おでかけ情報満載!「マップル」の観光旅行メディア|マップルトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「マップル」の観光旅行メディア

×

 >  >  週末おでかけにぴったり!バラやツツジ、フジなど5月~6月が見頃のおすすめ花の名所 花まつり日程も

週末おでかけにぴったり!バラやツツジ、フジなど5月~6月が見頃のおすすめ花の名所 花まつり日程も

週末おでかけにぴったり!バラやツツジ、フジなど5月~6月が見頃のおすすめ花の名所 花まつり日程も

by mapple_travel_guide

更新日:2019年5月13日

さわやかなこの季節、各地で美しい花々が咲き誇っています。華やかなバラ、色鮮やかなツツジ、優雅なフジ、カラフルなポピーなど、見るだけで元気をくれる花々に会いに、お出かけしてみませんか?

今回は、バラやツツジ、フジなど、5月~6月頃に見頃を迎える花の名所をピックアップ。
見頃の時期や期間中のイベントもあわせて紹介します。

美しい花を背景に写真を撮ったり、「きれいだねぇ」と語らったり。
家族や友達、またはデートで、素敵な思い出を作りましょう。

日々の開花状況はHPやSNSで公開している施設も多いので、おでかけ前にチェックをお勧めします。

※紹介写真には一部、同一施設で咲く別の草花の写真も含まれています。

近くの初夏が見頃の花の名所を探したい方はこちら

目次

1.【5月~6月頃】色鮮やかな花と香りを楽しむ バラの名所

2.【4月~5月頃】白や紫の大藤は観光名所にも フジの名所

3.【5月~6月頃】生け垣や山、道路の植栽を赤く彩る ツツジの名所

4.【5月~6月頃】ハナショウブの名所

5.その他、5月~6月頃に行きたい花の名所

1.【5月~6月頃】色鮮やかな花と香りを楽しむ バラの名所

バラってどんな花?

1.【5月~6月頃】色鮮やかな花と香りを楽しむ バラの名所
写真:123RF

美や愛の象徴として、古くから愛されてきたバラ。

2万種以上の品種があるといわれており、各地のバラ園ではブッシュ(木立)樹形、つる性など、色も形も様々なタイプのバラを見ることができます。

また、バラには種類によって、一季咲きのものと四季咲きのものがあります。一季咲きのバラは主に5月頃に咲きますので、主に春と秋に開花する四季咲きのものとあわせて、5月から6月のバラ園はひときわ華やかになります。

この時期は、各地のバラ園やローズガーデンでバラ祭りなどのイベントも多く開催されます。

いわみざわ公園(北海道)

森林浴やキャンプが楽しめ、「バラ園」は一番のみどころ

森林浴、キャンプなどが楽しめる憩いの場。一番の見どころは「バラ園」。約630品種、8800株植えられたバラとハマナスの景観は見事。一年中花が咲いている室内公園「色彩館」もある。

【バラの見頃期間】 6月下旬頃から7月中旬
【期間中のイベント】いわみざわローズフェスタ2019(6月22日~7月21日)

【住所】北海道岩見沢市志文町
【アクセス】JR函館本線岩見沢駅から北海道中央バス万字線毛陽交流センター行きで15分、いわみざわ公園下車すぐ
【料金】入園料=無料/室内公園「色彩館」=高校生以上100円、小・中学生50円/

このスポットの詳細を見る

旧古河庭園(東京都)

和と洋が調和する大正の庭

バラとツツジの洋風庭園と平安神宮神苑などを手がけた京都の庭師、小川治兵衛作庭の日本庭園がある。洋館と洋風庭園は著名な建築家ジョサイア・コンドルが設計。バラは5月中旬から6月上旬、10月中旬から11月上旬が見頃。

【バラの見頃期間】5月中旬~6月中旬
【期間中のイベント】春のバラフェスティバル2019(5月1日~6月2日)

【住所】東京都北区西ケ原1丁目27-39
【アクセス】JR山手線駒込駅から徒歩12分
【料金】庭園入園料=一般150円、小学生以下無料/洋館見学料=800円/

このスポットの詳細を見る

花フェスタ記念公園(岐阜県)

季節の花々が咲き誇る公園

1年中、花と緑が楽しめる公園。世界有数の規模を誇るバラ園では約7000品種のバラを植栽し、春・秋のバラの見ごろにあわせ、バラまつりが開催される。

【バラの見頃期間】5月下旬~6月上旬
【期間中のイベント】春のバラまつり2019(5月11日~6月16日)

【住所】岐阜県可児市瀬田1584-1
【アクセス】JR太多線可児駅からさつきバス東部線フェスタ記念公園行きで10分、終点下車すぐ(日曜、祝日はJR太多線可児駅からタクシーで10分)
【料金】入園料=大人520円、高校生以下無料/入園料(バラまつり期間)=1000円/

このスポットの詳細を見る

荒牧バラ公園(兵庫県)

約1万本の世界のバラ園

伊丹市で生まれた「天津乙女」「マダム・ヴィオレ」をはじめ世界のバラ約250種1万本が咲くバラ園。

【バラの見頃期間】5月中旬~6月中旬

【住所】兵庫県伊丹市荒牧6丁目5-50
【アクセス】阪急伊丹線伊丹駅から伊丹市営バス荒牧バラ公園行きで25分、終点下車すぐ
【料金】無料

このスポットの詳細を見る

はな阿蘇美(熊本県)

世界のバラが鮮やかに咲き誇る

世界のバラ約450種4000株を栽培。メインは西日本最大級のバラドーム。見ごろは5月下旬から6月上旬と10月中旬から11月上旬。物産館やあか牛ハンバーグランチが味わえるレストランを併設。

【バラの見頃期間】5月中旬~6月中旬
【期間中のイベント】春の阿蘇バラまつり(4月27日~6月16日)

【住所】熊本県阿蘇市小里781
【アクセス】JR豊肥本線阿蘇駅から産交バス内牧方面行きで25分、はな阿蘇美入口下車すぐ
【料金】バラ園=500円/阿蘇木之内農園夢みる苺ジャム=540円(150g)/阿蘇木之内農園夢みるブルーベリージャム=640円(150g)/

このスポットの詳細を見る

2.【4月~5月頃】白や紫の大藤は観光スポットとしても フジの名所

フジってどんな花?

2.【4月~5月頃】白や紫の大藤は観光スポットとしても フジの名所
写真:123RF

桜の季節を過ぎ、今まさにフジの花が盛りを迎えています。

山に多く自生するフジは、古くから蔓(つる)を利用して布や縄、籠を作ったり、花の美しさで鑑賞用に植採されたりしてきました。

万葉集にもフジを詠んだ歌は26首もあり、桜や梅と同じく、日本人には馴染みの深い花と言えるでしょう。なお、現代のように鑑賞用の藤棚が作られるようになったのは、江戸時代からとされています。

また最近では、SNSにより日本のフジの名所の美しさが海外でも話題になっています。

白鳥神社(奥州の蛇藤)(宮城県)

蛇藤伝説や巨木群、パワースポットとして知られている

境内には、樹齢約1000年といわれる大けやき、大銀杏、北限の白樫などの巨木群がそびえ、大杉に巻きつく姿が大蛇のように見えることから「奥州の蛇藤」と呼ばれている藤の木が有名。

【フジの見頃期間】5月中旬~6月初旬

【住所】宮城県村田町村田七小路1
【アクセス】JR東北本線大河原駅からミヤコーバス村田・川崎行きで23分、村田営業所下車すぐ
【料金】情報なし

このスポットの詳細を見る

あしかがフラワーパーク(栃木県)

空を覆う藤の存在感が圧倒的な美しさ

国内でも珍しい移植例である樹齢150年以上の大藤は、畳600畳分もある迫力の眺め。春の藤をはじめ、あじさいや和スイレンなど四季折々の花々が、94000平方メートルの広大な園内で咲き誇る。5月中旬頃は有名な八重の大藤、白藤トンネル内の見頃は終了となるが、きばな藤やバラが見頃となる。人気のイルミネーションも必見。

【フジの見頃期間】4月中旬~5月中旬
【期間中のイベント】大藤まつり(4月13日~5月19日)

【住所】栃木県足利市迫間町607
【アクセス】JR両毛線あしかがフラワーパーク駅からすぐ
【料金】入場料(時期により変動)=大人300~1800円、小人200~900円/藤まんじゅう=650円(8個入)/古印最中=710円(5個入)/

このスポットの詳細を見る

正法寺の藤(滋賀県)

藤棚に美しく垂れ下がる花房、樹齢300年以上の藤の古木が有名

天台宗に属する古刹。樹齢300年以上にもなる藤の古木が有名。本堂、庫裏が立ち並ぶ境内には5本の藤の古木があり、5月になると三つの藤棚に1mにもなる花房が美しく垂れ下がる。

