>  > 

日本の名城 一度は訪れてほしい城ランキング20

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年6月25日

この記事をシェアしよう!

日本の名城 一度は訪れてほしい城ランキング20

日本にはいくつのお城があったのでしょうか。

一口に「お城」といってもその定義は曖昧で、わかりやすく「天守が建っている」ものから「土が盛り上がっているだけ」のように見えるもの...。
すべてを数えていくと、およそ数万の城跡があるといわれています。

今回は、その中でも特に「名城」と呼ばれるお城をランキング形式でご紹介。各お城にまつわる歴史や関連人物も詳しく解説!

現地へ赴き天守を見上げるのもよし、残された石垣の前で往時に思いを馳せるのもよし。ぜひお気に入りのお城を見つけてくださいね!

※日本の名城ランキングは、お城と石垣好きである筆者の独断で選定しています

近くのお城を探す方はこちら

この記事の目次

日本の名城ランキングの前に!お城用語について知ろう

本文内には、時おり専門用語のようなワードが出てきます。「専門用語のような」ですから、見慣れないだけで難しいことはありません。

一つずつチェックしていきましょう。

現存天守

戦災や天災、明治維新の廃城令で失われることなく、現在も保存されている12の天守のこと。頭に思い描く「日本のお城」は、十中八九この12コのどれかです!

国宝5城

現存12天守のなかで、国宝に指定されている5つのお城。

平城、平山城、水城、山城

お城は、築かれた土地の状態によって4つのグループに分類されます。

  • 平野部であれば「平城」
  • 丘陵地帯や小高い山であれば「平山城」
  • 海や川、湖など水辺に面した場所であれば「水城」。「海城」や「湖城」と表記されることもあります
  • 山の頂上や中腹に築かれたお城は「山城」

※記事中の「日本3大●城」に関しては、文献によって諸説あります

天下普請

関ヶ原の戦いで多くの所領を得た徳川家康は、戦国大名の頂点・天下人となります。そんな家康が開いた江戸幕府の命令で、全国の大名たちが力を合わせて作ったお城が「天下普請の城郭」と呼ばれています。

日本100名城

「公益財団法人 日本城郭協会」が選定した、日本国内にあるお城100選のことを指しています。

用語の説明は以上です。

それでは、一度は訪れてほしい城ランキングのスタートです!

【日本の名城ランキング】20位.日本初の本格的な海城「高松城」<香川県>

【日本の名城ランキング】20位.日本初の本格的な海城「高松城」<香川県>

日本有数の水城跡

日本三大水城の一つである高松城跡は、現在、公園として開放されています。

園内には重要文化財指定の月見櫓や旧東之丸「艮櫓」、披雲閣などのほか、名勝の披雲閣庭園があります。

高松城のおすすめポイント

【日本3大水城】【日本100名城に選出】
改修・改築を繰り返した巨大な水城。堀には瀬戸内海の海水が取り込まれています。

このスポットの詳細を見る

【日本の名城ランキング】19位.防御を強く意識した「津山城」<岡山県>

【日本の名城ランキング】19位.防御を強く意識した「津山城」<岡山県>

西日本有数の桜の名所

津山城は、江戸初期に初代藩主・森忠政が12年の歳月をかけて築いた近世平山城。扇の勾配を持つ高さ45mの石段などが、往時の面影を伝えています。

「日本さくら名所100選」の地としても有名で、春には約1,000本の桜が咲き誇ります。

津山城のおすすめポイント

【日本3大平山城】【日本100名城に選出】
外敵を寄せつけない、ひな壇状の高石垣「一二三(ひふみ)段」が見どころです。

  • 住所:岡山県津山市山下135
  • 電話:0868-22-4572
  • 交通:JR津山線津山駅から徒歩15分
  • 営業時間:8:40~19:00(閉園、10~翌3月は~17:00<閉園>)
  • 休業日:無休(12月29~31日休)
  • 料金:大人300円

