トップ > 関西 > 滋賀・琵琶湖 > 彦根・近江八幡 > 近江八幡 > 近江八幡市街 > 

【近江八幡】歴史さんぽ♪商人ゆかりの地をめぐる!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2020年12月1日

この記事をシェアしよう!

【近江八幡】歴史さんぽ♪商人ゆかりの地をめぐる!

近江八幡は、豊臣秀次が築いた城下町。
物流の拠点となった八幡堀や商人屋敷など、往時の風情を残す見どころが点在します。
ゆっくり散策して美しい情景を満喫しましょう。

近江八幡観光エリアへのアクセス

●バス
JR近江八幡駅から近江鉄道バスで6分、白雲館前の大杉町八幡山ロープウェイ口停留所で下車

●車
名神高速道路竜王ICから国道477・8号、県道26号を経て20分。駐車場は市営駐車場を利用(小幡駐車場1日510円、多賀駐車場1日500円)

近江八幡おすすめ観光コース


【コース全体の所要時間:約3時間半】

【近江八幡×観光】1.八幡堀めぐり

船に乗ってのんびり遊覧
安土桃山時代に豊臣秀次が、琵琶湖を往来する荷船を寄港させるために整えた八幡堀。全長6㎞の堀沿いには白壁土蔵の商家が並び、歴史を感じながら水郷の風情を満喫できる。【見る】

【近江八幡×観光】1.八幡堀めぐり

白壁土蔵は近江八幡を象徴する景観

【近江八幡×観光】1.八幡堀めぐり

乗り場から約1.5㎞を往復する。所要時間35分

【近江八幡×観光】1.八幡堀めぐり

9月の2日間はライトアップも!
9月中旬の週末に開催される

 ⇓ 徒歩すぐ

【近江八幡×観光】2.近江八幡市立かわらミュージアム

屋根瓦や創作瓦の魅力を紹介
地場産業として江戸時代から息づく八幡瓦の製法と国内外の瓦を紹介。ミュージアムのある八幡堀沿いに広がる、瓦屋根と白壁が織り成す美しい景観も必見だ。【見る】

【近江八幡×観光】2.近江八幡市立かわらミュージアム

瓦の魅力を生かして建てられた外観も注目

【近江八幡×観光】2.近江八幡市立かわらミュージアム

豊臣秀次の居館跡から出土した瓦も展示

近江八幡市立かわらミュージアム

住所
滋賀県近江八幡市多賀町738-2
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅から近江鉄道バス長命寺行きで約10分、大杉町八幡山ロープウェイ口下車、徒歩3分
料金
入館料=大人300円、小・中学生200円/陶芸体験=1000円~/(10名以上の団体は50円引、障がい者手帳持参者と介護者1名は入館料半額(小学生以下は入館料無料))

 ⇓ 徒歩5分

【近江八幡×観光】3.日牟禮八幡宮

近江商人が信仰した氏神様
近江商人から守護神として崇められた古社。エノキやムクの古木が生い茂る広大な神域に、拝殿や本殿が立つ。左義長まつりと八幡まつりは、県の二大火祭りで、国の選択無形民俗文化財。【見る】

【近江八幡×観光】3.日牟禮八幡宮

八幡山の豊かな自然を背に建つ本殿

【近江八幡×観光】3.日牟禮八幡宮

4月の八幡まつりでは大きな松明が炎を上げる

日牟禮八幡宮

住所
滋賀県近江八幡市宮内町257
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅から近江鉄道バス長命寺行きで6分、大杉町八幡山ロープウェイ口下車、徒歩3分
料金
情報なし
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください