おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  屋久島【永田・一湊】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

屋久島【永田・一湊】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

屋久島【永田・一湊】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

by mapple

更新日:2018年12月15日

永田・一湊

ウミガメが上陸する美しい海岸線の連続

屋久島空港から
永田/屋久島交通バス永田行きで57分、終点下車、1250円

宮之浦港から
永田/屋久島交通バス永田行きで32分、終点下車、900円

柴とうふ店

人気の豆腐を味わう
島内屈指といわれる永田の清水で作る豆腐店。豆腐は一丁が大きくしっかりとした形で、みずみずしく濃い大豆の味が広がる。その場で食べられる「48(シバ)セット」は、豆腐におからで作った菓子と豆乳が付く。

柴とうふ店

その場で味わえる48セット(480円)

柴とうふ店

地元でも人気のもめん豆腐

布引の滝公園

天時に現れる巨大な瀑布
島の北端、一湊にある滝。ふだんは水量が少ないが、雨上がりには岩の斜面を豪快に流れ落ちる。水量が豊かな日は落差40mを轟音とともに落ちる。一帯は公園として整備されている。

布引の滝公園

水量が多い場合は離れた場所で観賞しよう

一湊海水浴場

島内屈指の透明度が自慢
太平洋へ突き出した矢筈崎に包まれた入り江にある海水浴場。入り組んだ地形のため、波が穏やかで、安心して海水浴が楽しめる。温水のシャワーや脱衣所も完備されており、快適。

一湊海水浴場

海開きは7月中旬から8月下旬

愚角庵

山尾三省氏の世界観に浸る
インドへ巡礼の旅に出たのち、屋久島の白川山集落に移住し、『聖老人』などを書した故山尾三省氏の書斎。生前のままに残した机や著書が並ぶ本棚などがある。

愚角庵

生前に使われていた書斎

じゃらい亭

家庭的な店内で食事が楽しめる
明るい女将が切り盛りする食事処。家庭の味でふるまう小鉢が付く定食は、黒豚カツとじがメインのじゃらい定食や、トビウオの唐揚げがメインのやくしま定食が好評。

じゃらい亭

看板メニューのじゃらい定食

一湊珈琲 焙煎所

自家焙煎の香り高いコーヒー
布引の滝公園の入口にある、自家焙煎のコーヒー豆と道具の店。時期に合わせたおすすめの豆を販売するほか、テラス席で淹れたてのコーヒーを味わうこともできる。

一湊珈琲 焙煎所

香り高く甘みのあるコーヒー

馬場水産

100年以上にわたってサバ節を製造販売
サバ節の加工場。サバ節はもちろん、その工程で出るさば煎汁や魚粉など、商品として販売。予約制で工場見学もできる。屋久島一湊の醤油(200㎖)も販売している。

馬場水産

旨みが凝縮された屋久島づくし

ariga-to

命の大切さを感じる革雑貨
ヤクシカや牛革で革製品を作る清水さんの自宅を兼ねた店。ヤクシカは駆除されたもので、皮は繊細で取り扱いが難しいが、命を大切にしたいという思いから製品化された。

ariga-to

柔らかくて強いヤクシカ島財布

筆者:mapple

まっぷる屋久島・奄美 種子島’19

発売日:2018年01月18日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる屋久島・奄美 種子島’19」です。掲載した内容は、2017年6月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×