トップ > 関西 > 滋賀・琵琶湖 > 彦根・近江八幡 > 彦根 > 彦根城 > 

【彦根城】基本情報&モデルコースをチェック!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年6月7日

この記事をシェアしよう!

【彦根城】基本情報&モデルコースをチェック!

国宝・彦根城は、江戸時代から現存する堂々とした天守の美しさが最大の魅力です。
見応えのある名城には、重要文化財の櫓、大名庭園などもあり、訪れてはじめて知り感動することも多数。
グルメや土産店のほか、地元の人に愛されるカフェなど、エリアを楽しむ情報もあわせてご紹介します。

彦根城について知ろう

江戸初期の城郭の姿を今に伝える

関ヶ原の戦後、徳川家康の命により井伊直継と直孝が20年の歳月をかけ1622(元和8)年ごろに完成させた。城内には国宝の天守をはじめ、太鼓門櫓、天秤櫓、西の丸三重櫓など重要文化財が数多く残る。とくに入母屋の屋根に唐破風を設けた三層三階の天守は必見。

彦根城へのアクセス

<電車で>
JR彦根駅から駅前お城通りを西へ徒歩15分

<車で>
名神高速道路「彦根IC」から国道306号・県道25号を経て10分。
駐車場は、彦根城周辺の二の丸、大手前、桜場、京橋口の4か所

彦根城で生まれた井伊直弼ってこんな人

彦根の殿様として慕われる

11代井伊直中の14男として誕生。埋木舎で能・狂言、茶道などをたしなむ。偶然に藩主継承の機会が訪れ、1858(安政5)年、徳川幕府の大老に就任。開国を主張し日米修好通商条約に調印するなど政治的手腕をふるったが、江戸城桜田門外の変で満44歳でその生涯を閉じた。(1815~1860年)

彦根城で生まれた井伊直弼ってこんな人

井伊直弼画像(清凉寺蔵)

彦根城の歴史

1601年(慶長6)   井伊直政、佐和山城に入城
1604年(慶長9)   直継、彦根城築城工事に着手
1607年(慶長12) 本丸天守が完成
1614年(慶長19) 大坂冬の陣で工事中断
1615年(慶長20) 直孝が彦根城主となる
1622年(元和8)   城郭全容が完成
1679年(延宝7)   直興が槻御殿(のちの楽々園と玄宮園)を完成させる
1815年(文化12) 直弼が彦根城の二の丸で生まれる
1952年(昭和27)   天守、附櫓、多聞櫓が国宝に指定
2007年(平成19)   築城400年祭催行

彦根城周辺にはひこにゃんも登場!!

“井伊の赤備え”にちなんだ赤い兜がトレードマークのひこにゃんは、井伊直孝を雷雨から救ったとされる白猫がモデル。彦根城を活動拠点に、彦根市のキャラクターとして、市のPRに日々奮闘している。登場する場所や日時は季節などにより異なるので、公式HPをチェック!

彦根城

住所
滋賀県彦根市金亀町1-1
交通
JR琵琶湖線彦根駅から徒歩15分
料金
入場料(玄宮園含む)=大人800円、小・中学生200円/博物館とのセット券=大人1200円、小・中学生350円、特別展は別料金/(障がい者手帳持参で本人と同伴者1人が無料)

彦根城を楽しむモデルコース

一般的な順路は、二の丸駐車場にとめて表門から入城。玄宮園まで、ぐるりとまわれば約2時間かかります。天守までは昔ながらで急な石段もあるので、歩きやすい服装ででかけましょう。

【彦根城内MAP】

※拡大できます

【彦根城×モデルコース】1.佐和口を守る最初の要「二の丸佐和口多聞櫓」<重要文化財>

佐和口を守る最初の要

佐和口を守るため、外側に向かって設けられた要。緊急時に駆け上がった勢いでそのまま入ることができるように、石段が階段状になっている。(内部見学不可)

【彦根城×モデルコース】1.佐和口を守る最初の要「二の丸佐和口多聞櫓」<重要文化財>

佐和口を守る防御の要として築かれた

【彦根城×モデルコース】2.城内現存は日本唯一!「馬屋」<重要文化財>

城内現存は日本唯一!

