>  >  >  >  >  【沖縄】ラフテーやゴーヤチャンプルー! 郷土料理が楽しめるおすすめ店!

【沖縄】ラフテーやゴーヤチャンプルー! 郷土料理が楽しめるおすすめ店!

【沖縄】ラフテーやゴーヤチャンプルー! 郷土料理が楽しめるおすすめ店!

伝統的な琉球料理には、本土ではあまりなじみのない島食材がたくさん使われています。
海の幸から島野菜まで、沖縄の家庭の味を楽しみませんか。
昔からの知恵と工夫が生きた、てぃーあんだ(=手の脂がしみ込むほど、丹精込めた)な沖縄料理を召し上がれ。

島野菜について知ろう

ヘチマ(ナーベラー) 【食べ頃:5~10月】
沖縄ではポピュラーな食材。炒め煮や味噌汁に。

ゴーヤー 【食べ頃:4~7月】
沖縄野菜の代表格。ビタミンCを豊富に含む。

島らっきょう 【食べ頃:3~6月】
小ぶりで、独特の辛みがある。浅漬けや天ぷらで。

田いも 【食べ頃:12~4月】
水田栽培の里いも。モッチリとした食感が特徴。

島唐辛子 【食べ頃:9~11月】
王道の辛み野菜。コーレーグースにも使われる。

ハンダマ 【食べ頃:11~5月】
ポリフェノールが多く、加熱するとぬめりが出る。

富久屋

あんまー(=おかあさん)が作る沖縄料理

首里の閑静な住宅街に建つ創業30年以上の食事処。メニューは定食が中心で、郷土料理の「いなむどぅち」や中身汁など6種類あり、持ち帰りもできる。単品メニューは20種類以上がそろう。【那覇・首里】

富久屋

ラフテー(昼)550円 / (夜)600円
三枚肉を醤油や砂糖、泡盛などでやわらかくなるまで煮込んだもの

<沖縄料理の豆知識>
●豚は鳴き声以外全部食べられる!?
沖縄県民は無類の豚肉好き。内臓や骨も余すところなく料理に使う

富久屋

どぅるわかしーの揚げ(どぅる天) 200円
沖縄県特産の田いもで作るどぅるわかしーを、丸めて揚げたもの

富久屋

島らっきょう(昼)450円 / (夜)500円
塩漬けの島らっきょうは醤油で味わう。ピリッとした辛みが特徴

富久屋

店はアットホームな雰囲気

富久屋

住所
沖縄県那覇市首里当蔵町1丁目14
交通
ゆいレール首里駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:30(閉店15:00)、18:00~21:00(閉店22:00)
休業日
火曜(年末年始休)
料金
いなむどぅち定食(7品)=1050円(昼)・1100円(夜)/タームアーギー=550円(昼)・600円(夜)/ミヌダル=550円(昼)・600円(夜)/沖縄そば=550円(昼)・600円(夜)/ 平均予算(昼):1500円, 平均予算(夜):2500円

糸ぐるま

首里伝統の家庭料理をじっくり味わう

宮廷由来の料理や郷土料理がコースで味わえる。ラフテーやジーマーミ豆腐など代表的な沖縄料理が並ぶ「やしらみ」7品3024円をはじめ、コースは4種類。追加で単品メニューの注文もできる。【那覇・首里】

糸ぐるま

ミミガー和え ※コースメニュー
刻んだ豚の耳の皮をピーナッツバターと白味噌、酢、砂糖で和える

糸ぐるま

ミヌダル ※コースメニュー
豚ロース肉に黒ごまのタレをまぶして蒸した、昔ながらの伝統料理

<沖縄料理の豆知識>
●名の由来は?
タレをまぶした姿が蓑(みの)をかぶっているように見えることから

糸ぐるま

もずく酢 ※コースメニュー
のどごしがよい沖縄県産もずくは、さっぱりとした味わいの三杯酢で

糸ぐるま

閑静な住宅街の一角にあり、豊かな緑が入口を彩る

糸ぐるま

住所
沖縄県那覇市泊1丁目22-9
交通
ゆいレール美栄橋駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
17:30~22:00(閉店23:00)
休業日
日曜(年末年始休)
料金
ラフテー=900円/花織定食(5品)=1460円/やしらみ定食(7品)=2700円/糸ぐるま定食(15品)=7240円/花倉(10品)=3780円/ 平均予算(夜):3000円

琉球茶房 あしびうなぁ

美しい庭園を眺めながら食事を満喫

首里城の三司官の屋敷跡に建てられた住居を利用した店。重厚な赤瓦屋根の古民家で、昼は沖縄の定番料理が味わえる。夜は、沖縄県産食材を使った御膳や会席などで琉球創作料理を楽しめる。【那覇・首里】

琉球茶房 あしびうなぁ

足テビチ煮880円(税別、夜のみ)
じっくり煮込んだテビチはやわらかく、味もしっかり染み込んでいる

琉球茶房 あしびうなぁ

スクガラス豆腐 550円(税別、夜のみ)
沖縄の保存食、スクガラスを島豆腐の上にのせて。酒のアテに◎

<沖縄料理の豆知識>
●スクガラスって?
スク(=アイゴ)の塩漬け(=ガラス)のこと。稚魚を使う

琉球茶房 あしびうなぁ

豆腐よう600円(税別、夜のみ)
豆腐を米麴や泡盛などで発酵、熟成させたもの。濃厚なチーズのよう

琉球茶房 あしびうなぁ

当時の趣を色濃く残す造り

琉球茶房 あしびうなぁ

住所
沖縄県那覇市首里当蔵町2丁目13
交通
ゆいレール首里駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(閉店)、17:00~22:00(閉店23:00)
休業日
不定休(旧盆時期休)
料金
沖縄そば定食(昼のみ)=874円/グルクン唐揚げ(単品、昼のみ)=950円/瑞雲御膳(夜のみ)=4104円/結会席(夜のみ)=5400円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):3800円

ななほし☆食堂

伝統製法で手作りする島豆腐が評判

豊富なメニューでもてなすアットホームな食堂。できたての自家製豆腐を使った料理は人気が高く、開店直後から客が訪れる。ゆし豆腐はかつおだしのほか、みそ味にもできる。豆腐の持ち帰りもOK。【那覇・首里】

ななほし☆食堂

煮付け 850円
やわらかく煮込んだ三枚肉とソーキをたっぷりの野菜と一緒に

ななほし☆食堂

ゆし豆腐(大)290円
にがりを入れて固める前のおぼろ状の豆腐。かつおだしや醤油で味わう

ななほし☆食堂

白壁に赤瓦屋根が映える明るい印象。女性客も多い

ななほし食堂

住所
沖縄県那覇市首里鳥堀町1丁目45-2

糸満漁民食堂

海人の町で味わう新鮮な島魚料理

漁師町として知られる糸満市に店を構える。豊かな海の幸を食材に、伝統料理を現代風にアレンジしたメニューが好評だ。店自慢のイマイユのバター焼きは、その日仕入れた魚から選ぶことができる。【南部】

糸満漁民食堂

イマイユのバター焼き(昼)1540円~ / (夜)2090円~
特製のアーサバターソースをたっぷり使って、香ばしく焼き上げる

<沖縄料理の豆知識>
●イマイユって?
沖縄の言葉で、イマ(=今)イユ(=魚)とは獲れたての新鮮な魚のこと

糸満漁民食堂

海ぶどうとイカのサラダ 605円
沖縄県特産の海ぶどうは海藻の一種。プチプチした食感が楽しい

糸満漁民食堂

琉球石灰岩を外観や店内の壁に用いたおしゃれな空間

糸満漁民食堂

住所
沖縄県糸満市西崎町4-17
交通
那覇空港から県道231号、国道331号を糸満方面へ車で9km
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:30(L.O.)、18:00~21:30(L.O.)
休業日
火曜(12月31日~翌1月1日休)
料金
土鍋で食べる魚汁=1236円/本日のイマイユバター焼き=1404円~/イカスミ汁=1235円/しらすの温玉のっけ丼=885円/糸満漁民飯=1030円・1080円(夜)/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):2500円

紀乃川

一家で切り盛りする本部町の人気食堂

店主一家の人柄が表れたような、やさしい味つけの家庭料理に定評がある。市場で仕入れる魚介や、地元産の野菜の味を生かしたシンプルな調理が信条だ。定食には味噌汁やもずく酢などが付く。【沖縄美ら海水族館周辺】

紀乃川

ゴーヤーチャンプルー 600円
ゴーヤーを島豆腐などと炒めたもの。溶き卵を加えて仕上げる

<沖縄料理の豆知識>
●チャンプルーって?
さまざまな食材をチャンプル―(=ごちゃまぜ)する定番の沖縄料理

紀乃川

グルクンの唐揚げ 800~1200円(時価)
沖縄県魚、グルクンはくせがない白身の魚。骨まで食べられる唐揚げに

紀乃川

ヒラヤーチー 540円
水で溶いた小麦粉で作った生地に野菜を加え、薄焼きにしたもの

紀乃川

ジーマーミ豆腐 370円
ピーナッツをいも葛などと練って固めた豆腐。プルプルの食感が特徴

紀乃川

本部町の高台に建ち、多くの客に愛されている

紀乃川

住所
沖縄県本部町健堅603
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58・449号を本部方面へ車で21km
営業期間
通年
営業時間
11:00~17:30(閉店18:00)
休業日
月曜(旧盆時期休、1月1~3日休、旧正月休、臨時休あり)
料金
グルクンの唐揚げ=800~1200円(時価)/自家製ジーマーミ豆腐=300円/じゃがいもチャンプルー定食=700円/ 平均予算(昼):700円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×