コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  鹿児島【大隅半島】桜島を眺めながらシーサイドドライブ

鹿児島【大隅半島】桜島を眺めながらシーサイドドライブ

by mapple

更新日:2018年2月15日

鹿児島県東部に位置する大隅半島は、ダイナミックな海と山の自然が広がるエリア。錦江湾沿いの国道220・269号は、桜島の東海岸を望むドライブコースで沿線に見どころやレジャー施設、グルメスポットが点在する。

MODEL COURSE

1.道の駅たるみず
徒歩すぐ
2.マミーズカフェ
車12分
3.味処 桜勘
車40分
4.鹿屋航空基地史料館
車15分
5.かのやばら園
徒歩すぐ
6.ローズダイナー

道の駅たるみず

桜島ビューを眺めつつ足湯での~んびり
目の前に桜島、遠くに霧島を望む錦江湾に面した道の駅。敷地内には「ぶり大将」「桜勘かんぱち」などのブランド魚を使った海鮮丼が評判の食事処、地域のみやげものが並ぶ物産館、温泉施設「道の駅たるみず 湯っ足り館」がある。風呂は男女別の内風呂、露天風呂のほか、屋外に足湯がある。

全長60mの足湯は誰でも無料で利用することができる

【土・日・祝の限定品】
姫甘海老カツバーガー 500円
バンズにエビフライが突き刺さった海老マヨバーガーが、今、SNSなどで話題。錦江湾にしか生息しない姫甘海老を殻ごとすりつぶしてつくったパテに、タルタルソースと、とんかつソースを加え、サンドしたもので、週末と祝日のみの限定品。垂水港近くの「海老屋 嘉」(0994-32-0508)でも購入ででは、平日も販売(不定休)。

マミーズカフェ

真っ赤なコンテナカフェの絶品スイーツ
「道の駅たるみず」の向かい側、真っ赤なコンテナの外観がひときわ目を引くカフェ。「マミー」こと野菜ソムリエの米永さんが手がける店で、無農薬栽培の地元産を中心に旬の野菜、フルーツを使った生ジュース、スイーツが楽しめる。

天気がいい日はテラス席でくつろぎたい

【アツアツ焼き芋にソフトクリームをのせて命名「あっちん」】
あっちん 400円
完熟芋の紅はるかをじっくり焼いて蜜のような甘みを引き出し、濃厚なソフトクリームをのせたオリジナルスイーツ。鹿児島弁で「アツアツちんたか(冷たい)」の意味

味処 桜勘

漁協直営だから安くておいしい
漁業協同組合が営む店で、昼のみの営業。ブランド魚の「垂水かんぱち」を中心に、刺身、ヅケ、あぶりなど多彩な魚介料理が味わえる。

独自のタレに漬けたヅケが入る「かんぱち漬丼」は750円

鹿屋航空基地史料館

自衛隊機にさわって乗って大コーフン!!
海上自衛隊鹿屋航空基地の隣接地にあるミュージアム。屋外では当時世界一の高性能を誇ったといわれる昭和18(1943)年製の二式大型飛行艇や魚雷などを展示。館内では、第二次世界大戦時の特別攻撃隊にまつわる遺品や零戦の実機の見学のほか、海上自衛隊の現在の活動などについて知ることができる。

海上自衛隊で使われていた飛行機、ヘリコプター、魚雷などを展示している

2階展示場の中央に据えられた零戦

ちょっと寄り道

鹿屋市観光物産総合センター

みやげ処&レストランがある休憩スポット
鹿屋航空基地史料館の隣にある物産館で、自衛隊関連のグッズ、鹿屋を中心とした周辺地域の特産品が並ぶ。レストランの名物は鹿屋海軍航空カレー。

鹿屋海軍航空カレー700円
アルミプレートに野菜がたっぷりヤクルト付き

かのやばら園

100万本のバラの香りに癒される
鹿屋市西部の丘の上に広がる「鹿屋市霧島ヶ丘公園」は、桜島や開聞岳、志布志湾などの絶景が望める展望台、ゴーカート場、子供広場、キャンプ場などの施設が点在するレジャー施設。なかでも、8万㎡の敷地に3万5000株、およそ100万本のバラを植栽した「かのやばら園」が見どころ。バラの開花シーズン以外も、花温室では一年を通して約100種のバラが鑑賞できる。

【開花シーズン】
春バラ 4月下旬~6月
秋バラ 11月中旬~12月中旬
開花時期に合わせて「かのやばら祭り」が行われる。ステージイベント、ワークショップなどの催し物を実施。

バラ以外にも、春はポピー、初夏はあじさい、秋はコスモス、冬は日本すいせん、クリスマスローズなど、さまざまな花が開花する

バラ狩りできます
切り花温室では、好きなバラを切り花にして持ち帰れる「切りバラ体験」を実施。スタンダード150円、スプレー200円(時期により本数制限あり)

ローズダイナー

好奇心を激しくくすぐるバラグルメとは…
かのやばら園の入園ゲートのそばにあるレストラン。オーナー近藤さんの遊びゴコロと発想力で生まれた、特産品を使ったご当地グルメをラインアップしている。なかでも、バラソフトクリーム、薔薇カレー、薔薇熊など、バラを使ったメニューは好奇心をくすぐるうえ、味もよしと好評だ。

【夏期限定】
薔薇熊 600円
鹿児島名物の氷菓「白熊」に対し、鹿屋では「薔薇熊」が人気。なんともきれいなピンク色の氷に旬のフルーツをトッピング。フルーツ抜きのテイクアウト用は400円

バラソフトクリーム 300円
バラのエキスを絶妙なバランスで配合したソフトクリームで、かのやばら園の名物。鼻に抜ける高貴な香りが印象的

みやげはコチラ

鹿屋海軍サイダー 200円
旧海軍の飛行機搭乗員の弁当にサイダーが付いていたというエピソードから誕生したご当地サイダー
販売店 鹿屋市観光物産総合センター

バラ色の恋人(ドレッシング・200㎖)500円
玉ねぎ、さつまいも、赤ワインなどに、バラのエキスを配合。サラダはもちろん、冷製パスタ、海鮮マリネなどに使える
販売店 かのやばら園売店

ひこうきクッキー250円
飛行機をかたどったクッキーはプレーンとココアの2つの味が入っている。小腹が空いたときの救世主
販売店  鹿屋市観光物産総合センター

薔薇の贈りもの(焼酎・300㎖)880円
かのやばら園で育てられた、無農薬で香り高いバラでつくる芋焼酎。高貴なバラの香りが楽しめる。アルコール25度
販売店 かのやばら園売店

ローズキャンディー 108円
1袋50g、12個入っていて108円とリーズナブル。バラマキみやげにぴったり。強すぎず、弱すぎずの香り
販売店 かのやばら園売店

絶景カフェ

南風農菓舎 デザートハウス

大隅半島の自然の恵みをスイーツで味わう
素材は自家農園で自然栽培したカラー芋(有色唐芋)やハーブ、フルーツ、水は敷地内に湧出する地下水。これら大隅の自然の恵みを、パリから招いた一流コンフェクショナリーが高い技術と秀でた感性で生み出したスイーツが味わえる。みやげにぴったりなテイクアウト商品も豊富。

筆者:mapple

まっぷる鹿児島 指宿・霧島’18

発売日:2017年12月20日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる鹿児島 指宿・霧島’18」です。掲載した内容は、2017年9月〜11月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×