トップ > 九州・沖縄 > 

九州の高級旅館&温泉宿 おすすめセレクト13

クロス編集事務所

更新日:2021年9月21日

この記事をシェアしよう!

九州の高級旅館&温泉宿 おすすめセレクト13

「温泉王国」九州には魅力的な温泉地がたくさんあります。もちろん、温泉宿も星の数!
温泉地に数あるホテル&旅館のなかでも、全国的に評価が高く、一度は泊まってみたいという声が多いあこがれの高級温泉旅館と、2020年から2021年にニューオープンまたはリニューアルオープンした注目の温泉宿をクローズアップしました。
九州を旅する際に、宿選びの参考にしてくださいね!

九州のあこがれ高級温泉旅館5選

九州に数ある温泉宿のなかで、日常を忘れ、プライベートな時間が楽しめる高級旅館は、いつでも注目の的です。
少数の宿泊客だけを受け入れる大人の隠れ家のような旅館、客室には専用の風呂があり、ゆったりと温泉につかれる旅館など、ゆとりある空間で、贅沢なくつろぎの時が過ごせる5つの高級旅館をご紹介します!

九州の高級旅館1:秘境 白川源泉 山荘 竹ふえ

九州の高級旅館1:秘境 白川源泉 山荘 竹ふえ
客室「古久庵」の露天風呂。内風呂もある

竹林に囲まれた非日常の空間
離れでくつろぐ癒やしのひととき

熊本県南小国町の山里に湧く秘湯、白川温泉。ここに秀宿と称される温泉宿があります。
みごとな竹林に抱かれた自然豊かな約5000坪の敷地に、わずか12 室の客室が点在。すべての客室には風情の異なる風呂があり、豊富な湯量の自家源泉をかけ流しにしています。
敷地内には竹林水と呼ぶ天然水も湧き、料理をはじめ、すべてに竹林水を使っているというから驚きです。
また、客室の風呂のほか、予約制の貸切風呂が3つあります。うち一つは洞窟風呂で、秘密基地のような設計が遊び心をくすぐります。
敷地内の一角には昼間はカフェ、夜はバーに変身する「THE GARDEN TAKEZONO」があります。食事メニューにバーベキューを選択した場合の食事処でもあり、夜風に揺れる竹林のざわめきをBGMに食事をするという趣向が旅情を高めてくれます。
客室での夕食は、月替わりの創作懐石料理。料理長が選りすぐった旬の山海の幸が、和食の粋を極めた逸品となって運ばれてきます。

●宿からのメッセージ
全12室に自家源泉かけ流しの風呂があり、くつろぎの時間が過ごせます。誰にもじゃまされないプライベート空間のなかで、当宿ならではの自然とおもてなしをお愉しみください。(従業員一同)

九州の高級旅館1:秘境 白川源泉 山荘 竹ふえ

竹林を見下ろす高台にある特別室「別邸 天空」

九州の高級旅館1:秘境 白川源泉 山荘 竹ふえ

貸切露天風呂「竹林の湯」。夜はライトアップされた竹林が幻想的

九州の高級旅館1:秘境 白川源泉 山荘 竹ふえ

夕食は竹の食器で提供される季節の旬菜

九州の高級旅館1:秘境 白川源泉 山荘 竹ふえ

端整な印象の和室。心安らぐ時間が流れる

九州の高級旅館1:秘境 白川源泉 山荘 竹ふえ

数万本の孟宗竹が茂り、幻想的な世界をつくる「THE GARDEN TAKEZONO」

秘境 白川源泉 山荘 竹ふえ

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺5725-1
交通
JR熊本駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで2時間54分、黒川温泉下車、タクシーで10分(送迎あり)
料金
1泊2食付=38000~148000円/外来入浴(11:30~14:00、貸切風呂利用、要予約)=2000~3000円(45分)/外来入浴食事付(11:30~14:00、個室利用、要予約)=4300~12500円/

九州の高級旅館2:草屋根の宿 龍のひげ/ 別邸 ゆむた

九州の高級旅館2:草屋根の宿 龍のひげ/ 別邸 ゆむた
離れ「くぬぎ」の露天風呂。別に、大きなガラス戸を開ければ露天風呂に、閉めれば内風呂になる浴室もつく

「離れ 龍のひげ」と「別邸 ゆむた」
由布院郊外に広がる”お二人様“の世界

JR由布院駅から車で13分。2万3000坪の広大な敷地に、母屋と5棟の「離れ 龍のひげ」、5つの客室がある「別邸 ゆむた」が建っています。
一戸建ての離れの客室は、和モダンを基調に、和洋室、和室、古民家タイプなどそれぞれに設計が異なり、全室に専用の風呂がつきます。
一方、別邸 ゆむたは「1室大人2名のみ」宿泊可なのが特色。こちらも、北欧古民家テイスト、和モダンテイスト、南仏スタイルなど、リゾートふうのインテリアを置いた客室に専用の風呂を設けています。
食事は母屋の食事処でいただきます。九州内から吟味した黒毛和牛や地鶏の炭火焼きなど、料理長が自信をもって提供する肉料理をメインに、由布院の旬の産物が彩りよく並び、食欲をそそられます。
惣菜の種類を豊富にすることで一品一品の量をおさえた朝食は、大分県玖珠町のかけ干し米を炊き上げたごはんが、絶品だと好評です。

●宿からのメッセージ
5つの離れは古民家ふう、和モダンなど装いが異なります。すべての客室には専用の風呂があり、好きなときに温泉が楽しめます。月替わりの料理はリピーターの方々に大変好評です。(フロント/日野さん)

九州の高級旅館2:草屋根の宿 龍のひげ/ 別邸 ゆむた

別邸 ゆむたの「ひのき」は和モダンテイストの客室。琉球畳の上にシモンズ製のツインベッドを置く

九州の高級旅館2:草屋根の宿 龍のひげ/ 別邸 ゆむた

棟の離れにはウッドテラスがあり、風景とともに森の空気がすがすがしい

九州の高級旅館2:草屋根の宿 龍のひげ/ 別邸 ゆむた

離れ「くぬぎ」はプレミアムスイート。特別室+広縁+ウッドテラスがある

九州の高級旅館2:草屋根の宿 龍のひげ/ 別邸 ゆむた

白を基調とした和モダンテイストの離れ「つくし」

九州の高級旅館2:草屋根の宿 龍のひげ/ 別邸 ゆむた

旬の材料を使って一品ごとに趣向を凝らし、五感で楽しめる料理が出る

草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた

住所
大分県由布市湯布院町川西1253-8
交通
JR久大本線由布院駅からタクシーで12分(送迎あり)
料金
1泊2食付=26150円~/(小学生以下は宿泊不可)

九州の高級旅館3:由布の彩 YADOYA おおはし

九州の高級旅館3:由布の彩 YADOYA おおはし
和室+洋室の客室露天風呂。由布岳の眺めもいい

「二人のため」のぜいたくで
上質な空間が広がる

3300坪の敷地に、全14棟の離れが点在する「1棟に大人2名限定」の宿。すべての客室に露天風呂と内風呂があり、24時間自由に入浴することができます。湯は自家源泉を100%かけ流しにしていて、由布院温泉を心ゆくまで楽しめます。
夕食は、精肉店を営むオーナーが仕入れるA5等級の国産黒毛和牛がメイン。予約時にすき焼きコースかしゃぶしゃぶコースのどちらかを選ぶことができます。
由布岳を眺める中庭には鯉が泳ぐ池があり、散策に最適。宿では由布院の観光スポット「宇奈岐日女神社」で祈祷した「想い紙」を用意しています。「この紙に願いごとを書いて池に浮かべてください。願いが叶うかもしれませんよ」と、宿のスタッフはおっしゃっています。

●宿からのメッセージ
恋人、母娘、ご夫婦、ご友人など、お二人のためにスタッフ一同、精一杯のもてなしを心がけています。日常の喧騒から離れ、ゆっくりと由布院での休日をお過ごしください。
(スタッフ/安部さん)

九州の高級旅館3:由布の彩 YADOYA おおはし

1日1組限定の特別室「利休鼠(りきゅうねず)」

九州の高級旅館3:由布の彩 YADOYA おおはし

利休鼠」の露天岩風呂。由布岳を眺めながら入浴できる

九州の高級旅館3:由布の彩 YADOYA おおはし

さっと湯にくぐらせ、自家製のポン酢やごまだれで味わうしゃぶしゃぶ

九州の高級旅館3:由布の彩 YADOYA おおはし

水に溶ける不思議な紙「想い紙」に願いを込めて

九州の高級旅館3:由布の彩 YADOYA おおはし

ウッドデッキつきの和洋室。セミダブルベッドを2台置く

由布の彩 YADOYA おおはし

住所
大分県由布市湯布院町川北1235
交通
JR久大本線由布院駅からタクシーで5分(17:30まで送迎あり)
料金
1泊2食付=21000円~/(小人は宿泊不可)