【フジの見頃期間】4月下旬~5月下旬

【住所】滋賀県日野町鎌掛2145
【アクセス】近江鉄道本線日野駅から日野町営バス鎌掛行きで30分、終点下車、徒歩10分
【料金】保全協力金=200円/

このスポットの詳細を見る

フラワーパークせらふじ園(広島県)

西日本最大の規模を誇る藤

約3万平方メートルの広大な敷地に西日本一の規模を誇る約1200本の藤が咲く。ボタン桜やポピー、キンセンカ、ツツジ、デージーなどの花も楽しめる。

【フジの見頃期間】5月上旬~下旬

【住所】広島県世羅町安田478-82
【アクセス】JR山陽本線河内駅から芸陽バス甲山バイパス東口行きで38分、馬地橋下車、タクシーで15分
【料金】入園料=大人800円、4歳~小学生400円/入園料(4月下旬からのボタン桜まつり期間中)=大人600円、小人300円/

このスポットの詳細を見る

3.【5月~6月頃】生け垣や山、道路の植栽を赤く彩る ツツジの名所

ツツジってどんな花?

3.【5月~6月頃】生け垣や山、道路の植栽を赤く彩る ツツジの名所
写真:123RF

晩春から初夏にかけて、色とりどりの花を咲かせるツツジ。梅雨前の風景を印象的に彩ってくれます。

そもそもツツジというのは、ツツジ科の植物の総称でおよそ300もの種類があり、あまり環境を選ぶことなく花を咲かせられるので、日本だけでも約90種が自生しています。

俳句で夏の季語になる「サツキ」もツツジの一種で、開花時期が遅く、5月中旬~6月中旬に開花します。

ツツジの名所では、この時期、火のように群れ咲く赤や、雪のかたまりのような美しい白、可憐なピンクのグラデーションなど、圧巻の景色が広がります。

寒河江公園つつじ園(山形県)

色とりどりのツツジが園内を染める

寒河江公園にある東北最大級規模のツツジ園で、5月中旬には山の斜面を埋め尽くすようにレイアウトされた11種類4万3000株のツツジが、色鮮やかに咲き誇る。ツツジと同時期に八重桜やフジなども咲き、開花時期には夜間ライトアップも行なわれる。

【ツツジの見頃期間】5月上旬~下旬
【期間中のイベント】寒河江つつじまつり(5月18日、19日)

【住所】山形県寒河江市寒河江長岡丙2707-1 寒河江公園
【アクセス】JR左沢線西寒河江駅から徒歩15分
【料金】情報なし

このスポットの詳細を見る

八幡のツツジ(栃木県)

ツツジの群生が圧巻

標高1100メートルの那須高原の中腹に広がる八幡ツツジ園地には、約23ヘクタールにわたって約20万本のヤマツツジやレンゲツツジが咲き誇る。
環境省指定「かおり風景百選」にも選ばれた、必見のおすすめスポット。ドライブの休憩に立ち寄ってみたい。

【ツツジの見頃期間】5月中旬~6月上旬

【住所】栃木県那須町湯本
【アクセス】JR宇都宮線黒磯駅から東野交通那須ロープウェイ行きバスで37分、おだん上下車、徒歩15分
【料金】無料

このスポットの詳細を見る

根の上高原のツツジ(岐阜県)

種類も豊富なツツジが目を楽しませてくれる

4月ごろから6月ごろにかけてミツバツツジ、レンゲツツジ、ヤマツツジなど約30種およそ10万株が咲く。

【ツツジの見頃期間】4月下旬~5月中旬

【住所】岐阜県中津川市手賀野
【アクセス】JR中央本線中津川駅からタクシーで25分
【料金】無料

このスポットの詳細を見る

葛城高原のツツジ(奈良県)

紅い絨毯に目を奪われる

標高960mのなだらかな高原。5月には一目百万本といわれるツツジで斜面は紅色に染まる。山上近くまではロープウェイで移動でき、山上では約3kmの自然探究路も楽しめる。

【ツツジの見頃期間】5月上旬~中旬

【住所】奈良県御所市櫛羅
【アクセス】近鉄御所線近鉄御所駅から奈良交通葛城ロープウェイ前行きバスで15分、終点で葛城山ロープウェイに乗り換えて6分、葛城山上駅下車、徒歩15分
【料金】無料

このスポットの詳細を見る

船窪つつじ公園(徳島県)

大きなオンツツジの群落は必見

高越山の南尾根側、標高1050mの位置にあるツツジの公園。5月中旬から下旬にかけて国の天然記念物であるツツジの花が、火山灰の平地約3.5haをいっせいに彩る。

【ツツジの見頃期間】5月中旬~5月下旬

【住所】徳島県吉野川市山川町奥野井
【アクセス】徳島自動車道脇町ICから国道193号・192号、県道248号を山川町方面へ車で15km
【料金】無料

このスポットの詳細を見る

4.【5月~6月頃】ハナショウブの名所

ハナショウブ(花菖蒲)ってどんな花?

4.【5月~6月頃】ハナショウブの名所
写真:123RF

ハナショウブは、野生のノハナショウブをもとに、江戸時代に数多くの品種が育成された伝統的な園芸植物です。現在では観賞用品種が豊富にあり、色も形もあでやかなので、人気があります。

同じアヤメ科の花で、ハナショウブと見た目がよく似ているアヤメとカキツバタとは、花弁の元を見ることで見分けることができます。ハナショウブが黄色の目型模様、アヤメが網目模様、カキツバタが白の目型模様になっています。

また、菖蒲湯に使われるショウブは、ハナショウブとは種類の違う別品種になります。

すっとした姿と落ち着いた青紫色をした花が、古風な雰囲気を醸し出すハナショウブは、これから見ごろを迎えます。

水郷潮来あやめまつり(茨城県)

開花時期に数々のイベントを開催

本潮来市内にあるあやめ園では、500種約100万株以上ものアヤメ、花菖蒲が咲き乱れる。期間中は「潮来あやめ踊り」や「嫁入り舟」など、風情あるイベントが多数行われる。

【ハナショウブの見頃期間】5月下旬~6月中旬
【期間中のイベント】あやめまつり(5月25日~6月23日)

【住所】茨城県潮来市あやめ1丁目5 水郷潮来あやめ園
【アクセス】JR鹿島線潮来駅から徒歩3分
【料金】入園料=無料/ろ舟乗船料(あやめまつり期間中)=大人1000円、小学生500円、小学生未満無料/

このスポットの詳細を見る

袖ケ浦公園(千葉県)

豊かな緑と四々の花が鑑賞できる。珍しい植物も多く楽しめる

豊かな緑と四季折々の花が鑑賞できる公園。春には菜の花、桜、夏には花菖蒲、あじさいが咲き、園内を彩る。ほかに万葉集で歌われた植物が観賞できる万葉植物園や郷土博物館と見どころも多い。

【ハナショウブの見頃期間】6月上旬~中旬
【期間中のイベント】花菖蒲まつり(6月3日~8日)

【住所】千葉県袖ヶ浦市飯富2360
【アクセス】JR内房線袖ケ浦駅から日東交通のぞみ野行きバスまたは平川行政センター行きで15分、袖ケ浦公園前下車すぐ
【料金】無料

このスポットの詳細を見る

堀切菖蒲園(東京都)

花菖蒲の種類は約200種6000株におよぶ

戦後唯一復興した堀切園の一部が母体となっており、江戸系を中心に約200種6000株の花菖蒲がある。見頃は6月初旬から中旬で、花菖蒲が朝露や雨に濡れた様子は情緒がある。

【ハナショウブの見頃期間】5月中旬~6月上旬
【期間中のイベント】葛飾菖蒲まつり(5月27日~6月16日)

【住所】東京都葛飾区堀切2丁目19-1
【アクセス】京成本線堀切菖蒲園駅から徒歩10分
【料金】無料

このスポットの詳細を見る

油ヶ渕花しょうぶ園(愛知県)

5月下旬から開催の「花しょうぶまつり」は多くの人でにぎわう

県最大規模の自然湖、油ヶ渕に面した広大な遊園地内に約110種3万株のハナショウブが植栽されている。

【ハナショウブの見頃期間】5月下旬~6月中旬
【期間中のイベント】花しょうぶまつり(5月18日~6月16日)

【住所】愛知県碧南市油渕町2丁目地内
【アクセス】名鉄三河線北新川駅からタクシーで10分
【料金】情報なし

このスポットの詳細を見る

城北菖蒲園(大阪府)

「花しょうぶフェスティバル」などのイベントも行われる

6月になると白や黄、うす紫など色とりどりのハナショウブが園内で観賞できる。江戸・伊勢・肥後の3系統、約250種、約13000株が園内を彩り、来園者の目を楽しませる。