【日本の名城ランキング】18位.多数の櫓が林立する強者の城「広島城」<広島県>

【日本の名城ランキング】18位.多数の櫓が林立する強者の城「広島城」<広島県>

大坂城にも匹敵する規模を誇った連結式天守

西国最大の戦国大名であった毛利輝元が築城。往時は2基の小天守を連結した望楼型大天守に加え、多くの櫓が建つ壮大なお城だったといわれています。

原爆によって全壊してしまいますが、昭和33(1958)年に復元。天守の内部は歴史博物館となっていて、鎧や兜が着られる体験コーナーがあります。

広島城のおすすめポイント

【日本3大平城】【日本100名城に選出】
88の櫓が建てられていた巨城で、現在の天守は3代目。当時の図面を元に復元された、美しい佇まいを見ることができます。

このスポットの詳細を見る

【日本の名城ランキング】17位.徳川家の歴史を見守り続けた「二条城」<京都府>

【日本の名城ランキング】17位.徳川家の歴史を見守り続けた「二条城」<京都府>

江戸時代の幕開けと終焉の地

「関ヶ原の戦い」に勝利した徳川家康が、上洛する際の宿泊所として造営。寛永元~3(1624~1626)年に、3代将軍・家光が天皇の行幸を仰ぐために改修し、ほぼ現在の規模が完成しました。

幕末。15代将軍・慶喜が二の丸御殿大広間で大政奉還を発表し、政権を朝廷に返上します。264年続いた江戸幕府は、この地で終焉を迎えることとなりました。

二条城のおすすめポイント

【日本3大平城】【天下普請の城】【日本100名城に選出】
豪華絢爛な二の丸御殿が見どころ。現在「建造物」として世界遺産に登録されている日本のお城は、姫路城と二条城だけです。

このスポットの詳細を見る

【日本の名城ランキング】16位.清正公様の最高傑作「熊本城」<熊本県>

【日本の名城ランキング】16位.清正公様の最高傑作「熊本城」<熊本県>

名君・清正公(せいしょこ)さんが知力を結集した名城

天正16(1588)年に肥後の藩主となった加藤清正が、7年もの歳月をかけて築き上げた熊本城。築城の名手と称される清正が手掛けたお城らしく、外敵の侵入を防ぐ「武者返し」と呼ばれる石垣をはじめとした強固な造りが特徴です。

2016年の熊本地震の際に被害を受けましたが、復興が進む姿を城外から眺めることが可能。隣接する「桜の馬場 城彩苑」でも崩落した石垣や瓦を展示しています。

熊本城のおすすめポイント

【日本3名城(『鈐録外書』より)】【日本100名城に選出】
芸術的な積み方で、上部に行けば行くほど急勾配になる武者返しの石垣。築城名人・加藤清正の傑作を堪能しましょう。

  • 住所:熊本県熊本市中央区本丸1-1
  • 電話:096-352-5900(熊本城総合事務所)
  • 交通:JR熊本駅から市電A系統健軍町行きで14分、熊本城・市役所前下車、徒歩10分
  • 営業時間:9:00~16:30(閉園17:00)
  • 休業日:無休(12月29~31日休)
  • 料金:入園料=大人500円

【日本の名城ランキング】15位.豊臣から徳川へ「大阪城(大坂城)」<大阪府>

【日本の名城ランキング】15位.豊臣から徳川へ「大阪城(大坂城)」<大阪府>

天下人・秀吉が築城した波乱万丈の巨城

水運の利に恵まれた石山本願寺跡地に、豊臣政権の本拠地として秀吉が築城した大坂城。

大規模な郭と内堀、外堀を同心円状に連ねる造りで、主君・信長の安土城をしのぐ規模を誇ったお城ですが、「大坂夏の陣」で落城。徳川幕府の再建工事により、豊臣時代の「大坂城」は地中に埋没してしまいます。

現在残る「大阪城」の遺構は江戸時代以降のもので、天守閣は昭和6(1931)年に復興された3代目となります。

大阪城(大坂城)のおすすめポイント

【日本3名城(『鈐録外書』より)】【天下普請のお城(大阪城)】【日本100名城に選出】
桜門をくぐってすぐの場所、表面積36畳・推定重量130トンを誇る超巨大な石「蛸石」の存在からも、徳川家の威光が伝わってきます。

このスポットの詳細を見る

1 2 3

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください