トップ > 全国 x 窯元 > 九州・沖縄 x 窯元 > 福岡・北九州 x 窯元

福岡・北九州 x 窯元

福岡・北九州のおすすめの窯元スポット

福岡・北九州のおすすめの窯元スポットをご紹介します。伝統にこだわらない熊谷守氏の窯。食器類中心の多彩な作品が並ぶ「守窯」、素敵な器でおいしい料理を「日月窯」、土のぬくもりを感じる器「唐津焼 高麗窯」など情報満載。

福岡・北九州のおすすめの窯元スポット

  • スポット:7 件
  • 記事:2 件

1~20 件を表示 / 全 7 件

福岡・北九州のおすすめの窯元スポット

守窯

伝統にこだわらない熊谷守氏の窯。食器類中心の多彩な作品が並ぶ

上野(あがの)焼をベースにしながらも、その伝統にこだわらず、掻き落とし、泥彩に挑んでいる熊谷守氏の窯。自宅兼展示場には、食器類を中心に多彩な作品が並ぶ。

守窯
守窯

守窯

住所
福岡県田川郡福智町上野1991
交通
平成筑豊鉄道伊田線赤池駅から町内巡回福祉バス上野峡行きで22分、下小路下車すぐ
料金
コーヒーカップ=4320円~(1客)/湯呑み=2160円~/飯碗=2160円/小皿=1080円~/

日月窯

素敵な器でおいしい料理を

「使うほどによさが出るものをつくりたい」という福村夫妻の窯元。見晴らしよい場所にあり、工房は見学ができる。自家製野菜や果物を使った料理があり、2階にはカフェがある。

日月窯
日月窯

日月窯

住所
福岡県うきは市吉井町富永404-1
交通
JR久大本線筑後吉井駅から徒歩20分
料金
工房見学=無料/ランチセット=1300円/コーヒー=520円~/

唐津焼 高麗窯

土のぬくもりを感じる器

親子二代で窯を守る。古家章弘氏は伝統的な古唐津の技法を再現、二代目の義弘氏は日用和食器など新しいデザインの唐津焼に取り組んでいる。窯開きは春と秋。

唐津焼 高麗窯
唐津焼 高麗窯

唐津焼 高麗窯

住所
福岡県糸島市志摩芥屋157
交通
JR筑肥線筑前前原駅から昭和バス芥屋行きで24分、窯元前下車すぐ
料金
絵唐津湯呑み=1000円~/花器=1500円~/和食器=1000円~/

やままる窯

伝統技法を守りながら、現代の食卓に合う器をつくる

小石原焼発祥の地といわれ、石畳に沿って15軒の窯元が立ち並ぶ皿山に工房を構える。工房見学や予約制の陶芸体験に応じている。近くには巨木100選に選ばれている行者杉がある。

やままる窯
やままる窯

やままる窯

住所
福岡県朝倉郡東峰村小石原716-8
交通
JR日田彦山線彦山駅からタクシーで10分
料金
湯呑み=700円~/めし碗=1000円~/絵付け(要予約)=1000円~/ロクロ(要予約)=2500円~/手びねり(要予約)=2500円~/

丸田窯

伝統の塩釉技法で仕上げる美しい作品

16世紀末、豊臣秀吉が朝鮮から陶工を招いて焼きはじめた「一の瀬焼」の窯元。展示販売のほか、絵付け体験や陶芸教室を開いている。陶芸教室の所要は1時間30分ほど。

丸田窯

丸田窯

住所
福岡県うきは市浮羽町朝田1133-2
交通
JR久大本線うきは駅からタクシーで5分
料金
見学=無料/陶芸教室(2名以上、要予約)=3000円/絵付け体験(湯呑み、皿など)=1000円~/

秋月焼 橘窯

橘日東士氏の工房。青みを帯びた紫色など豊かな色彩が特色の器

橘日東士氏の工房。表現したい作品のイメージによって10種類の土を使い分け、土の風合を生かした器をつくる。青みを帯びた紫色をはじめ豊かな色彩に特色がある。

秋月焼 橘窯
秋月焼 橘窯

秋月焼 橘窯

住所
福岡県朝倉市秋月937-1
交通
甘木鉄道甘木駅から甘木観光バス野鳥行きで18分、秋月下車、徒歩3分
料金
三角湯呑み=1300円~/ぐい呑み=1000円~/高台湯呑み=1500円~/小鉢類=2000円~/

小石原焼窯元めぐり

歴史を築いた伝統の窯元をめぐる

約350年の歴史をもつ小石原焼。50軒ほどの窯元があり、ほとんどの窯元で工房見学ができる。道の駅の陶の里館などで手に入るイラストマップは窯元めぐりに便利。

小石原焼窯元めぐり
小石原焼窯元めぐり

小石原焼窯元めぐり

住所
福岡県朝倉郡東峰村小石原、小石原鼓
交通
JR日田彦山線大行司駅から西鉄バス小石原行きで20分、役場前下車、徒歩12分
料金
施設により異なる