トップ >  関東・甲信越 > 首都圏 > 東京 > 東京駅・銀座・日本橋 > 日本橋 > 

日本橋でランチ&お土産選び7選! 八重洲口から徒歩で行ける観光スポット

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2024年6月13日

この記事をシェアしよう!

日本橋でランチ&お土産選び7選! 八重洲口から徒歩で行ける観光スポット

東京駅八重洲口から徒歩数分で行ける観光スポット『日本橋』は、日本人の旅行客はもちろん、外国人旅行客までが足を運ぶ歴史ある街です。
日本橋は老舗が多く並ぶなか、続々と新店も増えつつあり、新旧の魅力が交差する場所となっています。

どこか懐かしさを感じる純和風定食やおでん、海鮮丼にあの名店のオムライスなど、おすすめの日本橋グルメスポットをピックアップして紹介しています。

【日本橋×ランチ】海鮮山盛りの超お得な贅沢丼「つじ半」

日本橋の天丼専門店「天丼 金子半之助」と、ラーメンの名店「つじ田」によるコラボ店。「贅沢丼」の締めには、鯛のだし茶漬けのサービスもある。

【日本橋×ランチ】海鮮山盛りの超お得な贅沢丼「つじ半」

贅沢丼(梅) 1250円
まぐろのたたき、つぶ貝、いくらなど全10種類の具材がたっぷりのる

【日本橋×ランチ】海鮮山盛りの超お得な贅沢丼「つじ半」

開店前から行列ができる人気ぶり。時間に余裕をもって行くのがおすすめ

つじ半 日本橋本店

住所
東京都中央区日本橋3丁目1-15久栄ビル 1階
交通
地下鉄日本橋駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~20:30(閉店21:00)
休業日
不定休
料金
ぜいたく丼=1250円(梅)/

【日本橋×ランチ】ふわふわ卵の名物オムライス「たいめいけん」

食通で知られた文人、池波正太郎も通った昭和6(1931)年創業の洋食の老舗。1階はカジュアルな洋食店、2階は本格的なレストランとなっている。

【日本橋×ランチ】ふわふわ卵の名物オムライス「たいめいけん」

タンポポオムライス 1950円
ケチャップ味のチキンライスの上には、バターたっぷりのオムレツがのる

【日本橋×ランチ】ふわふわ卵の名物オムライス「たいめいけん」

黒いレンガ造りでモダンな雰囲気の外観

たいめいけん

住所
東京都中央区日本橋室町1丁目8-6
交通
地下鉄三越前駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
1階は11:00~20:30(閉店21:00)、日曜、祝日は~20:00(閉店20:30)、2階は~14:00(閉店15:00)、17:00~20:00(閉店21:00)
休業日
月曜、2階は日曜、祝日(1階は1月1~2日休、2階は12月30日~翌1月3日休)
料金
オムライス=1700円(1階)・2200円(2階)/タンポポオムライス=1950円(1階)・2800円(2階)/ハヤシライス=2000円(1階)・2700円(2階)/ハンバーグステーキ=2600円(1階)/カレーライス=800円(1階)/

【日本橋×ランチ】カラッとサクサク揚げたて天丼「天丼 金子半之助」

毎日行列必至の天丼の店。天丼には、毎朝築地で仕入れた穴子など大きな天ぷら6種類がのる。コスパの良さに驚き!

【日本橋×ランチ】カラッとサクサク揚げたて天丼「天丼 金子半之助」

江戸前天丼
丼に収まらないほど大きな穴子がボリューム満点。半熟卵の天ぷらもたまらない

【日本橋×ランチ】カラッとサクサク揚げたて天丼「天丼 金子半之助」

カウンター席では、天ぷらを揚げる様子を見ることができる

【日本橋×ランチ】カラッとサクサク揚げたて天丼「天丼 金子半之助」

15~16時頃の時間帯は行列が少なくおすすめ

日本橋 天丼 金子半之助

住所
東京都中央区日本橋室町1丁目11-15
交通
地下鉄三越前駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:30(閉店22:00)、土・日曜、祝日は10:00~20:30(閉店21:00)
休業日
不定休
料金
江戸前天丼=980円/がりごぼう(持ち帰り用)=500円/

【日本橋×カフェ】アーティスティックな空間を楽しむカフェ「THE A.I.R BUILDING」

“アーティストが住みついたビル”がテーマのビル。1階のカフェではティーブランド「LUVOND TEA」の紅茶などが楽しめる。

【日本橋×カフェ】アーティスティックな空間を楽しむカフェ「THE A.I.R BUILDING」

オーガニックパンケーキ
平飼いの卵や粗糖など、厳選素材を使用したパンケーキは、紅茶と相性抜群

【日本橋×カフェ】アーティスティックな空間を楽しむカフェ「THE A.I.R BUILDING」

カフェスペースには、作品が展示されることもある

THE A.I.R BUILDING

住所
東京都中央区日本橋本町3丁目2-8THE A.I.R BUILDING 1階
交通
JR総武快速線新日本橋駅からすぐ

【日本橋×みやげ】フランス人が提案する斬新な日本茶「おちゃらか」

50種類以上のフレーバーティーを販売する日本茶専門店。店主が考案した「バナナチョコ」など、新しい形のお茶を味わおう!

【日本橋×みやげ】フランス人が提案する斬新な日本茶「おちゃらか」

シャンパン(室町)
華やかな香り。水出しして、炭酸水で割るのも◎

【日本橋×みやげ】フランス人が提案する斬新な日本茶「おちゃらか」

店内の壁一面には、お茶の箱が並んでいる

おちゃらか

住所
東京都中央区日本橋人形町2丁目7-16関根ビル 1階
交通
地下鉄人形町駅からすぐ

【日本橋×みやげ】レトロかわいい和紙「榛原」

数々の著名人も利用してきた、歴史ある和紙舗。全国各地から取り寄せた和紙や、オリジナルの便箋など小物も豊富にそろう。

【日本橋×みやげ】レトロかわいい和紙「榛原」

榛原ノート
レトロモダンのさまざまな和柄がそろう、横罫のノート

【日本橋×みやげ】レトロかわいい和紙「榛原」

千代紙柄を模した特徴的な外観

榛原

住所
東京都中央区日本橋2丁目7-1東京日本橋タワー
交通
地下鉄日本橋駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:30、土・日曜は~17:30
休業日
祝日(年末年始休)
料金
蛇腹便箋レターセット=550円/竹久夢二一筆箋=550円/木版摺色ふちレターセット=1320円/紅ふちレターセット=1716円/

【日本橋×みやげ】江戸文化を現代風にアレンジした和菓子「日本橋屋長兵衛 日本橋本店」

現代風に、「粋」にアレンジした和菓子をそろえる。縁起の良い鯛の姿をしたまんじゅう「天下鯛へい」はおみやげに喜ばれること間違いなし。

【日本橋×みやげ】江戸文化を現代風にアレンジした和菓子「日本橋屋長兵衛 日本橋本店」

天下鯛へい
もっちりした食感の生地のなかには、なめらかなこしあんが。縁起の良い鯛の形に焼き上げている

【日本橋×みやげ】江戸文化を現代風にアレンジした和菓子「日本橋屋長兵衛 日本橋本店」

「三越日本橋店」の向かいに位置する、4階建ての建物

日本橋屋長兵衛 日本橋本店

住所
東京都中央区日本橋室町1丁目6-2
交通
地下鉄三越前駅からすぐ
1 2

日本橋の新着記事

【日本橋駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット5選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、日本橋駅周辺(徒歩20分...

【三越前駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット4選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、三越前駅周辺(徒歩20分...

東京の天ぷらは名店ぞろい!江戸前天ぷら、江戸・明治創業の老舗、しのぎを削る実力派の18軒

お江戸・東京の天ぷら屋は、ご存知のように名店ぞろい!その丁寧なしごとで、国内外からのお客をもてなしています。 老舗といえば、明治初期から続く江戸前天ぷら・浅草の中清に、江戸創業の雷門 三定。明治...

東京のおすすめ台湾料理8選!本場の雰囲気を感じながらプチ台湾旅行気分!

台湾カステラやタピオカドリンクなどのスイーツや、台湾の朝ごはんは、日本でも大人気。ブームを通り越して、いまや「定番」となりつつあります。コロナ禍で台湾に気軽に行くことはできませんが、東京で本格的な台湾...

東京でもベトナム料理が楽しめる!エリアやシーンで使いわけたいおいしいベトナム料理の名店8選

フォーやバインミーなど見た目も味わいも多彩なベトナム料理は、幅広い層から支持を受けるアジアご飯! ここ数年のパクチーブームもあいまって、東京都内でも根強い人気を誇るベトナム料理のレストランが多数...

【東京・日本橋】アートアクアリウム美術館 3万匹を超える金魚が展示!

東京・日本橋のアートアクアリウム美術館では、アートアクアリウム史上最大の30,000匹を超える金魚が展示されています。 これまで東京では夏の時期限定の企画展でしたが、常設展として四季折々のアート...

三越前のおすすめランチ13選!おいしい人気店をご紹介

活力と元気をチャージするためにも美味しいランチは重要! ランチを楽しみに、朝の満員電車も仕事も頑張っているという方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、東京きってのショッピングスポット・...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。