コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【出雲】一畑電車で木綿街道へ行ってみよう!

【出雲】一畑電車で木綿街道へ行ってみよう!

by mapple

更新日:2018年9月14日

木綿街道は江戸時代に木綿流通で栄えた歴史を色濃く残す町並み。出雲大社や松江の最寄り駅から宍道湖畔を走る一畑電車に乗って、昔懐かしいストリート散歩に出かけよう。

一畑電車はこんな電車

松江と出雲大社を約1時間で結ぶ山陰唯一のローカル私鉄。通称「ばたでん」と呼ばれ、地元の人から観光客まで多くの人々に親しまれている。

しまねっこ号が大人気!

しまねっこ号は車両の外装から内装まで、島根にちなんださまざまなモチーフで埋め尽くされた電車。まさに「乗れるご縁スポット」といえるこの電車で木綿街道をめざすのがオススメ。
★1日の運行時刻等は一畑電車ホームページで要確認(問い合わせ 0853-62-3383 一畑電車営業課まで)

かわいいラッピングで包まれたしまねっこ号

ピンクがベースの車内には「ご縁」につながる仕掛けが満載

一畑電車出雲大社前駅に注目!

レトロモダンな西洋建築の駅舎
出雲大社のお膝元にある、ばたでんの終着駅。アーチ状の天井やアールデコ調の装飾を取り入れた駅舎は、1930(昭和5)年に建てられた。

有形文化財に登録されている駅舎

日本最古級の電車「デハニ50形」を展示

待合いスペースのステンドグラスの窓から降り注ぐ光を2人でいっしょに浴びると恋が実るそう

駅構内の改札近くには、幸せを呼んでくれそうなハートや鐘が!

お得なチケットあります!

途中下車が楽しめるチケットやオプション付きのチケットがあるので利用すると便利(松江しんじ湖温泉駅で販売)。

【ココに注意】
平日の通勤時間外や休日は、1時間に1本の運行。途中下車する駅では、次の電車の発車時刻をしっかりチェックしよう。

【これも便利】
★パーク&ライドでスムーズ移動
駅近くの駐車場に無料で駐車できる。松江しんじ湖温泉駅、出雲大社前駅などで実施中。
★駅からレンタサイクルを利用しよう
全区間、自転車の持ち込みOK。1台につき310円。レンタサイクルの貸し出しもしている。
●問い合わせ 0853-62-3383(一畑電車営業課)

1日フリー乗車券1500円
一畑電車が一日乗り降り自由になるレトロな乗車券
縁結びパーフェクトチケット 3000円
出雲路をめぐる一畑電車や路線バスなどが3日間乗り降り自由
のんびりポタポタチケット 3500円
一畑電車、松江レイクライン、堀川遊覧船が一日乗り放題

電車みやげもチェック!

一畑電車をモチーフにしたオリジナルグッズがあるので、みやげにいかが。

人気車両の箱に入ったクッキー(12枚入り430円)
【販売場所】松江しんじ湖温泉駅売店、雲州平田駅、出雲大社前駅売店

木綿街道はこんなトコ

江戸時代、出雲地方の木綿を松江や大坂に出荷する市場町として栄えた場所。商家の酒蔵や醤油蔵、旧家の建物が軒を連ねる約400mのストリートが見どころ。

ACCESS
一畑電車雲州平田駅から徒歩7分
山陰自動車道斐川ICから約10km

宇美神社

注目!縁結びで人気
悪い縁を断ち切り、良縁を授けてくれる「縁切り・縁結び」のご利益があるとされる神社。木綿街道に来たらぜひ立ち寄ってお詣りを。

木綿街道交流館

木綿街道に来たらまずはココへ
約200年前の医家、長崎邸を復元。観光案内、老舗をめぐるミニツアー受付、本石橋邸の入館受付などを行い、木綿街道のことならなんでもわかる施設。

本石橋邸に隣接した施設

抹茶(450円)のお茶請けには生姜糖がつく

本石橋邸

江戸時代の姿を残す切妻妻入塗家造りの屋敷
江戸時代中期に建てられた、かつての地主屋敷。典型的な切妻妻入塗家造りの2階造り。奥座敷は松江藩主が出雲大社参拝の際に立ち寄る御座敷として造られたもの。

奥座敷や茶室と調和した庭園も必見

來間屋生姜糖本舗

さっぱりした甘さのショウガのお菓子
創業から300年の老舗。出雲の特産、出西生姜の搾り汁と砂糖を炭火で煮詰め、それを固めて作る生姜糖が看板商品。口に含めばショウガのキリッとした辛みと上品な香りが広がる。

風格ある看板が印象的

板状の生姜糖(1枚、486円)はレトロなパッケージも◎

ごはん屋 棉の花

ランチや休憩はココで
木綿街道交流館内にある和風お食事処。江戸時代の建物を復元した趣ある空間で、地元の食材を使った郷土料理が味わえる。定食や御膳、出雲そばのほか、ぜんざいや抹茶も楽しめる。

季節のおかずと出雲そばが楽しめる蕎麦御膳(割子二段)1200円

和室からは中庭を眺められる

筆者:mapple

まっぷる松江・出雲 石見銀山’19

発売日:2018年04月11日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる松江・出雲 石見銀山’19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×