トップ >  関東・甲信越 > 新潟・佐渡 > 上越・妙高 > 妙高高原 > 池の平温泉 > 

【妙高高原】湯めぐり!大自然に囲まれた7湯をチェック!

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2024年2月13日

この記事をシェアしよう!

【妙高高原】湯めぐり!大自然に囲まれた7湯をチェック!

風光明媚な山あいに、個性豊かな温泉が点在する妙高高原温泉郷。湯の色や泉質がそれぞれに異なり、好みで選べるのがうれしい。日帰りで湯浴みができるスポットとともに7湯を大公開!

湯めぐり前にこちらをゲット!

湯めぐりを楽しむなら、26施設のなかから、日を変えて3軒の施設の風呂が楽しめるお得なチケットを購入しよう。妙高市内各観光案内所で1200円で販売。温泉ソムリエ認定ツアーも開催。

湯めぐり前にこちらをゲット!
湯めぐり前にこちらをゲット!

「温泉総選挙2017」2部門グランプリを受賞しました!
温泉ソムリエ家元遠間和広さん(遠間旅館主人)

中村屋旅館

さらりとしたやわらかな赤い湯が身も心も溶かす
原生林に囲まれた野天風呂で、妙高唯一の赤色の湯が楽しめる温泉宿。湯は源泉100%のかけ流し。滞在すれば、山菜やきのこたっぷりの田舎料理の夕食も味わえる。

【日帰りDATA】
料金:500円
営業:9:00〜17:00
定休日:無休

中村屋旅館

5代目の主人が営む老舗宿。赤い「湯の華」の入浴剤も販売する

関温泉

泉質 ナトリウム- 塩化物炭酸水素塩泉
特徴 弘法大師が開き、上杉謙信も戦の疲れを癒した伝統のいで湯。赤い湯の花が特徴。

関温泉

鉄分を含む湯が注がれた、野天風呂「薬師の湯」

中村屋旅館

住所
新潟県妙高市関温泉
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン関山駅から頸南バス燕温泉行きで28分、関温泉下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
無休
料金
1泊2食付=8790円~/日帰り入浴(9:00~17:00)=500円/湯の華=1500円(1瓶)、200円(袋タイプ、1袋)/

旅館おかやま

妙高高原の山並みを眺めながら自噴する鮮度のいい湯を満喫
妙高の山々の眺めがいい、源泉かけ流しの湯自慢の宿。露天風呂のほか、内湯や檜の貸切風呂で湯三昧が楽しめる。和風モダンな館内は清潔感にあふれ、落ち着きのある空間を演出している。

【日帰りDATA】
料金:1050円
営業:15:00〜20:00
定休日:無休

旅館おかやま

和モダンな客室は畳敷き&ローベッドタイプ

新赤倉温泉

泉質 硫酸塩泉・炭酸水素塩泉
特徴 白樺やカラ松林に囲まれた、赤倉温泉と池の平温泉の境目。湯は赤湯から引く。

新赤倉温泉

露天風呂「白樺の湯」は冬季閉鎖

旅館 おかやま

住所
新潟県妙高市田切218
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン妙高高原駅から妙高市営バス赤倉足湯行きで12分、新赤倉下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
無休
料金
1泊2食付=13000円~/

野天風呂「滝の湯」

水着で入れる男女兼用の貴重な温泉プールも魅力
一度に50人ほどが入れる広々とした露天風呂が人気の日帰り入浴施設。水着で利用できる男女兼用の温泉プールは、家族連れに人気。近くに無料の足湯もある。

【日帰りDATA】
料金:大人500円、小学生350円
営業:4月下旬〜11月下旬9:00〜16:00(閉館17:00)、木曜は〜16:00(閉館)
定休日:無休

野天風呂「滝の湯」

赤倉温泉の開湯170年を記念してオープン

赤倉温泉

泉質 カルシウム・マグネシウム・ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩温泉
特徴 温泉郷随一の規模を誇る温泉街。湯は無色透明で、美人の湯として知られる。

赤倉温泉

野趣満点の露天風呂と男女兼用の温泉プールがある

赤倉温泉野天風呂滝の湯

住所
新潟県妙高市赤倉温泉
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン妙高高原駅から市営バス赤倉方面行きで20分、赤倉足湯公園下車すぐ
営業期間
4月下旬~11月上旬
営業時間
9:00~16:00(閉館17:00)、木曜は~15:00(閉館16:00)
休業日
期間中荒天時
料金
入浴料=大人500円、小学生350円/

黄金の湯

乳白色の湯に浸かりながら森林浴を楽しもう♪
燕温泉街から急な坂道を上った先の大自然のただなかにある、入浴無料の露天風呂。秋に黄金色の落葉が舞い落ちることから、「黄金」の名がついた。

【日帰りDATA】
料金:無料
営業:5月頃〜11月中旬、日の出〜日没
定休日:期間中月・金曜の午前

黄金の湯

湯船は男女別に分かれ、男女別脱衣所も完備する

燕温泉

泉質 含硫黄-カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉
特徴 妙高高原でもっとも高所にある温泉。乳白色の湯は弘法大師の発見と伝わる。

燕温泉

紅葉の名所に湧く露天風呂。無料で利用できる

燕温泉 黄金の湯

住所
新潟県妙高市燕温泉
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン関山駅から市営バス燕温泉行きで30分、終点下車、徒歩10分
営業期間
3月下旬~11月中旬
営業時間
日の出~日没まで(月・金曜は午後~)
休業日
期間中無休
料金
無料

アパリゾート上越妙高

グリーンシーズンに茶色の名湯を楽しもう
本格的ゴルフコースをはじめとした各種スポーツ施設など、アクティビティ施設が充実。大浴場と露天風呂が日帰り入浴できる。2018年春につぼ風呂が新登場。

【日帰りDATA】
料金:700円
営業:4月上旬〜11月中旬、12:00〜16:00
定休日:期間中無休

アパリゾート上越妙高

サウナ付大浴場(混雑時は日帰り入浴不可の場合あり)

アパリゾート上越妙高温泉

泉質 低張性・アルカリ性・単純硫黄冷鉱
特徴 妙高山の美しい風景が見わたせる、茶色の湯が湧くグリーンシーズンリゾート。

アパリゾート上越妙高温泉

巨岩を配した天然温泉露天風呂「金泉の湯」

アパリゾート上越妙高

住所
新潟県妙高市桶海1090
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン関山駅からタクシーで15分(送迎あり、予約制)
営業期間
4月中旬~11月中旬
営業時間
イン15:00、アウト11:00
休業日
期間中無休(冬期は臨時休あり)
料金
1泊2食付=11000円~/外来入浴(12:00~16:00<最終受付>)=700円/

苗名の湯

マイルドな肌ざわりの良質な炭酸泉で安らぐ
明るく開放的な大浴場がある公営温泉施設。入浴後は囲炉裏のある休憩室でくつろげる。火打山登山や笹ヶ峰高原散策のあとに汗を流すのにピッタリ。

【日帰りDATA】
料金:450円
営業:10:00〜20:00
定休日:水曜(12月中旬〜3月下旬、7月下旬〜8月末は無休)

苗名の湯

杉の原スキー場のふもとにある。バリアフリー対応

杉野沢温泉

泉質 ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉
特徴 苗名の滝近くに1997年に誕生。火打山登山や笹ヶ峰高原散策の拠点にも便利だ。

杉野沢温泉

妙高山を望む内湯のみのシンプルな造り

苗名の湯

住所
新潟県妙高市新潟県妙高市杉野沢2030
交通
笹ヶ峰登山口から車で約30分
営業期間
通年
営業時間
10:00~20:00
休業日
水曜日
料金
入浴料=大人450円、子ども300円、3才以下無料
1 2

上越・妙高の新着記事

【えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン高田駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット4選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、えちごトキめき鉄道妙高は...

新潟県の桜の名所・お花見スポットおすすめ11選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで4月6日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ時...

【新潟県・紅葉】例年の見頃時期やイベント、ライトアップなど情報満載!新潟のおすすめ紅葉スポット7件

2023年の新潟県のおすすめの紅葉スポットをご紹介します。 見頃時期や開催されるイベント、ライトアップ情報などから、お好みの紅葉スポットを探すことができます。 写真や営業時間、アクセス情報など...

【新潟県の花火大会2023】今年こそ間近で観たい!開催日や打ち上げ数などの情報満載!新潟の花火大会16選

2023年の新潟県のおすすめの花火大会をご紹介します。 打ち上げ数や開催日などでお好みの花火大会を探すことができます。 各大会の花火の特徴や見どころをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくだ...

新潟のおすすめケーキ店9選 美味しいケーキを食べるならこのお店!

多くのスイーツファンを魅了する新潟のケーキ。 フルーツ系やチョコ系など、ショーケースを目の前にどれにしようかと迷うのも楽しみのひとつです。 店内でケーキを堪能するもよし、テイクアウトして自...

【新潟】火打山高谷池で紅葉トレッキング!世界が認めた天上の楽園!

全国津々浦々、紅葉の名所はたくさんあります。しかし新潟県妙高(みょうこう)市には世界が認めた穴場の紅葉スポットがあることをご存知でしょうか。妙高市にある日本百名山「火打山(ひうちやま)」では、天上の楽...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。