九州の高級旅館4:由布院 蔓蕩蒼 -MATOUSOU-

九州の高級旅館4:由布院 蔓蕩蒼 -MATOUSOU-
由布院のアートを飾ったスタイリッシュなスーペリアツイン「蕩」。由布院温泉をかけ流しにする内風呂がつく

「蔓」「蕩」「蒼」の名がつく
3室のみの小さなホテル

敷地内にはブドウ畑が広がり、のどかな雰囲気が漂います。玄関の扉を開けると、木のぬくもりを感じさせるエントランスホールがあり、右手奥にフロントが見えます。
1日限定3組までの宿で、客室はスーペリアタイプが2室と、和室が1室。どの部屋も定員は2名までで専用の風呂がつき、夕食まで思いのままにゆったりとした時間を過ごすことができます。
夕食や朝食をとるレストランには仕切りが設けられ、周囲を気にすることなく地元の産物がふんだんな、季節感あふれる料理を堪能できるのがうれしいですね。敷地内のブドウ畑で育ったブドウを醸造したオリジナルワインもいっしょに。

●宿からのメッセージ
南由布の田園の中にあり、ときおりローカル線を走る列車の音が聞こえる環境です。全3室の小さな宿ですが、静かな時間の中でリトリートを感じていただければ幸いです。(オーナー/熊野さん)

九州の高級旅館4:由布院 蔓蕩蒼 -MATOUSOU-

自家製ワインは赤ワイン「ROUGE」、「SANGIOVESE」と、同じワイナリーで仕込んだ白ワイン「SAUVIGNON BLANC」の3 種

九州の高級旅館4:由布院 蔓蕩蒼 -MATOUSOU-

夕食はブランド牛の豊後牛のステーキをメインに、地元の山海の幸が味わえる

九州の高級旅館4:由布院 蔓蕩蒼 -MATOUSOU-

スーペリアツイン「蔓」の内風呂。温泉は、由布院ではめずらしいpH9.1のアルカリ性

ゆふいん時遊館

住所
大分県由布市湯布院町中川1081
交通
JR久大本線南由布駅からすぐ
料金
1泊2食付=17300円~/

九州の高級旅館5:旅亭半水盧

九州の高級旅館5:旅亭半水盧
客室には食事用の部屋がある(写真は「福寿草」)

宮大工による日本建築の美と
贅に圧倒されるVIPな離れ宿

雲仙温泉街の中心から南へ進むと、次第にあたりは奥深い木々と静寂に包まれてきます。ここに柿(こけら)葺きの長屋門を構えるのが、名宿として知られ、多くのVIPをもてなしてきた旅亭半水盧です。
6000坪の敷地に、京都の宮大工が手がけた数寄屋づくりの14棟の離れが点在。日本建築の美と贅を極めた客室は、透かし彫りの欄間、重厚感のある床の間など随所に匠の技が光ります。
夕食に出る月替わりの懐石料理は、食材から器選び、盛りつけまで最高級と賞賛されるみごとさです。
敷地内には「東の湯」「西の湯」の2つの温泉棟もあり、広々とした湯船には効能豊かな雲仙の湯がなみなみと注がれています。

●宿からのメッセージ
数寄屋づくりの離れは、1棟ごとに庭園があるゆとりと静寂の宿です。料理は食べるタイミングに合わせて一品ずつお部屋に。自然、料理、温泉を五感で味わい、至福のひとときをお過ごしください。(スタッフ/成瀬さん)

九州の高級旅館5:旅亭半水盧

慎重に計算された日本建築美を感じさせる本館

九州の高級旅館5:旅亭半水盧

四代目の総料理長が丹精込めた料理は、目と舌で味わう美食

九州の高級旅館5:旅亭半水盧

温泉棟「東の湯」の露天風呂。内風呂やサウナもある

旅亭半水盧

住所
長崎県雲仙市小浜町雲仙380-1
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙方面行きで1時間18分、白雲の池入口下車すぐ
料金
1泊2食付=54150~108150円/外来入浴食事付(12:00~16:00、17:00~21:00、個室利用、要予約)=16200~21600円/

九州の温泉宿:2020~2021年ニューオープン&リニューアル

九州の温泉宿のうち、2020年から2021年にかけてオープンしたフレッシュさあふれるニューフェースから、リニューアルしてさらに内容が充実した温泉宿まで、九州で注目度の高い8軒の温泉宿をラインアップしました。
宿選びがますます楽しくなる、気になる温泉宿ばかりです!

九州のニューオープン高級旅館:界 霧島(2021年1月オープン)

九州のニューオープン高級旅館:界 霧島(2021年1月オープン)
全49室の客室は、大島紬や薩摩錫器(さつますずき)を使ったしつらえなど地域の伝統工芸や特徴を取り入れた「薩摩シラス大地の間」

桜島をはるかに見渡す
絶景の湯宿

宮崎県と鹿児島県の県境にそびえる高千穂峰(たかちほのみね)の中腹に建ち、すべての客室から錦江湾に浮かぶ桜島が見下ろせる開放的なロケーションです。
男女別の大浴場と展望のよい露天風呂がある湯浴み小屋へは、客室棟からスロープカーを使って移動します。湯船を満たすのは、無色透明の単純硫黄泉。湯につかって眺める広大な景色は格別です。
食事処でとる夕食は、季節の旬を盛り込んだ会席料理です。春と夏は鹿児島らしく、黒豚しゃぶしゃぶ会席が登場します。

公式HPはこちら

九州のニューオープン高級旅館:界 霧島(2021年1月オープン)

専用の露天風呂がつく3室の特別室がある

九州のニューオープン高級旅館:界 霧島(2021年1月オープン)

霧島山をモチーフにしたシラス壁のベッドボード

九州のニューオープン高級旅館:界 霧島(2021年1月オープン)

客室棟の一角にはビューテラスがあり、自由に出入りができる

九州のニューオープン高級旅館:界 霧島(2021年1月オープン)

星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランド「界」の17番目の施設

九州のニューオープン高級旅館:界 霧島(2021年1月オープン)

黒豚しゃぶしゃぶがメインの特別会席

九州のニューオープン高級旅館:界 霧島(2021年1月オープン)

盛りつけにも工夫を凝らした季節の会席料理

星野リゾート 界 霧島

住所
鹿児島県霧島市霧島田口霧島山2583-21

九州のニューオープン高級旅館:界 別府(2021年7月オープン)

九州のニューオープン高級旅館:界 別府(2021年7月オープン)
70室の客室はすべてオーシャンビュー

「湯のまち別府」の温泉街を
イメージした温泉宿

全国屈指の温泉地、大分県別府市の別府湾に面した北浜地区に、星野リゾートの温泉旅館「界」の18番目の施設が誕生しました。
館内は和紙の灯に照らされた石畳の路地や夜店をイメージし、にぎやかな別府の温泉街をほうふつさせるつくりになっています。
建築家隈研吾氏がデザインを手がけた客室は、壁紙に別府の名所「べっぷ地獄めぐり」の血の池地獄をイメージした古代色の「柿渋色」を使い、落ち着いた雰囲気が漂います。
別府温泉の名物料理「地獄蒸し」をアレンジした和食膳の朝食も楽しみです。

公式HPはこちら

九州のニューオープン高級旅館:界 別府(2021年7月オープン)

客室は別府湾の景色を絵画のように楽しめる「ピクチャーウインドー」が特徴

九州のニューオープン高級旅館:界 別府(2021年7月オープン)

大分の伝統工芸である小鹿田焼や竹の器にも注目したい季節の会席料理

九州のニューオープン高級旅館:界 別府(2021年7月オープン)

館内には足湯や手湯を設けた「湯の広場」がある

星野リゾート 界 別府

住所
大分県別府市北浜2丁目14-29

九州のニューオープン温泉宿:別府風雅(2020年7月オープン)

九州のニューオープン温泉宿:別府風雅(2020年7月オープン)
鶴見岳を望む貸切露天風呂は、チェックイン時に予約が必要

旅の夜をロマンチックに彩る宿

「別府八湯」は、別府市内に湧く8つの代表的温泉地の総称です。別府風雅は、別府八湯のひとつ、堀田温泉の湯宿。客室はスタンダードツイン、モダン和洋室をはじめ、室内をドアで仕切ることができ、最大7人まで宿泊できるワイドコーナールームや、最上階にあるオーシャンビューデラックスの4タイプから目的や気分に合わせて選ぶことができます。
夕食は、ライブキッチンを設けたダイニングラウンジで。絢爛コース、極コース、雅コースがあり、専用の鉄板で焼き上げる牛ステーキがメインの和洋コースが味わえます。ワイン、焼酎、ソフトドリンクやドリンクに合うお菓子などが無料で楽しめるラウンジサービスも魅力です。

電話:0977-26-7711
住所:大分県別府市堀田7-1 
料金:2食付9900円~(税・サ込)
営業時間:イン15:00、アウト10:00
交通:JR別府駅からタクシーで15分
駐車場:35台(無料)

九州のニューオープン温泉宿:別府風雅(2020年7月オープン)

ゆったりとした間取りのスタンダードツイン

九州のニューオープン温泉宿:GALLERIA MIDOBARU(2020年12月オープン)

九州のニューオープン温泉宿:GALLERIA MIDOBARU(2020年12月オープン)
路地が多い別府をイメージした立体的な建築構造

現代アートと独創的な建築が
融合したコンセプトホテル

別府八湯のひとつに数えられる堀田温泉に、長年使い込まれたような複雑な表情を見せる建物があります。
温泉宿「GALLERIA MIDOBARU」のコンセプトは、「体験価値を高めるサイトスペシフィックなホテル」。館内は左官仕上げの壁面、木の質感が残る天井、別府を題材とした現代アート作品が飾られたアーティスティックな空間が広がり、別府だからこその特別な時間を過ごすことができます。
客室はツイン、デラックスツインなど全35室。すべての客室に半露天風呂がつき、堀田温泉の名湯を源泉かけ流しで堪能することができます。
レストランがあり、別料金でディナーや朝食の予約もOKです。

電話:0977-76-5303
住所:大分県別府市堀田6組
料金:素泊まり20600円~(税・サ込)
営業時間:イン15:00、アウト11:00
交通:JR別府駅からタクシーで15分
駐車場:35台(無料)

九州のニューオープン温泉宿:GALLERIA MIDOBARU(2020年12月オープン)

4階にあるメゾネットスタイルの客室

九州のニューオープン温泉宿:天然温泉 鶴港の湯 ドーミーインPREMIUM長崎駅前(2021年1月オープン)

九州のニューオープン温泉宿:天然温泉 鶴港の湯 ドーミーインPREMIUM長崎駅前(2021年1月オープン)
大浴場には内風呂のほか、露天風呂やサウナがある

路面電車の音を聞きながら
温泉でくつろげる

JR長崎駅から歩いて5分の場所にある11階建てのビジネスホテル。2階にレストラン「HATAGO」、11階に温泉が満喫できる大浴場「天然温泉 鶴港の湯」があります。
「天然温泉 鶴港の湯」は男女別の内風呂と露天風呂のほか、サウナと水風呂があり、すっきりとリフレッシュすることができます。
午前6時半から営業しているレストランでの朝食は1800円。長崎名物の皿うどんやあごだしが香る「アジのたたき丼」など50品の和洋食が並ぶバラエティさが人気です。
なお、「天然温泉 鶴港の湯」は日帰り利用もできます。

電話:095-822-5489
住所:長崎県長崎市五島町2-29
料金:シングル8000円~、ツイン12000円~(税・サ込)
営業時間:イン15:00、アウト11:00
交通:JR長崎駅から徒歩5分
駐車場:68台(1泊1200円)

客室数は219室。全室にシモンズ社製のベッドを置く

九州のニューオープン温泉宿:天然温泉 鶴港の湯 ドーミーインPREMIUM長崎駅前(2021年1月オープン)

九州のリニューアル温泉宿:原鶴の舞(2021年8月リニューアル)

九州のリニューアル温泉宿:原鶴の舞(2021年8月リニューアル)
内風呂つきの和洋室「リバービュー温泉スイート」

すべての客室が
源泉風呂つきの「特別室」

筑紫次郎と呼ばれる九州随一の大河、筑後川の豊かな流れに臨む福岡県原鶴温泉。筑後川沿いに建つ湯宿「原鶴の舞」には、京都風、和モダンタイプ、バリ風など多種多様な客室がそろいます。
全室に原鶴温泉が楽しめる浴室があり、とくに筑後川を見渡す「リバービュー温泉スイート」は人気が高い客室です。2021年夏には露天風呂と内風呂がつく和洋室と、半露天風呂つきの和洋室の2室もオープンし、客室選びの幅が広がりました。
夕食は九州の旬の産物を生かした会席料理。宿名物の陶板焼きでは、九州や福岡の銘柄牛が賞味できます。