【ハナショウブの見頃期間】5月下旬~6月中旬
【期間中のイベント】5月17日~6月12日開園

【住所】大阪府大阪市旭区生江3丁目29-1
【アクセス】JR大阪駅から大阪シティバス守口車庫前行きで25分、城北公園前下車すぐ
【料金】大人200円、中学生以下無料

このスポットの詳細を見る

5.その他、5月~6月頃に行きたい花の名所

初夏には、先にご紹介した花以外にも、多くの花が見ごろを迎えます。
ポピーやラベンダーなど、その他の見ごろを迎える花の名所にも、ぜひお出かけください。

猪苗代ハーブ園(福島県)

ラベンダーの花摘みがおすすめ

約10万平方メートルの敷地に約500種のハーブが栽培されている。6月にはラベンダーが満開になり、一面が美しい紫色に染まる。花摘みができるほか、ラベンダーのソフトクリームやハーブティーも味わえる。

【見頃期間】ラベンダー(6月中旬~7月中旬)
【期間中のイベント】ラベンダーフェスティバル(6月上旬~7月中旬予定)

【住所】福島県猪苗代町川桁 リステルパーク内
【アクセス】JR磐越西線猪苗代駅からタクシーで15分(猪苗代駅から無料シャトルバスあり)
【料金】ガーデン・温室入園料(4月下旬~10月下旬)=大人310円、小人210円/

このスポットの詳細を見る

観梅公園(群馬県)

秋間梅林の敷地内にあり、花憂草・ひなげしの名所として評判

関東を代表する梅の花の名所として知られる秋間梅林の敷地内にある、ポピー(花憂草・ひなげし)が楽しめる公園。妙義山近くの観光スポットとして人気を集めている。

【見頃期間】5月中旬〜下旬

【住所】群馬県安中市上後閑 秋間梅林地内
【アクセス】JR信越本線安中駅からアークバス秋間中関行きで20分、恵宝沢下車、徒歩20分
【料金】無料

このスポットの詳細を見る

秩父高原牧場のポピー(埼玉県)

初夏の高原を1000万本ものポピーが咲き一帯を彩る

牧場内に3.5haのポピー畑があり、約1000万本のポピーが高原を彩る。ふれあい牧場ではウサギやヤギ、ヒツジたちとふれあいや、乳製品の手作り体験などもできる。

【見頃期間】5月下旬~6月上旬

【住所】埼玉県東秩父村坂本
【アクセス】秩父鉄道皆野駅からタクシーで15分
【料金】無料

このスポットの詳細を見る

県立自然公園 宇津江 四十八滝 花の森 山野草花園(岐阜県)

15万本以上の九輪草、2万本以上の笹百合の群生は日本屈指

自然を生かした約3万5000平方メートルの敷地で5月下旬から6月中旬まではクリンソウ、6月中旬から下旬まではササユリ、7月上旬はアジサイが観賞できる。

【見頃期間】クリンソウ(5月下旬~6月中旬)、ササユリ(6月中旬~下旬)
【期間中のイベント】宇津江四十八滝花の森まつり(6月8日、9日)

【住所】岐阜県高山市国府町宇津江3235-86
【アクセス】JR高山本線飛騨国府駅からタクシーで15分
【料金】清掃協力金=大人(中学生以上)300円、小人(小学生)100円/

このスポットの詳細を見る

世羅ゆり園(広島県)

何十万本ものユリ

150種50万本のユリが咲く観光農園。4月中旬から7月中旬は巨大ハウスのユリ40万本のほか、ビオラ、忘れな草など約100万株が丘一面に開花。夏から秋には10万本のユリ、サルビアやコスモスが咲く。

【見頃期間】4月中旬~7月中旬(巨大ハウスのユリ)
【期間中のイベント】春の花まつり(4月6日~5月26日)

【住所】広島県世羅町黒渕権現山413-20
【アクセス】尾道自動車道世羅ICから国道432号・184号、県道56号を黒渕方面へ車で15km
【料金】入場料=大人800円、小学生400円/

このスポットの詳細を見る

まだまだあります、初夏が見頃の花の名所

以下のボタンからお近くの初夏が見頃の花の名所が探せます

※掲載の内容は調査・取材時点の情報です。おでかけの際は事前に最新の情報を施設にご確認ください。

筆者:mapple_travel_guide

エリア

 >  > 

×