コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【白浜・すさみ】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う

【白浜・すさみ】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う

by mapple

更新日:2018年10月15日

海と温泉のトロピカルリゾート
白良浜など海の景観が人気の白浜は和歌山観光の中心エリア。新鮮魚介を出す飲食店や海辺カフェも多く、ドライブにも最適。

白浜海中展望塔

美しい海中を眺める
白浜の海を知るのに最適の施設。らせん階段を下りた展望室からは、色鮮やかな熱帯魚が優雅に泳ぐ姿を見ることができる。【見る】【展望塔】

沖合100mの地点に位置する、高さ18m、水深6mの全天候型展望塔

京都大学白浜水族館

海洋生物の動きや形を観察
京都大学の研究用水槽を一般公開してから85年以上の歴史を誇り、2014年にリニューアルオープン。館内では、紀伊半島沿岸の海洋生物5000点余りを飼育・展示している。【見る】【水族館】

水槽には詳細な解説が付き、わかりやすい展示だ

南紀白浜クルージング

白浜の景色を海から満喫
円月島近くの瀬戸港を漁船で出発し、白良浜、千畳敷、三段壁、梶原谷、塔島、円月島を巡るクルージング。夕方出航のサンセットクルーズもおすすめ。【遊ぶ】【クルージング】

白浜のシンボル、円月島の海食洞に夕日が落ちる感動のシーン

浜屋台 マルキヨ

紀州の魚をまるごと豪快に炭火焼き
白浜のメインストリート、浜通りにある店。地元で獲れた新鮮な魚をまるごと一匹串に刺し、炭火を使って焼き上げる「浜焼き」が名物で、地元漁師や観光客で賑わう人気店。【食べる】【浜焼き】

予算:昼900円〜、夜3000円〜

人気の浜焼き定食900円(ランチタイム)

海鮮料理 甚力

白良浜を一望できるモダンレストラン
白良浜を目の前にするおしゃれな海鮮料理店。魚介や季節の野菜などを、焼いた石で蒸し上げる「水煙蒸し」や鰹めし、伊勢海老のクリームコロッケなどメニューもユニーク。【食べる】【海鮮料理】

予算:昼2000円〜、夜3500円〜

ご飯にタレ漬けのカツオとウニをのせた、鰹めし2200円

ピッツァ・チーズ料理の店 美砂家

チーズ料理の専門店
人気のサービスランチ(平日のみ)や本格的なチーズフォンデュ、紀州梅のピッツァもおいしい。入店は小学生以上で、5名以上は前日までに予約が必要だ。【食べる】【チーズ料理】

予算:昼1500円〜、夜3000円〜

紀州梅のピッツァ1300円やチーズフォンデュ2900円が人気

ミルク&ビアホール九十九

白浜の夜飲みスポット
外からもしゃれた雰囲気の店内が見える。白浜の地ビールのナギサビールをはじめとするアルコール類はもちろん、薪窯で焼くピッツァや和歌山のみかんジュース、自家製梅ジュースなどもある。【食べる】【ビアレストラン】

予算:夜2500〜

ナポリ産モッツァレラチーズのマルゲリータ1598円と樽生ナギサビール842円

長久酒場

地元に揚がる海の幸にこだわりあり
地元で約50年、愛され続ける大衆酒場。近海に揚がる旬の幸を気軽に味わえる店として全国にもファンがいる。春から夏にはすさみのケンケン鰹、冬のクツエビ、珍しいウツボの網焼きもおすすめ。【食べる】【居酒屋】

予算:夜4000円〜

カツオ刺身1080円。鮮度の良いカツオならではの濃厚な旨みと食感

Tanto Kuwanto

美しい花々に包まれるカフェ
花に彩られた店内からは千畳敷の海が楽しめる。ボリューム満点で、盛り付けも華やかなランチやスイーツをゆったりと味わいたい。【カフェ】

予算:昼夜880円〜

大きなお皿にボリュームたっぷりのタントランチは880円

café FAB

17種類のチーズケーキが揃うカフェ
ビートルズ好きの主人が作った黄色い外観のカフェ。グラタンやワッフル、約70種類の紅茶が揃う。朝・昼・夕食・ティータイムと幅広く利用できる。【カフェ】

予算:昼800円〜、夜1000円〜

明るいカフェで焼きたてワッフルを

はま乃

新鮮素材の紀州棒ずし
契約農家のコシヒカリを富田の名水で炊き上げたシャリと、サンマ、鯖、アナゴなどその日に揚がった新鮮魚介を使う棒ずしが絶品。【買う】【棒寿司】

さんま鮨(1本)810円、さば棒ずし(1本)1728円、あじ棒ずし(1本)1404円

旬菓庵かどや 羽衣店

きな粉たっぷりの求肥餅が人気
初代の庄屋清左衛門が素材の味を活かし、味を追求した和洋菓子が並ぶ。代表銘菓のうすかわまんじゅうをはじめ、竹皮の包みが愛らしい白浜小町など、白浜で人気おみやげ店。【買う】【和洋菓子】

甘さ控えめのうすかわまんじゅう 6個650円

白浜小町6個880円はとろけるような柔らかさ

丸双蒲鉾店

伝統の味を作り続ける
かまぼこ一筋の老舗店。多種多様のかまぼこを製造販売する。【買う】【かまぼこ】

パンダの顔を紀州備長炭のヘルシーチャコールで描いたかわいい天ぷら、パンダ丸各700円

ナギサビール

白浜生まれの地ビール
麦芽の糖化から熟成まですべて昔ながらの製法で造られる地ビールは、こくのある芳醇な味わいのなかに麦の素朴な香りが生きている。2015年にいそぎ公園に新工場が誕生。工場見学も可能で、その場で飲めるバースペースもある。オリジナルグッズも販売。【買う】【地ビール】

クラシックなデザインのラベル。レギュラーボトル(330㎖)1本390円

熟成用タンクや瓶詰などさまざまな工程を見学できる

Sea Birth

海を感じる雑貨やアクセサリー
海に流れ着いたシーグラスの小瓶や手作りアクセサリーなど海の雑貨が並ぶ。海の香りたっぷりのアイテムは自分用のお土産にぴったり。【買う】【雑貨】

かわいい雰囲気の店内

すさみ八景

すさみを代表する奇観
枯木灘に面し、海と山の景勝地に恵まれているすさみ町。その中でもベストポイントとして海側の「上ミ山頂上から見る枯木灘」「稲積島」「見老津駅からの夕陽」「恋人岬(婦夫波)」「童謡公園からの眺望」「江須崎」、山側の「広瀬渓谷・琴の滝」「雫の滝」を「すさみ八景」に指定。海側は国道42号沿いに点在しており、見る角度や時間によってさまざまに変化する。【見る】【景勝地】

通称恋人岬から眺めた沖の黒島・陸の黒島の風景

恋人岬の、2つに裂けた波が再びぶつかり合う様は婦夫波と呼ばれる

すさみ町立 エビとカニの水族館

世界唯一の甲殻類専門の水族館
エビやカニに特化したこだわりの水族館。迫力満点の巨大なカニや、カラフルで美しい小さなエビなど、国内外の淡水から深海まで約150種1000匹を展示している。【見る】【水族館】

潜水艇をイメージした水槽で、小さなエビやカニ達を展示している海底探検潜水艇

エントランス水槽では大きなタカアシガニがお出迎え

クラブノアすさみ

海中郵便ポストが人気の海
南紀のダイビングポイントのなかでもユニークなすさみの海。ギネスブック公認「世界一深いところにある郵便ポスト」でも人気だ。【遊ぶ】【ダイビング】

実際に郵便を出すこともできる

道の駅 すさみ

絶景のレストランで伊勢海老定食を
眼下に海が広がる風光明媚な施設。新鮮な海の幸や郷土料理のほか、伊勢海老やイノブタ、紀州梅どりなどの地元の食材を使ったメニューが楽しめるレストラン「蒼海」が人気。【食べる】【道の駅】

名物のケンケン鰹膳(時価)

熊野枯木灘海岸県立自然公園の海岸美を望む

すさみ食堂

すさみ名物がそろう駅前食堂
自慢のさんま寿司をはじめ、すさみ町発祥のイノブタ肉の丼や鍋をもとめ、遠方から訪れるファンもいるほど。2~6月限定のカツオ丼(1000円〜)も人気が高い。【食べる】【食堂】

予算:昼夜1000円

酢でしめた新鮮なさんまにゆずと青じその香りが合う。さんま寿司450円

筆者:mapple

まっぷる和歌山 白浜・高野山・熊野古道’19

発売日:2018年04月10日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×