トップ > 全国 > 関西 > 南紀 > 白浜・熊野古道 > 白浜 > 白浜温泉 > 京都大学白浜水族館

キョウトダイガクシラハマスイゾクカン

京都大学白浜水族館

海洋生物の動きや形を観察

京都大学の研究用水槽を一般公開してから約90年の歴史を持ち、白浜周辺の生き物約500種を落ち着いた雰囲気の中で観察できる。春休み・夏休み・冬休み期間中は水族館の生き物について解説する「研究者と飼育係のこだわり解説ツアー」や、水族館裏側を見学できる「バックヤードツアー」を開催している。

住所
和歌山県西牟婁郡白浜町459 (大きな地図で場所を見る)
電話
0739-42-3515
交通
JRきのくに線白浜駅から明光バス町内循環線で15分、臨海下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
無休
料金
大人600円、小・中学生200円 (20名以上の団体は大人550円、小・中学生150円、障がい者手帳持参で大人550円、小・中学生150円)
駐車場
あり | 台数:40台 | 無料
ID
30001030

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

和歌山【白浜温泉】外湯めぐり♪ 日帰り入浴で楽しもう!

万葉の時代から知られた白浜温泉は関西を代表する温泉リゾート。長い歴史を持つ海際の露天風呂をはじめ、各所に共同浴場や日帰り入浴施設があり、銭湯感覚で気軽に名湯が楽しめる。

【和歌山】1泊2日おすすめモデルコース!目的別にチェック!

世界遺産に絶景スポット、温泉に魚介グルメと飽きることない魅力の宝庫、和歌山を満喫する最強の観光モデルコースを5コースご紹介!まずは、全国的に注目されるパンダファミリーに会える南紀白浜温泉で、海の景色と...

【白浜・すさみ・田辺・みなべ】どんなところ?最旬ニュース&基本情報をチェック!

爽快な海の景観と温泉を楽しめる和歌山観光の中心的なエリア。パンダでおなじみのアドベンチャーワールドなど、レジャースポットも大充実。日本一の梅の里、田辺・みなべも、旬の季節にぜひ訪れたい。

【白浜・すさみ】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う

海と温泉のトロピカルリゾート白良浜など海の景観が人気の白浜は和歌山観光の中心エリア。新鮮魚介を出す飲食店や海辺カフェも多く、ドライブにも最適。

【白浜・みなべ】絶景オーシャンビューのカフェ&レストラン!

白浜でランチを楽しむなら、海沿いの絶景カフェ&レストランがおすすめです。青い海を一望できる高台のスポットや、波の音が感じられるほど海に近いカフェなど、厳選してご紹介します。お好みのロケーションを選んで...

【白浜】とれとれ市場をチェック!巨大な海鮮マーケット!

マグロの解体ショーも見ることができる「とれとれ市場」は、巨大な海鮮マーケット。トレピチの魚や干物、みかんや梅干といった和歌山名物などが所狭しと並びます。市場内で購入した魚介や野菜が、その場で味わえるバ...

【フィッシャーマンズワーフ白浜】新鮮魚介を楽しむ!

漁師直営の複合施設なので、その鮮度はお墨付き。目の前の漁港で水揚げされたばかりの魚を好きなスタイルで味わおう!

【白浜】アドベンチャーワールドの赤ちゃんパンダに会いに行こう!

2020年11月22日に、アドベンチャーワールドに待望の赤ちゃんパンダが誕生!その名は楓浜(ふうひん)。滑り台で遊んだり、芝生の上を走ったり…その愛くるしい表情を、ひと目見ておきたいと、多くのパンダフ...

和歌山【白浜】おすすめ絶景ドライブスポットをチェック!

白浜の町を縁どる海の絶景ポイントをめぐるドライブへ出かけよう!景勝地はもちろん、海を望むレストランやカフェ、温泉まで欲張りに訪ねたい。

エリア × テーマ

トップ > 全国 >  関西 >  南紀 >  白浜・熊野古道 >  白浜 >  白浜温泉
トップ > 見どころ・レジャー >  レジャー施設 >  水族館
トップ > 全国 x 水族館 >  関西 x 水族館 >  南紀 x 水族館 >  白浜・熊野古道 x 水族館 >  白浜 x 水族館 >  白浜温泉 x 水族館

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください