コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  福岡で九州の「海の幸」を味わう!鮮度もコスパも最高!

福岡で九州の「海の幸」を味わう!鮮度もコスパも最高!

by mapple

更新日:2018年1月7日

福岡・九州の魚はおいしい! 全国でも屈指の豊かな漁場といわれる玄界灘の魚は、他県から訪れた人を感動させるほど鮮度が高く、弾ける食感、うまみが豊かで絶品だ!

魚バカ一代 大漁旗 天神店

【予算 昼800円/夜3500円】
おったまげ級の豪快刺し盛り大勢でワイワイ楽しみたい
「安くて、うまい」にとどまらず、「びっくり、うれしい」メニューが豊富! その始まりはお通しから。タコしゃぶ、うに&もずくなど季節により異なるが、その豪華で豪快なサービスには驚くばかり。一皿のボリュームが多いため、グループでの宴会や会食をワイワイ楽しむのにおすすめ。一人用にハーフサイズのメニューもある。

大漁刺し盛り1598円
2、3人前は軽くあるこのボリュームで1500円ちょっと。ネタは仕入れにより異なるが通常十点盛り

随所にポップアートを飾ったモダンな店内

親不孝通りの近く、北天神エリアにある

磯ぎよし 天神店

【予算 5000円】
トロ箱風の刺盛りには8種の海の幸が!
ゆったりと広めの白木のカウンターの前には、地元はもちろん、平戸や五島で揚がった魚介がズラリ。店主の目利きの実力がいかなるものか、まずはトロ箱風の木桶で登場する8点盛りの刺身で確かめたい。

刺身盛り合わせ 1、2人前2130円
いかの活造り1980円~
食べごたえのある刺身8点盛り。写真は2、3人前(3218円)

【コレもおすすめ】
月替わりの地酒1合700円~
博多や九州を中心とした日本酒を月替わりでそろえる

入り口は奥
親不孝通りから延びる路地裏に建つ

まるごと海

【予算 5000円】
必食!! 特選刺し盛りは早い者勝ちの争奪戦
近海でとれた魚介を使った料理は、質もボリュームも値段も文句なし。ほとんどの客が注文するという特選刺し盛りは、ネタがなくなり次第終了のため予約を忘れずに。

特選刺し盛り 1620円
分厚く切った9種の刺身がのり、ボリュームがある。ネタはその日の仕入れによって変わる

海鮮食堂 すいか

【予算 4500円】
うまい魚の食べ方を心得た古参格
玄界灘など地元産の旬の魚が味わえる刺身の盛り合わせは、予算や希望に応じて盛り付けてくれる。ほかに、自家製さつま揚げ、シーフードビーフンなどがあり、海鮮三昧。

刺身1人前1950円
8種がのる豪華な刺身。1人前でも2人前のボリュームがあり、食べごたえ十分

【コレもおすすめ】
いわしの梅揚げ1本380円
いわしに梅肉と青しそをはさんで揚げたもの。梅の酸味がいわしによく合う

漁師料理の店 せいもん払い

【予算 5000円】
「うまい」の連発!地元っ子も御用達の海鮮食堂
魚好きの博多っ子が一目置く人気店。店先の生けすにはその日仕入れたいかが泳ぎ、カウンター上のショーケースには赤むつなどの魚が並ぶ。開店から夜6時30分までは予約客が優先で、夜7時頃から来店した順に案内する。

やりいか刺 100g1200円 ※注文は2人前(約300g)から
刺身盛り合わせ 2人前5000円
いかは佐賀県呼子産のもの。刺身は中とろやひと口あわび、車えびなど8種類前後の盛り合わせ

【コレもおすすめ】
きんきの煮付け(時価)
脂がたっぷりのったきんきは煮付けや塩焼きで味わえる

1階から3階の全142席は、開店後すぐに満席になる

食堂えぶりお

【予算 5000円】
店の実力と心意気を最初の一手、お通し盛りに見た!
食通を含め、訪れた客の多くが絶賛する酒亭であり、予約せずにはなかなか入店できない。ジャンルを問わず旬の食材をおいしく生かす料理がコンセプトのため、いうまでもなく魚もその時期旬を迎えた最上級のものをそろえる。刺身は時価で、1種類を単品で頼むのもいいが、盛り合わせなら予算を伝えて相談しながら注文するといい。

刺身の盛り合わせ 時価
値段の目安は一人前1300円から1400円。写真は2人前で、内容は日替わり

有明海産さわら
有明海産たいらぎ
長崎産よこわのカマトロ
糸島産けんさきいか
天草産太刀魚
長崎産はがつお
福岡産かわはぎと肝

【コレもおすすめ】
お通し盛り700円~
着座して最初に出されるお通しは、1人前全8品。酒飲みの心をグイッとつかむ酒肴が豆皿にちょこちょこ入って登場する。写真は2人前

あまおういちごと白和え
糸島産けんさきいかと有明海産のりの酢和え
干し柿チーズ
くわいの唐揚げ
奄美産もずく酢
りんごの摺り流し
自家製ツナのコンフィ
大村湾のなまこ

杉の一枚板を使ったカウンター席のほかに、テーブル席がある

郷土料理ごまさば

「ごまさば」とは

新鮮なさばを、九州産の甘い醤油、みりん、しょうがなどでつくったタレで和え、すりごま、ねぎをトッピングした福岡の郷土料理。酒肴としてはもとより、アツアツのごはんといっしょに食べるとおいしい。少し残しておいて、最後に茶漬けにするのが通な食べ方。

安心して召し上がれ

ところで、食中毒が出やすいさばを、生食していいのか? 答えは…イエス! 日本海でとれる福岡産、長崎産のさばは、食中毒の原因となるアニサキスが身に移行しにくいことがわかっている。生さばで食中毒が出ることはほぼないため、ご安心を。

「ごまさば」は真さば!?

さばにも、いろいろ種類があるが、福岡の郷土料理である「ごまさば」は、ごまさばという魚種ではなく、真さばでつくる。近ごろは「ごまあじ」「ごまかんぱち」などアレンジメニューを出す店も増えている。

筆者:mapple

まっぷる福岡 博多・天神 ’18

発売日:2017年05月18日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる福岡 博多・天神 ’18」です。掲載した内容は、2016年12月~2017年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。そのため、消費税改正前、改正後、施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×