トップ > 国内 > 

[番外編]楽しみがいっぱいの銚子電鉄(千葉県)

[番外編]楽しみがいっぱいの銚子電鉄(千葉県)
田園風景の中を走る銚子電鉄

観光列車はありませんが、経営状況が厳しいことを逆手にとったグッズ販売など、銚子電鉄は面白い取り組みをしています。

<画像提供:銚子電鉄>
「ぬれ煎餅」に続く銚子電鉄の名物土産「まずい棒」

漫画家・日野日出志さんのイラストがおどろおどろしい「まずい棒」(経営が「まずい」にかけて。味はもちろん「うまい」です)も人気なのだとか。話のネタにもなるので、お土産にもピッタリのアイテムです。もちろん、定番の「奇跡のぬれ煎餅」もおいしいですよね!

巨大な醤油工場を眺めながら走る仲ノ町駅周辺や、期間限定で「髪毛黒生(かみのけくろはえ)」駅になったこともある「笠上黒生(かさがみくろはえ)」駅のような、期間限定の見どころもありますよ!

観光列車で効率のよい旅を!

観光列車で効率のよい旅を!
<画像提供:肥薩おれんじ鉄道> 夕日に照らされながら走るJR九州の「おれんじ食堂」

観光スポットに足を踏み入れることなく、車内アナウンスで「訪れた気分」になれるのも、観光列車ならではのお楽しみ。
乗るだけで楽しめて、地産地消で大好きな地域を応援することにもつながる、まさに一石二鳥の旅なのです!

今回ご紹介した列車はほとんどが全席指定。各席ごとの空間が広々とられているため「3密」になりづらい環境です。「新しい生活様式」に合った旅のスタイルって、こういうことかもしれませんね。

常連さんも初めての方も、今年の夏の予定に観光列車の旅を組み入れてみてはいかがでしょうか?

1 2

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください