちゃまぜ”感が魅力のカオスタウン
大須観音を中心とした子どもから大人まで楽しめる商店街。老舗の甘味にフォトジェニックなスイーツ、サブカルチャーまであらゆるジャンルのお店が集まる。

エリア③ 大須

3.知っておきたい!名古屋観光のポイント

名古屋を観光する際はまずどこへ行けばよい?何泊でまわる?
初めて名古屋に行く方は、名古屋観光のポイントをおさえておきましょう。

旅の起点はどこ?
名古屋駅電車やバスでの県外からのアクセスは名古屋駅がおもな玄関口。県内各地へ足をのばすのも、名古屋駅が起点になることがほとんど。

何泊で行く?
1~2日あれば十分。市内中心部だけなら、一日でも足りる。時間をかけて見学したい場合や、郊外へも足をのばすなら1泊2日を予定しておきたい。

移動手段は?
市内の主要スポットは地下鉄でまわることができる。一日に何度も乗り降りするなら、一日乗車券などを利用すると便利でお得。
車窓を眺めながら観光スポットをめぐることができるルートバス「メーグル」も観光客にはおすすめ。

どこに泊まる?
旅の起点となる名古屋駅が便利。もしくは主要エリアの栄や、栄にもアクセスしやすい伏見エリアは人気がある。

★★【こちらも要チェック!】絶対失敗しない!名古屋 ホテル選び

>> 絶対失敗しない!【名古屋ホテル選び】おすすめ人気ホテル – 2020年版(「Fish & Tips」サイトへ)

おみやげはどこで買う?
名古屋駅構内の売店やデパ地下などに行けば、あらゆる名古屋みやげが入手できる。
旅の最後にまとめて買えるのがうれしい。ひと味違うものを選びたいなら、郊外の人気店へ足を運ぶのもいい。

便利な観光バス!なごや観光ルートバス「メーグル」

便利な観光バス!なごや観光ルートバス「メーグル」

「メーグル」とは、金シャチをイメージしたゴールドの車体が目印の観光バス。名古屋城など市内中心部の主な観光スポットと、名古屋駅や栄駅などの主要な駅を結ぶルートを運行している。

土・日曜・祝日は沿線の観光ガイドを行うガイドボランティアが乗車する便もある。停車するスポットの案内はもちろん、名古屋の観光や車窓のみどころなど、観光客に嬉しい情報を伝えてくれる。

運行日

火~日曜日。
月曜(休日の場合は翌平日)と年末年始(12月29日~1月3日)は運休なので、気をつけよう。

運行本数

平日は名古屋駅から30分~1時間に1本が出発。一日に計13本が運行している。土・日曜、祝日は20~30分に1本が出発し、一日に計18本が運行。平日より増便される。

料金

1乗車210円。市交通局発行の一日乗車券やドニチエコきっぷも使える。[お得なきっぷ“メーグル1DAYチケット”]500円でメーグルに1日何回でも乗車できる。車内や、栄や金山の観光案内所、旅行代理店などでも販売している。チケットを提示すると施設の入場料が割引になるなど、さまざまな特典ある。

運行ルート

下記がメーグルの運行ルート。名古屋駅を出発し、名古屋城、徳川園、名古屋テレビ塔など主な観光スポットを巡ってから、再度名古屋城を通って名古屋駅に戻る。

メーグル運行ルート

4.名古屋で絶対行くべき、定番の名所は?

定番の名所は名古屋城と熱田神宮
名古屋の二大観光名所といえば、金のシャチホコが天守閣に輝く名古屋城と、東海地方を代表する神社、熱田神宮です。

名古屋城は本丸御殿や、場内に併設する大型飲食施設「金シャチ横丁」など名古屋観光にははずせない定番の名所です。

熱田神宮は三種の神器のひとつ、草薙神剣がおよそ1900年前に祀られた、神話が息づくパワースポットです。

どちらも名古屋駅から15分程度で行けますので、初めての名古屋観光の際は、是非行ってみましょう。

名古屋のシンボル・名古屋城

名古屋のシンボル・名古屋城

みどころは当時の御殿建築をそのまま復元完成させた、本丸御殿
名古屋城の築城は1612(慶長17)年。大阪城の豊臣氏に対する備えとして、徳川家康によって築かれた。そして尾張藩の初代藩主・徳川義直の入城以降、御三家筆頭である尾張徳川家の居城として栄えた歴史を誇る。

【アクセス】名古屋駅から電車と徒歩で16分

名古屋城

住所
愛知県名古屋市中区本丸1-1
交通
地下鉄市役所駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉門17:00)、天守閣・本丸御殿は~16:00
休業日
無休(12月29日~翌1月1日休)
料金
入場料=大人500円、中学生以下無料/ガイド=無料/(名古屋市内在住の高齢者は本人確認書類等持参で100円、各種手帳・受給者証持参で無料)

東海地方を代表する神社・熱田神宮

東海地方を代表する神社・熱田神宮

神話が息づく1900年超の歴史ある杜
古来より伊勢の神宮に次ぐ尊いお宮として崇敬を集める由緒あるお宮。6万坪の広大な神域を有し、刀剣や日本書紀などの国宝・重要文化財をはじめとする約6000点を宝物館に収蔵する。豊かな緑と静寂な空気に包まれた由緒ある神社を訪ねて、大いなるパワーを体感しよう。

【アクセス】名古屋駅から電車と徒歩で10分

東海地方を代表する神社・熱田神宮

熱田神宮

住所
愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1
交通
名鉄名古屋本線神宮前駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
境内自由(宝物館は9:00~16:10<閉館16:30>)
休業日
無休、宝物館は最終水・木曜(12月25~31日休)
料金
見学料(宝物館)=大人300円、小・中学生150円、企画展・特別展は別料金/白鳥守(初穂料)=1000円/男守(初穂料)=1000円/女守(初穂料)=1000円/

5.子供連れにおすすめの観光スポットは?

名古屋駅から行けるレジャースポットがたくさん
名古屋というと子連れ旅行のイメージがわかない方も多いと思いますが、名古屋には名古屋市科学館、あいち航空ミュージアム、リニア・鉄道館など知的探求心を満たすスタディスポットから、名古屋港水族館、ナガシマリゾートなど大規模なレジャースポットまで、大人も子供も楽しめるおでかけスポットが多数あります。

子どもと一緒に名古屋に来たら、1日遊べる名古屋のおでかけスポットへ行ってみましょう!

名古屋のおでかけスポット① 名古屋市科学館

名古屋のおでかけスポット① 名古屋市科学館

圧巻の科学ショーの数々!

ギネス記録に認定された世界一大きなプラネタリウムや、国内最大級の大型展示など、超スケールの設備を誇る科学館。

規模の大きさだけでなく種類の多さも国内屈指で、生命館、理工館、天文館の3棟に分かれた館内には、最先端から原理まで科学にまつわる展示が約220種類そろう。

【アクセス】名古屋駅→地下鉄東山線で3分→伏見駅下車、徒歩5分/名古屋駅から車で9分

名古屋のおでかけスポット② 名古屋港水族館

名古屋のおでかけスポット② 名古屋港水族館

キュートな海の生き物にトキメキ♪
水族館の三大スターともいえるシャチ、イルカ、ベルーガはもちろん、マイワシの大群やゴマフアザラシなどアイドルがいっぱいの名古屋港水族館。北館の名物ショーであるイルカのパフォーマンスや、南館の黒潮大水槽、ペンギン水槽など見どころ十分。個性豊かな海の仲間たちと、神秘的な海の世界に癒されよう。

【アクセス】名古屋駅から電車と徒歩で20分/車で25分

名古屋のおでかけスポット③ ナガシマリゾート・ナガシマスパーランド

名古屋のおでかけスポット③ ナガシマリゾート・ナガシマスパーランド

ローラーコースターは17個と日本最多!
全国有数の絶叫コースターの宝庫として知られる遊園地。遊園地や買い物、温泉など、一日では周り切れないほど楽しみがいっぱい。最近ではキッズエリアにも力を入れていて、三世代で楽しめるアトラクションも充実。

【アクセス】名古屋駅から車で40分/バスで55分

ナガシマスパーランド

住所
三重県桑名市長島町浦安333
交通
JR関西本線桑名駅から三重交通長島温泉行きバスで20分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:00(閉園)、土・日曜、祝日は~18:00(閉園、時期により異なる)
休業日
不定休(1月末、6月末は臨時休あり)
料金
パスポート(入場料+乗り物1日乗り放題券)=大人5200円、小学生4000円、2歳以上2400円、シニア(60歳以上、窓口限定販売)2700円/パスポート(15:00~、窓口限定販売)=大人3800円、小学生2800円、2歳以上1600円、シニア(60歳以上)2700円/入場券=大人1600円、小学生1000円、2歳以上500円/入場券(15:00~、窓口限定販売)=大人1300円、小学生900円、2歳以上400円/(障がい者割引あり)

名古屋のおでかけスポット④ リニア・鉄道館

名古屋のおでかけスポット④ リニア・鉄道館

スゴイ!が満載のスポット!
根強い人気を誇るリニア・鉄道館。東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでの展示を通じて「高速鉄道技術の進歩」を紹介する鉄道のミュージアム。
鉄道ジオラマや運転シミュレータなど充実の設備に大満足だ。

【アクセス】名古屋駅から電車と徒歩で26分/車で30分

リニア・鉄道館~夢と想い出のミュージアム~

住所
愛知県名古屋市港区金城ふ頭3丁目2-2
交通
名古屋臨海高速鉄道あおなみ線金城ふ頭駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉館17:30)
休業日
火曜、祝日の場合は翌日休(12月28日~翌1月1日休、春・夏休みは無休、GWは開館)
料金
入館料=大人1000円、小・中・高校生500円、幼児(3歳~未就学児)200円/音声ガイド(8か国語対応)=500円/在来線シミュレータ「車掌」(約15分、1回)=500円/新幹線シミュレータ「N700」(約15分、1回)=500円/在来線シミュレータ「運転」(約10分、1回)=100円/超電導リニア展示室ミニシアター(約5分)=無料/(団体料金(20名以上)は大人800円、小・中・高校生400円、幼児(3歳~未就学児)100円、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名は大人500円・高校生以下200円)

名古屋のおでかけスポット⑤ あいち航空ミュージアム

名古屋のおでかけスポット⑤ あいち航空ミュージアム

空への憧れをはぐくむ体感型ミュージアム!
愛知県にゆかりのある実機を間近で見られる展示スペースをはじめ、空を飛んでいるような気分を楽しめる体験型シアター、パイロット気分に浸れる職業体験コーナーなど、見どころ満載。
県営名古屋空港の敷地内にある臨場感もここならでは。

【アクセス】名古屋駅などからバスで約20〜40分

あいち航空ミュージアム

住所
愛知県豊山町豊場
交通
名鉄犬山線西春駅から名鉄バス名古屋空港行きで15分、エアポートウォーク下車すぐ、またはJR名古屋駅からあおい交通バス名古屋空港行きで20分、あいち航空ミュージアム下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:30(閉館19:00)
休業日
火曜、祝日の場合は翌日休
料金
大人1000円、高・大学生800円、小・中学生500円

名古屋のおでかけスポット⑥ ナゴヤドーム

声援が飛び交うホットスポット
3階ライト側にある「ドラゴンズワールド」では球速やスイングスピードを計測できる体験コーナーのほか、ミュージアムやフォトスポット、キッズエリアなどで楽しめる。

名古屋のおでかけスポット⑥ ナゴヤドーム

ナゴヤドーム

住所
愛知県名古屋市東区大幸南1丁目1-1
交通
地下鉄ナゴヤドーム前矢田駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
イベント、施設により異なる
休業日
不定休
料金
イベントにより異なる

名古屋のおでかけスポット⑦ キリンビール名古屋工場

「一番搾り」のおいしさの秘密を発見
代表銘柄「一番搾り」などの製造工場を見学できる。出荷までの工程を見学するほか、原料などにふれたり五感でビール造りを体感できる。記念撮影スポットやみやげ売り場も併設。

名古屋のおでかけスポット⑦ キリンビール名古屋工場

キリンビール名古屋工場(見学)

住所
愛知県清須市寺野花笠100
交通
JR東海道本線枇杷島駅から定時運行バスで10分、キリンビール名古屋工場下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
見学は10:10~、11:10~、12:10~、13:10~、14:10~、15:10~(要予約)、レストランは9:00~22:00(閉店23:00)、日曜、祝日、連休最終日は~21:00(閉店22:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌平日休、レストランは月2日不定休(点検期間休、年末年始休)
料金
見学料=無料/ビールクッキー&ホワイトチョコレート=860円/ラベルコースターセット=850円/ジャイアントプリッツ一番搾り(マスタード&ソーセージ味)=1080円/キリンミニチュアビールケース=200円/ガイドツアー=無料/

6.おすすめのモデルプランは?

市内中心部だけなら1日でも足りますが、はじめての名古屋観光ならば、まずは1泊2日で定番名所をまわるのがおすすめです。

観光名所、名古屋グルメ、ショッピングなど、名古屋観光で絶対にはずせないスポットを効率よくめぐりましょう。

喫茶店のモーニングから始まり、定番の名所・名古屋城へ。ランチはなごやめしの名店「やばとん」でみそかつを頂いてから栄へ移動し、ショッピングを。

2日目は行きたい場所に合わせて3コースからチョイスできるプランをご紹介します!

1日目 名古屋駅スタート

10:00 モーニング喫茶リヨン

名古屋駅に着いたら、まずは腹ごしらえ!ドリンクを注文すると
トーストやゆで卵などが付いてくるモーニングサービスは名古屋の名物だ。

 10:00 モーニング喫茶リヨン

モーニング喫茶リヨン

住所
愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目24-30 三井ビル本館 B1階
交通
JR名古屋駅から徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
8:00~18:00(閉店)
休業日
無休(12月30日~翌1月3日休)
料金
モーニング(8:00~18:00、ドリンク付)=410円/小倉モーニングセット=650円/コーヒー=410円/ 平均予算(昼):500円

11:00 名古屋城&本丸御殿

金シャチがきらめく、徳川家康が築いた城。戦災で焼失した城を再建した天守閣や復元された本丸御殿のほか、食を楽しむ「金シャチ横丁」も必見です。

11:00 名古屋城&本丸御殿

名古屋城

住所
愛知県名古屋市中区本丸1-1
交通
地下鉄市役所駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉門17:00)、天守閣・本丸御殿は~16:00
休業日
無休(12月29日~翌1月1日休)
料金
入場料=大人500円、中学生以下無料/ガイド=無料/(名古屋市内在住の高齢者は本人確認書類等持参で100円、各種手帳・受給者証持参で無料)

14:00 矢場とんでランチ

味噌で味わう、名古屋流のとんかつ。みそかつ発祥の「矢場とん」は名古屋市内などに支店もある。

14:00 矢場とんでランチ

矢場とん

住所
愛知県名古屋市中区大須3丁目6-18
交通
地下鉄矢場町駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:00(L.O.)
休業日
不定休(12月31日~翌1月1日休)
料金
わらじとんかつ定食(ご飯、味噌汁、漬け物付)=1728円/わらじとんかつ(単品)=1296円/鉄板とんかつ定食(ご飯、味噌汁、漬け物付)=1836円/鉄板とんかつ(単品)=1404円/みそかつ丼(味噌汁付)=1188円/かつサンド(1箱、4切れ)=864円/串かつ=432円(3本)・702円(5本)/とんかつカレー=1296円/ねぎ(トッピング)=54円/みそだれ(レトルト)=540円/ぶーちゃんTシャツ=2160円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円

15:00 オアシス21&栄

オアシス21やSUNSHINE SAKAEなど栄のランドマークは必見!大通りに軒を連ねる百貨店や地下街、セレクトショップなどでショッピングも楽しもう!

15:00 オアシス21&栄

オアシス21

住所
愛知県名古屋市東区東桜1丁目11-1
交通
地下鉄栄駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
銀河の広場は6:00~23:00、水の宇宙船は10:00~21:00、バスターミナルは5:45~24:00、物販ショップは10:00~21:00、飲食は10:00~22:00、サービスは10:00~20:00、一部ショップにより異なる
休業日
無休(ショップは1月1日休、2・9月は臨時休あり)
料金
施設利用=無料/
筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  >  >  >  > 
×