「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【東京タワー】展望台だけじゃない!注目すべき観光ポイント!

【東京タワー】展望台だけじゃない!注目すべき観光ポイント!

【東京タワー】展望台だけじゃない!注目すべき観光ポイント!

by mapple

更新日:2018年7月29日

東京タワーとは、高さ333mを誇る総合電波塔。昭和33(1958)年に当時世界一高い塔として開業したことは広く知られています。一方、東京タワーの中を観覧した人は意外と少ないかもしれません。

東京タワーは2つの展望台に加え、さまざまなショップや飲食店が集まるフットタウンもある人気スポット。また2018年3月、「特別展望台」が「トップデッキ」としてリニューアル!これを機会に東京タワー観光をしてみませんか。

東京タワー

アクセス
赤羽橋:東京駅から電車で約13分

メインデッキ料金
大人(高校生以上):900円、子ども(小・中学生):500円、幼児(4歳以上):400円
トップデッキツアー料金
大人(高校生以上):2800円、子ども(小・中学生):1800円、幼児(4歳以上):1200円

東京タワー

東京タワーの詳細情報


住所
東京都港区芝公園4丁目2-8
交通
地下鉄赤羽橋駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~22:30(閉館23:00)
休業日
無休

展望台から絶景を眺める!

東京タワーに来たらはずせないのが展望台。高所から見下ろす東京の街並みは圧巻!昼と夜で違った魅力を楽しめる。

トップデッキ

東京タワーの過去から未来までを感じられる体験型展望のツアー「トップデッキツアー」(事前予約、時間指定制)を開催。ジオメトリックミラーとLED照明の演出が施された空間から眺望が楽しめる。【高さ250m】【2018年3月リニューアル】

トップデッキ

ジオメトリックミラーを配した展望スペース。都市風景に埋没するような雰囲気に

メインデッキ

2フロアに分かれていて、カフェやショップがそろう。2017年9月からリニューアル工事中のため、時期により見えない方角がある。【高さ150m】

メインデッキ

運が良ければ、六本木ヒルズなどの東京のランドマークと富士山を一度に望むことができる

メインデッキ

夜は桜田通りが東京タワーの形に見える

エレベーターにも注目!

メインデッキからトップデッキまでのエレベーターもリニューアル。ガラス窓が大きくなり、以前より景色がよく見え、より浮遊感が感じられる仕様に

エレベーターにも注目!

夜はライトアップでロマンティック気分

土曜や特定の日の20〜22時限定で行なわれる「ダイヤモンドヴェール」。それぞれの色には意味がある。

夜はライトアップでロマンティック気分

ランドマークライト
通常バージョンのライトアップはオレンジ色。夏は涼しげ、冬は温かみのある色合いに変わる

夜はライトアップでロマンティック気分

:愛・感謝

夜はライトアップでロマンティック気分

赤紫:夢・幸福

夜はライトアップでロマンティック気分

:希望・祝祭

夜はライトアップでロマンティック気分

青緑:地球・平和

夜はライトアップでロマンティック気分

:水・命

夜はライトアップでロマンティック気分

:自然・環境

夜はライトアップでロマンティック気分

:永遠・継承

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる東京’19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×