>  >  >  >  >  三重グルメ【カキ】海のミルクを多彩な食べ方で楽しもう!

三重グルメ【カキ】海のミルクを多彩な食べ方で楽しもう!

三重グルメ【カキ】海のミルクを多彩な食べ方で楽しもう!

鳥羽と志摩を結ぶ「パールロード」周辺は、カキの養殖が盛んなエリア。産地によって味の特徴が異なるので、食べ比べるのもおもしろい!!

いかだ荘 山上

全国のカキ好きの垂涎の的!名物!! カキのフルコース
「的矢かき」といえば真っ先に名が挙がることも多い料理宿。なかでも目の前の海で揚がったばかりのカキを使った全11品のフルコースが名物で、完全予約制で食事のみの利用が可能だ。

いかだ荘 山上

的矢かき料理Aコース(10〜3月) 7000円
鮮度のよさが自慢の生ガキのほか、焼きガキやカキフライなど全11品が順番に供される

いかだ荘 山上

的矢湾を見下ろす景色も見事

いかだ荘 山上

住所
三重県志摩市磯部町的矢883-12
交通
近鉄志摩線志摩磯部駅からタクシーで15分(送迎あり、予約制)
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
不定休(12月31日~翌1月1日休)
料金
1泊2食付=16000円~/(時期により異なる)

まごころの宿 丸定

夫婦2人で切り盛りする家庭的な宿でカキづくし
アットホームな料理旅館。宿泊をしなくても地元で有名な老舗の佐藤養殖場のカキを味わえる。昼はカキフライや雑炊セット、夜はカキづくしのコースが人気だ。夏は岩ガキもおすすめ。

まごころの宿 丸定

的矢かきフライセット 1836円
濃厚な「的矢かき」のフライは、自家製のタルタルソースで(ランチ限定)。アオサの天ぷらやサラダ付き

まごころの宿丸定

住所
三重県志摩市磯部町的矢934-5
交通
近鉄志摩線志摩磯部駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
12:00~13:30(閉店14:00)、18:00~20:00(閉店、夜は要予約)
休業日
不定休
料金
的矢カキフルコース(11~翌3月頃、要予約)=5400円/的矢カキフライセット(11~翌3月頃)=1836円/的矢カキ雑炊セット(11~翌3月)=1836円/いけす料理(夜のみ、要予約)=3780円~/岩ガキセット(5~7月、要予約)=3000円/ 平均予算(昼):2000円, 平均予算(夜):4000円

旅館 橘

的矢湾の眺望と濃厚な的矢かきに大満足!
「的矢かき」尽くしの贅沢なコースが好評の料理宿。館内には手ごろな価格のメニューが並ぶレストランもあり、生ガキやカキフライ、カキ飯などを含む「的矢かき御膳」が人気だ。

旅館 橘

的矢かき御膳 2160円
生ガキ2個、カキフライ、カキ飯などを見晴らしのいいレストランで堪能

旅館 橘

高台に建ち、的矢湾の美しい眺めも楽しめる

旅館 橘

住所
三重県志摩市磯部町的矢310
交通
近鉄志摩線志摩磯部駅からタクシーで15分(送迎あり、予約制)
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:30(閉店)、17:00~19:00(閉店21:00、要予約)
休業日
無休
料金
的矢かき味覚コース(10~翌3月頃)=5800円/的矢かき御膳=2160円/的矢かき磯桶料理=8800円/元祖磯桶コース=6000円~/夏かきコース=7000円/ 平均予算(昼):5800円, 平均予算(夜):5800円

オイスターバー あじ蔵

爽やかな風味の「浦村かき」を多彩な創作メニューで味わう
旅館「あじ蔵 CaroCaro」に併設するレストラン。10〜4月は養殖カキ、5〜9月は天然岩ガキと、「浦村カキ」を使った創作メニューが年中味わえる。ランチは手ごろな「ミニ浦村会席」も好評。

オイスターバー あじ蔵

浦村会席 4100円
華やかなカキ料理が多数登場するコース。写真は10〜4月の養殖カキを用いたメニューの一例 ※盛り付けはイメージ

オイスターバー あじ蔵

サクッとしたあじ蔵名物の「牡蠣串フライ」5粒870円

オイスターバー あじ蔵

住所
三重県鳥羽市浦村町今浦222
交通
近鉄鳥羽線鳥羽駅からかもめバス石鏡港行きで25分、今浦下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:30~13:30(閉店14:00)、18:00~20:30(閉店21:00、要予約)
休業日
火曜、5月11日~10月31日は月~金曜、祝日の場合は営業(12月31日~翌1月1日休)
料金
岩牡蠣膳(5~9月のランチメニュー)=4100円/浦村会席(ランチメニュー)=4100円/特選浦村会席(ディナーメニュー)=5400円/カキ串フライ=870円~/人気の蔵鉢(カキ5個盛り)=1400円/カキ大好き蔵鉢(カキ15個盛り)=4100円/ 平均予算(昼):4000円, 平均予算(夜):6000円

孝志丸 かきっこ

店主がみずから養殖した愛情たっぷりの「浦村かき」
焼きたてアツアツのカキやあさり、アッパ貝といった貝類が豊富。店は海岸線を走るパールロード沿いにあり、素晴らしい風景を眺めながら食事を楽しめる。6月〜8月中旬は岩ガキが登場。

孝志丸 かきっこ

焼きガキ 1個100〜120円
「浦村かき」は11月〜4月中旬に登場。大きな貝柱がおいしい「アッパ貝」は1個150〜200円

孝志丸 かきっこ

住所
三重県鳥羽市浦村町1-12
交通
近鉄鳥羽線鳥羽駅からかもめバス石鏡港行きで20分、夏見キャンプ場前下車、徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
10:30~16:00(売り切れ次第閉店、要問合せ)
休業日
不定休
料金
焼きガキ(1個)=100円/カキフライ(3個)=400円/アッパ貝(1個)=150~200円/大アサリ(1個)=350円(変動あり)/ 平均予算(昼):300円

鳥羽風土

冬のカキなど鳥羽の旬が集まる地元で評判の店
鳥羽の旬の食材を取り入れたメニューが数多く並ぶ、地元で評判の店。冬は「安楽島かき」を使ったカキフライや蒸しガキ、「牡蠣とじ丼」などが登場し、連日売り切れになるほど評判が高い。

鳥羽風土

カキフライ定食 1100円
プリプリ食感の「安楽島かき」は、甘みがあり濃厚。噛むごとに口の中に旨みがあふれ出す

鳥羽風土

店内にはみやげコーナーもあり、鳥羽の名産を買うことができる

鳥羽風土

住所
三重県鳥羽市安楽島町194-10
交通
近鉄鳥羽線鳥羽駅からかもめバス石鏡港行きで17分、福良下車、徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00、レストランは11:00~18:00(L.O.)
休業日
火曜、祝日の場合は翌日休
料金
蒸しガキ=980円(1kg)/カキフライ定食=1100円/神島あらめ巻き(さんま)=850円/今浦みそ=920円(800g)、1100円(1kg)/鳥羽ランチ(平日のみ)=750円/生シラス丼(土・日曜、祝日のみ)=1250円/釜揚げしらす丼=980円/カキフライ丼=1250円/

与吉屋

養殖加工場が直営する
「浦村かき」の養殖加工場が直営。制限時間1時間の焼きガキ食べ放題は、観光客に人気が高い。

11~3月 焼きガキ食べ放題
60分 2600円
※料金は変更の場合あり

与吉屋

焼き場で焼いたカキを席に運んでくれる

与吉屋

住所
三重県鳥羽市浦村町1414-15
交通
近鉄鳥羽線鳥羽駅からかもめバス石鏡港行きで28分、本浦下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~13:30(閉店14:00、11~翌3月は要予約)、土・日曜、祝日は10:00~14:00(閉店15:00)
休業日
不定休、4~10月は火曜(8月14日休、年末年始休)
料金
焼きガキ食べ放題(カキご飯、カキみそ汁付き)=大人2600円、4歳~小学6年生1300円/とばーがー浦村かきドッグ=350円/定食(各種)=1550円~/ 平均予算(昼):2600円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる三重 伊勢志摩・熊野・ナガシマリゾート」です。掲載した内容は、2017年6月~8月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
×