電話:0946-28-7227 
住所:福岡県朝倉市杷木志波1-3
料金:2食付24420円~(税・サ込) 
営業時間:イン15:00、アウト10:00
交通:JR筑後吉井駅からタクシーで10分
駐車場:22台(無料)

九州のリニューアル温泉宿:原鶴の舞(2021年8月リニューアル)

客室の内風呂は源泉をかけ流し。写真は岩風呂

九州のリニューアル高級旅館:SHIROYAMA HOTEL kagoshima(2020年10月リニューアル)

九州のリニューアル高級旅館:SHIROYAMA HOTEL kagoshima(2020年10月リニューアル)
最上級のもてなしが体感できる1泊110万円の「SHI ROYAMA インペリアル スイート」

東棟の客室を大幅改装。
1泊110万円の客室も!

鹿児島市屈指の名宿として有名な「SHIROYAMA HOTEL kagoshima」が、2020年秋、東棟の客室を大幅改装しました。
クラブラウンジやフィットネスジムが無料で使えるなど多彩な特典がつくクラブルーム、200㎡の広さを生かし、「Room to Room」をコンセプトに、客室ごとに変わる雰囲気や迫力ある桜島の眺めが非日常感を高めてくれる「SHIROYAMA インペリアルスイート」が登場。
東棟5階のジャパニーズモダンフロア「源泉掛け流し温泉付き ジャパニーズガーデンスイート」も注目を集めています。

九州のリニューアル高級旅館:SHIROYAMA HOTEL kagoshima(2020年10月リニューアル)

リニューアルした東棟5階の「源泉掛け流し温泉付き ジャパニーズガーデンスイート」。1泊16万5000円から

SHIROYAMA HOTEL kagoshima

住所
鹿児島県鹿児島市新照院町41-1城山ホテル鹿児島
交通
JR鹿児島中央駅から鹿児島交通まち巡りバスで20分、城山下車すぐ(無料シャトルバスあり、要確認)
料金
シングル=14300円/ツイン=25300円/

九州のニューオープン温泉宿:グランヴィリオホテル 別府湾 和蔵(2021年10月14日オープン)

九州のニューオープン温泉宿:グランヴィリオホテル 別府湾 和蔵(2021年10月14日オープン)
別府湾を望む7階建てのシーサイドホテル

別府温泉郷に近い大型ホテル

別府湾を一望する贅沢なたたずまいに、温泉の大浴場をそなえた和のホテルが誕生します。
客室数205室、567人を収容できる大型ホテルで、海側の客室からは四季折々に表情を変える別府湾が一望できます。そのほかにも展望大浴場、展望バーラウンジ、レストラン、プレイルームなどがあり、充実した施設・設備を誇ります。
和をモチーフにデザインされた空間で、海のさわやかな風を感じながら、上質なひとときを過ごしてみませんか。

電話:050-5211-5800
住所:大分県速見郡日出町平道1780-1
交通:JR豊後豊岡駅からタクシーで5分

癒やしの時間を過ごすなら九州の高級旅館&温泉宿へ!

一度は泊まってみたくなる高級旅館も、おこもりスタイルでプライベートタイムが過ごせる離れ形式の宿も、フレッシュさが漂うニューフェイスの温泉宿も、
多彩な魅力をそなえています。
宿で過ごす時間を目的とする旅もいいものです。
心と体をリフレッシュさせてくれる温泉とプラスαのいごこちのよさを求めて、九州旅の支度をはじめませんか?

会社創立は平成元年。以来、『まっぷるマガジン』『ことりっぷ』などなど、福岡市の編集プロダクションとしての立地を生かし、見どころ、グルメ、温泉、宿など九州一円の観光情報誌の制作にかかわってきました。
これからも、これまで培ってきたノウハウを存分に発揮して、個性あふれる九州の魅力と元気のよさを多くの方々に伝えていきたいと思います!

エリア

トップ > 九州・沖縄 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください