>  >  >  >  >  【長浜】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

【長浜】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

【長浜】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

江戸時代に栄えた北国街道沿いの一帯が、現在は一大観光スポットとしてにぎわう。

豊公園(長浜城跡)

湖畔の美しい公園でくつろぐ
羽柴(豊臣)秀吉が築城した長浜城の跡地に整備された公園。長浜城は江戸時代初期に廃城となり、資材は彦根城や大通寺に移された。園内には天守閣を模した長浜城歴史博物館のほか、太閤井戸などの遺構が残る。

豊公園(長浜城跡)

随所に四季折々の花が咲く

長浜城歴史博物館

湖北・長浜の歴史文化についての資料を展示するほか、「秀吉と長浜」をテーマにした常設展示も充実。最上階の展望台からは琵琶湖や長浜市街が一望できる。

長浜城歴史博物館

「秀吉と長浜」に関する資料を展示

長浜市長浜城歴史博物館

住所
滋賀県長浜市公園町10-10 豊公園内
交通
JR北陸本線長浜駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
不定休(展示替え期間休、12月27日~翌1月2日休)
料金
大人400円、小・中学生200円(障がい者とその介護者1名は無料、要証明書、団体20名以上は大人320円、小・中学生160円)

豊公園

住所
滋賀県長浜市公園町
交通
JR北陸本線長浜駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
入園自由(長浜城歴史博物館は9:00~16:30<閉館17:00>)
休業日
無休
料金
長浜城歴史博物館=大人400円、小・中学生200円/

長濱八幡宮

秀吉が再興した長浜の氏神様
後三条天皇の勅により創建。戦国時代に兵火を受け荒廃したが、長浜城主だった羽柴秀吉により再興した。日本三大山車祭に数えられる4月の長浜曳山まつりは、ユネスコ無形文化遺産。

長濱八幡宮

境内には秀吉が寄進したという庭園がある

長濱八幡宮

住所
滋賀県長浜市宮前町13-55
交通
JR北陸本線長浜駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

近江孤篷庵

小堀遠州ゆかりの寺
日本三大茶人として千利休、古田織部とともに名高い小堀遠州の菩提を弔うため、子の政之が建立した寺。県名勝の池泉・枯山水の複合庭園は趣があり、四季を通じて美しい。秋には紅葉が楽しめる。

近江孤篷庵

山野草が季節ごとにつつましく咲く

近江孤篷庵

住所
滋賀県長浜市上野町135
交通
JR北陸本線長浜駅からタクシーで20分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉門、時期により異なる)
休業日
無休(臨時休あり)
料金
拝観料=300円/(団体30名以上は1割引、障がい者手帳持参で無料)

豊国神社

秀吉を祀る由緒ある神社
長浜町民が豊臣秀吉の没後に建立。商売の神様である恵比須神と秀吉公を祭神として祀る。立身出世や金運アップのご利益があるとされ、毎年1月10日には十日戎が行なわれる。

豊国神社

本殿横の出世稲荷大社にお参りして出世運をアップ

豊国神社

住所
滋賀県長浜市南呉服町6-37
交通
JR北陸本線長浜駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

総持寺

美しいボタンの名所
4月下旬から5月上旬にかけて、約80種1000株のボタンが咲く花の名所として知られる。西国薬師霊場31番札所で、手術成功祈願に本尊「頭の薬師」に参る人が後を絶たない。

総持寺

大輪のボタン見学は個人の場合予約不要

総持寺

住所
滋賀県長浜市宮司町708
交通
JR北陸本線長浜駅から湖国バス近江長岡行きで12分、宮司北下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉門17:00)
休業日
不定休
料金
ボタン開花時の入山料=400円/文化財の拝観料(要予約)=500円/(団体20名以上はボタン開花時入山料350円・文化財拝観料400円)

慶雲館

歴史ある迎賓館と庭園美を満喫
国の名勝に指定された庭園を有する長浜の迎賓館。1887(明治20)年、明治天皇行幸の際に行在所として建てられた。毎年1月上旬から3月中旬は「長浜盆梅展」の会場に。

慶雲館

歴史・規模ともに日本最大級の長浜盆梅展

慶雲館

住所
滋賀県長浜市港町2-5
交通
JR北陸本線長浜駅から徒歩3分
営業期間
1月上旬~12月上旬
営業時間
9:30~16:30(閉館17:00)、長浜盆梅展期間中は9:00~
休業日
期間中無休
料金
入館料=大人300円、小・中学生150円/入館料(長浜盆梅展期間)=大人500円、小・中学生200円/(団体20名以上は20%割引、長浜盆梅展期間は団体15名以上10%割引、障がい者手帳持参で無料)

国友鉄砲の里資料館

鉄砲に関する資料を展示
国友地区は、戦国時代の鉄砲産地。最盛期には七十余の鍛冶屋と500人以上の職人がいた。実物の火縄銃を展示して鉄砲鍛冶の現場を再現。歴史や鉄砲造りの製法を紹介している。

国友鉄砲の里資料館

実物の火縄銃を手に取ってふれられるコーナーも

国友鉄砲の里資料館

住所
滋賀県長浜市国友町534
交通
JR北陸本線長浜駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)
休業日
無休(12月28日~翌1月3日休)
料金
大人300円、小人150円(団体20名以上は2割引、障がい者手帳持参で無料)
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる滋賀・びわ湖 長浜・彦根・大津’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×