トップ >  九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 屋久・奄美 > 種子島 > 

種子島観光の楽しみ方! 観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日: 2023年1月7日

この記事をシェアしよう!

種子島観光の楽しみ方! 観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

鉄砲伝来の地であり、宇宙開発基地でもある種子島。
島内にはそれらにまつわる施設が多く、歴史と未来の1ページを見ることができます。
全国屈指のサーフポイントとしても知られています。

種子島旅行に出かける前に、各エリアの位置関係を把握して楽しい旅のプランを立てましょう!

【種子島×観光】種子島の見どころを40秒でチェック!

まずは、種子島の魅力をギュッとつめ込んだ動画をご覧ください!

【種子島×観光】種子島の位置関係を把握しよう

種子島観光の拠点となるのは西之表エリア。

【種子島×観光】種子島へのアクセス

飛行機

  • 【鹿児島空港~種子島空港】JAC(日本エアコミューター) 所要:40分/1日3便

  • 【鹿児島(高速船ターミナル)~西之表港】トッピー&ロケット 所要:1時間35分~3時間5分/1日5~7便
  • 【鹿児島(南埠頭)~西之表港】コスモライン 所要:3時間30分/1日1便
  • 【鹿児島(谷山港)~西之表港】鹿商海運 所要:3時間40分/1日1便

【種子島×観光】行く前に知っておきたい種子島の基本知識

  • 銀行・郵便局 西之表と中種子に銀行がある。島内の簡易局を除く14か所の郵便局にはATMを設置。
  • コンビニ 24時間営業、ATM設置のファミリーマートが西之表と南種子にある。
  • 携帯電話 ほぼ全島利用可能だが、山中の一部が利用不可。

種子島内の交通

大和バスが高速船に合わせて西之表港~宇宙センターに1日6往復(うち1本は南種子まで)、航空便に合わせて空港~西之表、南種子を各4往復運行する。各市町にはコミュニティバスもあるが、観光には不向き。タクシーを利用する場合は港や空港以外は連絡が必要。空港~西之表市街で約4500円。レンタカーは1日4000円程度~。

種子島内の魅力

魅力① サーフィン

東シナ海側に西海岸、太平洋側には東海岸があり、全国有数のサーフポイントとなっている。とくに高い波が発生する東海岸はプロ級のサーファーに人気。

魅力② 鉄砲伝来の地

天文12(1543)年、ポルトガルから鉄砲が伝来。島内には、鉄砲が伝来した場所である門倉岬をはじめ、鉄砲にまつわる史跡や旧跡が残る。

魅力③ 宇宙センター

南種子町に立つ種子島宇宙センターは、日本有数の宇宙ロケット打ち上げ発射場。歴代のロケットの模型や宇宙の不思議を学べるゲームなどがある。

【種子島×観光】種子島でやりたい4つのこと

種子島でやりたいこと1.宇宙科学の最先端技術にふれる!宇宙センターに密着

種子島でやりたいこと1.宇宙科学の最先端技術にふれる!宇宙センターに密着

1年に3〜5機のロケットの打上げを行う種子島宇宙センター。近年では、「はやぶさ2」の打上げや国際宇宙ステーションへ物資を運んだ「こうのとり8号機」の打上げが新しい。宇宙科学の最先端にふれてみよう。

人類の夢と希望が詰まった宇宙センター「種子島宇宙センター・宇宙科学技術館」

総面積970万㎡を有する国内最大規模のロケット発射基地。ガイドが案内するH-Ⅱロケットの実物や射点などの見学ツアーがあり、併設の技術館ではロケットの仕組みや宇宙の知識を深められる。

種子島宇宙センター・宇宙科学技術館ではおもしろ見学ツアーに参加!
H-Ⅱロケットの実機、発射場や指令棟が見られる見学ツアーで普段入ることのできない現場は必見だ!

所要時間 75分
時間  11:00、13:30、15:30(事前予約制、空席のある場合のみ当日受付可能)
料金  無料

みやげをチェック
ミュージアムショップでは宇宙食をはじめ、ロケットや宇宙の関連グッズを販売。来館記念に手に入れよう。

種子島宇宙センター 宇宙科学技術館

住所
鹿児島県熊毛郡南種子町茎永麻津種子島宇宙センター内
交通
西之表港から大和バス宇宙センター行きで1時間30分、終点下車すぐ
料金
入館料=無料/文房具=216円~/子供用の宇宙服=8640円/

種子島でやりたいこと2.種子島でサーフィントリップ!波乗りをしよう

種子島でやりたいこと2.種子島でサーフィントリップ!波乗りをしよう

国内有数のサーフポイントとして知られる種子島。近年は初心者向けスクールや、サーファーが集うカフェやバーも増え、島はまさにサーフィン一色。今度の旅は"サーフトリップ"で行こう!

種子島でやりたいこと3.種子島で人気のおすすめの観光・グルメ・ショッピングスポットを巡る

種子島でやりたいこと3.種子島で人気のおすすめの観光・グルメ・ショッピングスポットを巡る

種子島宇宙センターと鉄砲伝来の島で知られる種子島は見どころいっぱい!新鮮な魚介を使った料理や種子島産のサツマイモを使ったスイーツなど、グルメもお土産も目が離せません。

種子島でやりたいこと4.シーサイドビュー絶景宿に泊まる

種子島でやりたいこと4.シーサイドビュー絶景宿に泊まる

サーフィンが盛んな種子島では海沿いに宿が多く、情報収集やポイントへの移動が便利。ロケット打ち上げ時の予約は混雑必至なので十分注意しよう。

九州・沖縄の新着記事

2023年「駅弁大会」で楽しむ日本縦断、駅弁の旅!

全国津々浦々から、ふるさとの味が届く『京王百貨店 元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会』。300種類以上が集結する駅弁の中から、昨今の物価高騰に負けない1個千円前後の美味しい駅弁をご紹介。現地直送の「輸...

鹿児島のカフェへ!鹿児島中央駅・天文館・城山・仙厳園で、おしゃれで落ちつくカフェ14店

鹿児島のカフェへようこそ!ここにしかない黒酢のカフェ、しろくま進化系、文化財建築のスタバ、桜島の絶景カフェ!鹿児島が誇るすてきなカフェをご紹介しましょう。 天文館のアーケードにあるカフェ・城山で...

沖縄の大宜味村を観光!シークヮーサー&ランチ&道の駅を徹底紹介♪

2021年に世界自然遺産に登録された、沖縄本島北部・やんばる地域にある大宜味村。 「日本一長寿宣言の村」であり、シークヮーサーの産地としても知られています。 シークヮーサーはみかんのように食べたり...

【福岡・日帰り温泉】福岡で評判の日帰り温泉4選!充実の大型温泉にあの名湯も!

福岡市内のおすすめな日帰り温泉施設をご紹介しましょう! まずはご案内したいのは、休暇村志賀島温泉「金印の湯」。爽快な景色の海の中道を通り、玄界灘に沈む夕日を眺めることができます。また、ベイサイド...

『すずめの戸締まり』聖地巡礼!九州~東北までおすすめのスポットをご紹介

『君の名は。』『天気の子』などの新海誠監督による最新の劇場用アニメーション映画『すずめの戸締まり』が、2022年11月11日から公開となりました。 実在する風景を魅力的に切り取り、町や都市の「記...

【福岡市・神社】「開運」「縁結び」「学業成就」などご利益授かり&都会の癒しタイムにも♪ 福岡市でおすすめの神社9選!

福岡県で神社といえば有名な太宰府天満宮は、大宰府市。福岡からは車で1時間ほどの距離です。今回は、福岡市内でおすすめの神社のご案内しましょう。 特におすすめしたいのは、「櫛田さん」の名で親しまれる...

【福岡 天神・居酒屋】天神で行きたい人気屋台&博多名物が出てくる居酒屋12軒!

福岡市の屋台の数はおよそ100軒。そのなかから、天神エリアでにぎわっている屋台をピックアップしました。 屋台といってもとんこつラーメンだけではありません。店主が趣向を凝らしたさまざまなメニューで...

世界遺産の島・徳之島の王道観光プラン! 絶景&ランチを満喫するモデルコースをご紹介

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」として2021年7月に世界遺産に登録された鹿児島県徳之島。 島内には亜熱帯照葉樹林が広がる世界遺産の森、アマミノクロウサギといった貴重な固有生物と出会えるネ...

話題のフルーツバス停から干陸地のフラワーゾーンまで。長崎県諫早市の絶景スポットへ行こう!

諫早市は、縦に長い長崎県のほぼ中央、有明海、大村湾、橘湾の3つの海に面した自然豊かな都市です。 JR諫早駅は2022年9月に開業した西九州新幹線「かもめ」の停車駅でもあり、格段にアプローチしやすくな...

黒島観光でウミガメと出会う旅 石垣島から船で30分のハートアイランドへ!

石垣港離島ターミナルから高速船に乗って20分もすれば、青い海に囲まれた黒島が見えてきます。 上空から見るとハートの形をしているため“ハートアイランド”と呼ばれ、人口の約10倍もの牛がいる牧畜がさかん...
もっと見る

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ >  九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 屋久・奄美 > 種子島 >