元禄時代に建てられ、常に数十頭の馬がつながれていた馬屋。復元された、こけら葺きの屋根も美しい。最大21頭もの馬を収容していたとされる。

【彦根城×モデルコース】2.城内現存は日本唯一!「馬屋」<重要文化財>

馬のオブジェで当時の様子を再現

【彦根城×モデルコース】3.敵の侵入を防ぐ「天秤櫓」<重要文化財>

敵の侵入を防ぐ橋の左右に構える

表門から坂を上がったところにある廊下橋を中央として、左右対称に天秤のように建てられた櫓。日本の城郭でこの形式のものは彦根城だけ。

【彦根城×モデルコース】3.敵の侵入を防ぐ「天秤櫓」<重要文化財>

廊下橋は非常時には落とし橋となる

【彦根城×モデルコース】4.時を報せる鐘の音「時報鐘」

時を報せる鐘の音

幕末期12代藩主直亮の時に、より美しい音色にしようと大量の小判が投入され鋳造。隣接する聴鐘庵では、お菓子付き薄茶(500円、9~16時)が楽しめる。

【彦根城×モデルコース】4.時を報せる鐘の音「時報鐘」

江戸時代から続く鐘の音は現在も1日5回城下に響く

【彦根城×モデルコース】5.本丸への最後の関門「太鼓門櫓」<重要文化財>

本丸への最後の関門

天守を守る最後の門。太鼓を鳴らして登城の合図をしていたと伝わる。そのため、音を響かせるための造りになっているという説も。

【彦根城×モデルコース】5.本丸への最後の関門「太鼓門櫓」<重要文化財>

城内側には壁がなく、音を内側の石垣で響かせる工夫だとされる

【彦根城×モデルコース】6.多彩な破風で魅せる三層三階の美しさ「天守」<国宝>

多彩な破風で魅せる三層三階の美しさ

切妻破風、入母屋破風、唐破風など多様な破風を組み合わせることにより、三層三階の城が完成。華やかな見た目だけでなく、細部の造りにも見どころ多数。白亜の壁に黒漆の花頭窓、控えめな金具装飾が美しさを際立たせている。

【彦根城×モデルコース】6.多彩な破風で魅せる三層三階の美しさ「天守」<国宝>
【彦根城×モデルコース】6.多彩な破風で魅せる三層三階の美しさ「天守」<国宝>

窓&瓦

禅宗様式を思わせる花頭窓、井伊家の家紋である橘があしらわれた瓦

【彦根城×モデルコース】6.多彩な破風で魅せる三層三階の美しさ「天守」<国宝>

破風(はふ)

4つ設けられている切妻破風。隠し鉄砲狭間がある小部屋になっている

【彦根城×モデルコース】6.多彩な破風で魅せる三層三階の美しさ「天守」<国宝>

天井の木組み

あえて天井板を張らない豪快な造り。当時の建築技術の高さがわかる

【彦根城×モデルコース】6.多彩な破風で魅せる三層三階の美しさ「天守」<国宝>

石垣

胴長の自然石をごぼうを差し込むように積み上げることで頑丈な造りに

【彦根城×モデルコース】6.多彩な破風で魅せる三層三階の美しさ「天守」<国宝>

最上階から琵琶湖を望む

城下町だけでなく、琵琶湖、伊吹山、鈴鹿山脈など絶景を堪能

【彦根城×モデルコース】7.西の守りの要「西の丸三重櫓」<重要文化財>

西の守りの要

西の丸の北西隅に位置し、西から侵入しようとする敵に備えた三重櫓。現在の建物は江戸後期に解体修理されたもの。高さ10m以上もの石垣の上に築かれている。

【彦根城×モデルコース】7.西の守りの要「西の丸三重櫓」<重要文化財>

総漆喰塗の気品ある姿

彦根城周辺のお楽しみ

天守閣を訪れたあとは、周辺施設へ立ち寄るのがおすすめです。のんびり散策ができる庭園や井伊家のことを学び知ることができる博物館、お堀めぐりの屋形船、城下町の商店街など、さまざまな楽しみ方ができます。

【彦根城周辺】大名庭園でお茶を!「玄宮園」

天守を背景にした名勝

彦根城北側に広がる池泉回遊式の大名庭園。中国湖南省の洞庭湖にある玄宗皇帝の離宮にちなみ、「瀟湘八景」を「近江八景」に置き換え、池を琵琶湖に見たてて作庭したといわれる。四季折々の趣があり、毎年秋に行われるライトアップも美しい。

鳳翔台でお茶を
玄宮園内の「鳳翔台」は、藩主が客人をもてなすために使われていた宮殿。現在は茶室として利用されており、数寄屋風の座敷で風光明媚な庭園を眺めながら抹茶(和菓子付) 500円を味わえる。

【鳳翔台 DATA】
営業時間:9:00~16:00
休業日:無休

【彦根城周辺】大名庭園でお茶を!「玄宮園」

彦根城を借景に江戸時代の贅を尽くした名園

【彦根城周辺】大名庭園でお茶を!「玄宮園」

入り口は桜場駐車場からすぐにある

玄宮園

住所
滋賀県彦根市金亀町1-1彦根城内
交通
JR琵琶湖線彦根駅から徒歩15分
料金
入園料=大人200円、小・中学生100円/入園料(彦根城との共通券)=大人800円、小・中学生200円/(障がい者手帳持参で本人と介護者1名無料)

【彦根城周辺】城と歴史に親しむ「彦根城博物館」

井伊家伝来の品々を展示

1987(昭和62)年、彦根城表御殿跡地に復元を兼ねて建てられた博物館。井伊家に伝わる品々や彦根藩に関する資料など約9万1千点を収蔵する。博物館の中央に建つ200年前の能舞台は、当時の風格を今に伝える。復元した大名の居室や庭、調度品の数々も見ごたえがある。

期間限定でテーマ展や特別展を開催
ゴールデンウィークに特別公開される国宝の彦根屛風をはじめ、さまざまなテーマ展や見応えある特別展、企画展など時々の展覧会も楽しみ。

【彦根城周辺】城と歴史に親しむ「彦根城博物館」
【彦根城周辺】城と歴史に親しむ「彦根城博物館」

藩の政庁と藩主の住居を兼ねていた表御殿

彦根城博物館

住所
滋賀県彦根市金亀町1-1彦根城内
交通
JR琵琶湖線彦根駅から徒歩15分
料金
入館料=大人500円、小・中学生250円/彦根城とのセット券=大人1200円、小・中学生350円、特別展は別料金/(障がい者手帳持参で本人と介護者1名無料)

【彦根城周辺】お姫様お殿様気分になる「彦根城屋形船」

屋形船に乗ってお堀巡り

彦根城の内堀をゆったりと巡ることができる屋形船。江戸時代の絵図面や古文書から忠実に復元されたという舟から見上げる彦根城の天守閣や櫓、石垣や水門は壮大で、歩いて観光をするのとはまた違った風情が楽しめる。船内の観光ガイドもまた一興。

季節を楽しむ舟遊び
舟から眺める四季折々の景色は格別。春は満開の桜、初夏は新緑の柳、秋は錦秋の紅葉の下を遊覧できる。冬は要予約で、こたつに入って船内から見る雪景色も趣深い。

【彦根城周辺】お姫様お殿様気分になる「彦根城屋形船」

鮮やかな桜の下を遊覧

【彦根城周辺】お姫様お殿様気分になる「彦根城屋形船」

錦秋を感じながらの舟の旅

彦根城屋形船

住所
滋賀県彦根市金亀町玄宮園前船着場
交通
JR琵琶湖線彦根駅から徒歩15分
料金
乗船料=1300円/(さくらまつり期間は1500円)

【彦根城周辺】お堀の周りへ①「たねや クラブハリエ彦根美濠の舎」

彦根城の濠端にたたずむ複合店

たねやとクラブハリエの複合店。季節の菓子や、地元彦根にちなんだ限定商品もそろう。併設する「美濠カフェ」では、季節ごとのスイーツが楽しめる。

【彦根城周辺】お堀の周りへ①「たねや クラブハリエ彦根美濠の舎」

城下町の趣を再現した美濠の舎

【彦根城周辺】お堀の周りへ①「たねや クラブハリエ彦根美濠の舎」

ケーキセット 1320円

ケーキを2種と飲み物のセット

【彦根城周辺】お堀の周りへ①「たねや クラブハリエ彦根美濠の舎」

彦根城ならではのみやげも!

【彦根城周辺】お堀の周りへ②「献上伊吹そば つる亀庵」

彦根の殿様気分で味わう

伊吹山の契約農家から仕入れたそば粉と伊吹山麓の湧水を使用し、かつて献上品だった味を再現する。旬の食材を用いた季節の創作そばが人気。滋賀の地酒もそろう。

【彦根城周辺】お堀の周りへ②「献上伊吹そば つる亀庵」

伊吹大根そば 天ぷら稲荷セット (料金は要確認)

【彦根城周辺】お堀の周りへ②「献上伊吹そば つる亀庵」

伊吹蕎麦 (料金は要確認)

【彦根城周辺】お堀の周りへ②「献上伊吹そば つる亀庵」

木の温もり感じる店内

献上伊吹そば つる亀庵

住所
滋賀県彦根市立花町1-1
交通
JR琵琶湖線彦根駅から徒歩8分
料金
盛りそば=810円/天ぷら盛りそば=1350円/

【彦根城周辺】お堀の周りへ③「どら焼き 虎てつ」

上品な甘さが評判

厳選した滋賀県産の米粉や北海道産小豆など素材重視の和菓子店。特製ホイップ入りの生どらも人気。

【彦根城周辺】お堀の周りへ③「どら焼き 虎てつ」

ひこどら(1個) 168円

定番の味

どら焼き 虎てつ

住所
滋賀県彦根市立花町1-2
交通
JR琵琶湖線彦根駅から徒歩8分
料金
ひこどら=168円(1個)/とらろぉる=1080円(1本)/

【彦根城周辺】お堀の周りへ④「ほっこりカフェ 朴」

やさしさに包まれる隠れ家カフェ

木の温もり感じる空間は、どこか懐かしい雰囲気。窓越しに四季折々の風景を眺めながら、手作りにこだわったランチやスイーツが味わえる。

【彦根城周辺】お堀の周りへ④「ほっこりカフェ 朴」

(手前)レモンヨーグルトケーキ 450円
(奥)ベリーベリーラッシー 650円

【彦根城周辺】お堀の周りへ④「ほっこりカフェ 朴」

神社の境内にあった休憩所を改装

ほっこりカフェ 朴

住所
滋賀県彦根市尾末町1-59護国神社内
交通
JR琵琶湖線彦根駅から徒歩10分
料金
今日のご飯セット=900円/朴風オープンサンド=1250円~/月替りデザート=400円~/ネパール紅茶=450円~/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください